にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017年03月07日

2017 Vol.11 0305 苫小牧南23 チカ磯竿と三脚仮テスト

テスト・・・・釣りしたいだけとも言う(笑)

P_20170305_154039.jpg

これは仮に角材立てに付けたタイプの三脚固定
P_20170305_154047.jpg


これはこれでけっこう完成度高いぞ!!

さてまあ磯竿の特性がよく分からん(笑)

サビキではないが針は3本付けて見た。
エサはもちろん〆たムキエビの細かくしたもの。

割りと早くに1匹。
P_20170305_154122.jpg

周りを見るとオモリはけっこう重そうだ。もしかすると
これって大事なことかもしれない。

しかしその後また俺が釣り始めると周りも釣れない。
俺が始める前までバンバン釣れてたのになあ。

潮の流れが右から左にけっこう有る。でも今日は竿が長いので
岸壁から3m以上離れてくれている。
だがどうも棚が分からない。ウキを付けて見る。深い所に魚が居るようだ。
ポツポツと少し釣れた。
ここで 左に一人飛ばして向こうの人がバックバック釣れている。

俺は3mくらい潮上に少ないが撒き餌をする。左となりの人は自分の
ところ直下に撒き餌を打つ。右隣の人は撒き餌をしない。

潮は右から左に流れていく・・・・

そうかあ。8mくらい潮上に撒き餌できれば釣れるのかあ(笑)

大チカ8匹で終漁。

帰りに団地を見に行く。角が賑やかだ。後で分かったことだが
どうやらニシンの情報が出てきたらしい。
団地は30分、小ゾイが4匹遊んでくれた。
P_20170305_184207.jpg
posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

受太郎 三脚に取付案

昨日のblogで紹介した受太郎。

三脚専用があるのかなあ なんて思っていたら サラリーマンZさんから
思いっきり突っ込まれたな。

三脚一体型のが売っているぞっと。
なんとまあ知らないってことは仕方が無いことで・・・・
何しろこの磯竿が初めて、それを水平に置くなんて考えたことも無い。
三脚に簡単に着くだろうと安直にね(笑)

付かねえ・・・・

P_20170305_104445.jpg


少し案を練ってみたよ。
角材にちょっと引っかかるような金物付けて前下に重量かかっても
後ろが上がらない様にし、それを挟む。
P_20170305_120053.jpg

でもなあ、付けたままアームをしまえない。三脚自体の仕舞いも不十分。
回す部分も後にかなり出る。

んで、
三脚の竿を置く所を挟んでみた。
P_20170305_105513.jpg


受太郎自体がだいぶ後に行く。
これはこれで前下に重量がかかることを考えるといいのかもしれない。
この元の竿押さえが根本より先が少し狭いため上に滑り上がるかもしれない。
でもこちらはアームもしまえるし三脚自体の開閉に影響が無い。
こっちが魅力的だなあ。

午後 上のタイプ少しテストしてきたよ。
次は下のタイプ作成だ。
完成したらupするね。


posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

受太郎入手してみたものの

チカの磯竿置くのについでにポチってみたのね。

P_20170304_224432.jpg

苫小牧の釣場で三脚にこんな感じの乗せて使ってた人とか居てさ
高さも取れるしいいかなあって。

でもね、届いたものを三脚に付けようと思ったのだが
何とも思うようにならんのだわなあ・・・・
三脚用って言うのがあったのかなあ・・・・

ちょっと、考えてなかったなあ・・・・
バカだなあ・・・・う〜〜〜〜ん・・・・バカ....

まぁ、考えてみるかあ・・・・
posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

今さらランキングに初参加

ブログ村
なる物に参加してみた。

不人気のblogも活性あれ!!
posted by EzoTanuki at 22:53| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磯竿か・・・・

自分の釣りの中で磯竿の必要は感じたことがなかった。
まさかねぇ、この冬チカが釣れなくて買うことになるとは思わなかったな。

1月からチカを初めてルアーロッドでやっていた。
ウキを使うから問題無かったのだが潮の流れが有ると思うように
ならないことがわかった。

岸壁から3mくらいのところを攻めたいのだが潮が横に流れると
1mくらいまで寄って来ちゃうのだよ。

苫小牧のサビキ釣りは竿先から垂直に垂らす。当たり前だ(笑)
流れがあっても竿の長さ分は岸壁から離れる。

P_20170303_203142.jpg
磯竿。

ここで必要になるとは思わなかった。
思わずポチってしまった。
昨日届いたよ。どんな具合かまた試しに行かないとなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 00:25| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

2017 Vol.10 0302 苫小牧チカ

P_20170303_002602.jpg
15匹 20cm越えてるのも。

相変わらずチカに拘って見る。
思っていたより出る時間が遅かったんだな。
着くころには暗くなり始めてしまった。
西埠頭について2組程やっていたので近寄るとちょうど
あつた丸が出航を初めとても釣りができる状況ではない。
話では『ちょぼちょぼだった』とお姉さん(とも言う)が教えてくれた。

南埠頭は船が居ない。釣り人もけっこう居て期待。
鈴なりで釣れていた。底の方からはかなり大きいのも。

これは良いぞと声をかけてとなりに入れさせてもらい大至急用意して
1投目を振り込む。

パッタリと釣れなくなっていた。
周りでもポツポツ状態。

くらくなってどんどん他の釣り人は帰っていく。
左側人無し。右側80mくらい離れて1人。一人でやってるようなもんだ(笑)

20分程粘るも全く気配がしてこない。期待したんだがなあ。

移動。中央北に行ってみた。
船が並んでいてやる気が出ない。釣り人もいない。

勇払埠頭も2組。1組は投げ釣りのようだ。何が釣れるんだろう。
もう一組はサビキのようだが暇そうだ。

前にいい思いをした中央南。もう真っ暗。
車のドアを開けるとかなりの鶏糞飼料の匂い。そしてポイント全面

泥。半端ない泥。

とても道具を並べる気にならん。
少し地図を眺めて東港まで走る。火発側を目指したが船だまりを
思い出した。2組(2人ばらばら)見えるが、釣れなくて帰る所。
結局 着いて速攻一人になった。

もう探す時間も移動時間ももったい無いのでここで少し。

撒き餌を打って投入。

潮の流れは小さい。風もおとなしい。条件的には申し分ない。
水面が静かなのも有りやりやすい。
棚を変えてるとボトム付近 僅かだがウキに違和感は出る。
喰いが渋い。触る程度の反応。

沈むパターンをタイミング良く合わせてようやくかかるくらいだった。
15分くらいかかってようやく1匹。移動のたまものか?ただ嬉しい(笑)
その後も僅かなさわりをやり過ごしウキの動きに集中してポツラポツラ・・・・
気がつくと21:30北西からの冷たい風が吹き始めると全く魚が居なくなった。

間もなく片付けをして終漁だ。
かろうじて釣れたけどでかくて太いのも混じって嬉しい。

posted by EzoTanuki at 10:12| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ムッシュ逝く

午前中のニュースだったか?
かまやつひろしが亡くなったと。

まだ78なのか、もう78なのか・・・・

似合わないコントやって自分でにやりとしている顔が
目に浮かぶ。

下駄を鳴らして奴が来る~腰に手ぬぐいぶら下げて~♪

どんだけ昭和なんだろう。またひとつ昭和の匂いが飛んでゆく。

ご冥福を。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

今年は一段と底を攻める

メタルジグやプラグ、ミノー、ジグミノーなどみんな高価だな。
俺の生活水準じゃおいそれと買えたもんじゃない。
なかなか底付近を狙えないのな。根掛かりが怖い。
1月に島牧行った時もほとんど砂地なのに突如根がかり。
フックの方向変えたりして見たがそんな変わることはなかった。

有る所の書き込みを見てはたと気づいた。
自分の投げ釣りの原理と同じものがそこにあった。
プラグのフックをナイロン系の少し強度を落としたラインを
使ってリングの代わりをしていた。
数日つなぎの方法を考えていたが、何のことはない。以前から
やっていた方法があった。
P_20170301_234257.jpg

今年はボトムを攻めることができる。
メインラインに繋ぐリーダーも太くできる。
うんうん。うきうきして来た(笑)
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

コンデジ逝く

デジカメが壊れた。沈胴レンズが出っぱなしで異音を発する。
P_20170301_000542.jpg

けっこう使ったなあ。2013年4月から使っていた。
当時安売りで 6980円。

仕事で使い釣りで使い、もの凄い酷使。
sonyのサイトで修理料金を調べて見た。

14800円

ええっとお・・・・


お疲れ様でした。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

郷に入っては ポチッと

昨日は昼間の群が戻らず夕方サッパリ釣れない。
去年のキュウリからウキのサビキを少しかじり、1本針に思いを
返して今年チカを狙ってみている。
チカの浮き釣り1本針を自分なりのタックルでやってましたが
ひとつの問題にぶち当たる。
軟らかいルアーロッドにウキで棚を変えて1本針。
1本針については良い方向性を感じているがルアーロッドが短い
ゆえの大問題。潮の流れが大きいと釣りにならない。
岸壁から出ているロッドの長さ以下に漂って横に引っ張ってしまう。
流れがなければまるで問題無いのに ここまで左右されるとはなあ。
常に打ち返して居なければならないし『撒き餌を打って待つ』が
思うようにならないのだ。同じようにニシンでも1本針で挑んだ
先日の石狩も流れが速く今回の苫小牧も同じだ。垂らして待てる
そんなタックルの必要を直に感じた。




ポチっ。



(゚ロ゚;)ハッ!




でもたぶん1本針だと思う(笑)
posted by EzoTanuki at 22:51| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村