にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
また見に来たんですか?(笑)
もっとたくさん釣れている
blogはこちらからどうぞ

2017年09月19日

リールの袋 100均でハタと

高いリールと違って安めのリールを買うと付いてくるリールの袋も
かなり安上がりの物が付いてくるのね。

特にD社のは中身が透けて見えてしまう。
P_20170918_172907.jpg

以前、100均で見かけた物があった。
P_20170918_172427.jpg

かわいい巾着なんだな。

(゚ロ゚;)ハッ!と思って 行って買ってきた。

P_20170918_172543.jpg


お〜〜〜〜、ぴったりじゃん。

Daiwa Revros 3000まで
Shimano Biomaster 4000 までの袋だけどね。

クッション材で出来ていていいですよ。
4個買ってきましたよ。なかなか酔い感じです。
貧乏人には嬉しい金額。

女子の皆さん、かわいいですよ。ジジイが言うのもなんですが(笑)

posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

2017 Vol.52 0916 日高-浜厚真 サケからサバへ

金欠に陥り呑み会も行けずに悶々としていると空いてるかどうか
tanaさんからの問い合わせ。お誘いが来たわけですね。
全行程お任せで付いていきました。

ほんと有り難うございます。

サケやって一応サバもやって行きます。サケはぶっ込みは無理です。
との事で準備したんですよ。何しろ今年ぶっ込みの用意ばかりで
ウキルアー、ふかせの準備をしていない。

大急ぎであれこれ準備した。実際に全部を使うわけでは無い。

朝3時頃現地着いて1時間程仮眠。
タックル準備して向かいます。海岸並んでます。離れた方でおとなしく
やるもゴミ海草ばかり。8:00過ぎ撤収となりました。
全体で4本くらいかなあ・・・・

サバをやるとの事。浜厚真に向かいます。

tanaさんは入れてすぐにサバが掛かる。
自分はメタルジグ。

メタルジグにも3匹程掛かった。釣れなくなったので投げサビキにする。
ここからはままコンスタントに釣れるようになる。

合計は21匹となった。
tanaさんは92匹。凄いね。

また次回サケ考えてみよう。

写真無くてなあ。
posted by EzoTanuki at 01:34| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017 Vol.51 0914 浜厚真アナゴに絞って逝く

前回、ハリスをブツブツ切られたのでチューブで補強して挑む。

まだ明るい内から出発して18:30ころには到着。やる気満々(笑)
だがしかし、車が一台も見当たらない。でもキャップライトらしきは
動いているように見える。
いつものポイントは両側200mに渡り貸切だ。

やらかしたか?釣れない日なのか?
データーを残しておこう。

日没 17:46 早くなったなあ
月出 22:28 
曇り 一時雨(数分間)
気温 17→14℃
風 西南西 4m→2m
小潮 20時頃満潮

サケ、ソイは封印してアナゴ狙いは19:00過ぎ無事店開き。
いざアナゴ対策の補強の状況は開店して間もなく





IMG_20170914_191239.jpg

小さいドンコ(エゾイソアイナメ)

テストにならん。

まあ、さびいたり投げ直したりして待ちの釣りだ。

20:30過ぎて小さい当たりも無くなった。
ありゃありゃほんとにやらかしたかも・・・・
今回は椅子も持ち込んで待つ。ひたすら待つ。
22時も過ぎたころけっこう元気なあたり。

1505397657880.jpg

ドンコ。

ところで今回は身エサ中心。
この身エサの汁がズボンに付いたらしく臭かったなあ(笑)

イソメは反応が悪い上 エサ取りが横行している。
有るとき竿をあおってみると重いときがあり巻いている途中で軽くなる。
この犯人は分かった。
DSC_0021.jpg
クリガニのハサミ。

エサ取りはこいつらの仕業かもしれない。

23時も回り小気味良い鈴の音とともに
1505398845016.jpg

もうドンちゃん

この後びったり当たりが止まり0:00過ぎて撤収。
チューブのテストにならず。
また、チューブのせいでアナゴが食わない可能性も考えられ、テストどころか
余計疑問が増えていく。

そんなもんだ(笑)

一段とアナゴは遠い。
続きを読む
posted by EzoTanuki at 11:10| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

2017 Vol.50 0910 パターンの胆振RunGun

まんずはサケ!ポイント調査とぶっ込み仕掛けの確認。
17:30
P_20170910_173123.jpg

いい夕焼けだ。
P_20170910_174931.jpg
もちろん釣れる気はしない。1時間半で終漁だ。
調査的にはぶっ込んだところは思ったより浅い。防波堤なのに1.5mくらい
しかない。浅いからいないとは思わないが周りも誰も釣れていない。
港内跳ねてる様子も無いし跳ねた音もしない。ウキルアーの人たち
20人くらい居たけど夕まずめ何事も無かったな。
仕掛けの出来は良くなってきた。あっ!、いや釣れてないから
いいかどうかなんてレベルでは無い(笑)

19:50 移動してアナゴ狙います。
P_20170910_195405.jpg

2本針。上に海老塩締めカツオ。下にイソメ。 

20:05ころ 小気味良い漁信から ドンちゃん カツオ
P_20170910_200845.jpg
30cm近いので 持ち帰り。
キモが旨かったあ。

その後時々エサが取られて無くなる。エサ取り?ウグイ?フグ?
あまり竿は当たりは無いがエサも綺麗に無いことも多い。

ポツポツとアタリが有り3回程フッキングしたのだが全てハリスが切れた。
自分のハリスは今まで不用意に切れたことは無い。ホンテロン3号だな。
3回目に切れたとき隣でやってたベテランさんに聞いてみた。
『ハリスは何号くらいを使ってますか?』
帰って来た返事に驚く。8号フロロだそうだ。6号くらいでも切れるという。

ネットで少しやりとりするとそんなに切れるのはなんだろうってことに
なったな。仮にアナゴなら切れるころには仕掛けはぐちゃぐちゃになるそうだ。
切れたときの仕掛けは綺麗なもんだった。切れた位置は針から5cm以内不規則。

フグ?

フグなのか?

アナゴは遠い・・・・

切れたハリスは全て上針。カツオの方。イソメに人気が無い。

ハリス切れはどうにも出来ないので22時くらいでアナゴをあきらめ
移動、タックル変えてきてソイ狙い。

2投目でココココンっとまたしてもこやつ。18cm・・・・


P_20170910_222629.jpg

ちょっとずつ移動して拾って歩く。
P_20170910_223114.jpg


P_20170910_230622.jpg

おおっと 23:10ころ
P_20170910_231414.jpg
こいつはまあまあ 引いた。ちょっと体高が無い。
刺身と煮魚となった。脂が乗ってきたね。

その後は25cm程度の奴が8匹。
P_20170911_002906.jpg

あれこれ技術的なことを考えながらやってたら2時になってしまった(笑)
リグ 2gの差。潮と風、風向きのバランス。何度やっても難しい。


それにしても寒くなった。いよいよ秋。しかも防寒服も必要だな。
posted by EzoTanuki at 23:55| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

2017 Vol.49 0907 高島

ハゼなんかも食べたくてイカ釣りによく行っていた高島に行ってみた。
一応シャコなんかも小樽のベテラン方々よく釣っていた。
今まで狙ったことが無いのでハゼ狙いつつ投げておくことにした。
仕掛けなんか見よう見まねだしね。

まぁところがだ、誰もいないんだなこれが。港にたった一人って感じ(笑)
P_20170907_214548.jpg

2.7mのパックロッド2本セットしてあとはワームとイソメでハゼ狙い。
以前は海面に影響の有る外灯が有って小魚集まってたのだが今は昔。
外灯が撤去されて小魚は全くもって見当たらない。

なんだか期待薄・・・・。

さてシャコはというと仕掛けが悪いのか全く動きを感じない。竿先が揺れるでも無く
糸ふけが起きるわけでも無く時間だけが過ぎていく。

試しに仕掛けを回収してみると2ほんともエサが無い。
エサ取り?竿に影響を出さずにエサだけを採る?カニかな?
海の中は見えない。

エサを付け替えて投げ直す。

何度目かに重いだけの回収があった。ヒトデだったよ。

少し経ったころ一応鈴が鳴った。カレイ釣りの感覚で少し待ってみたが
一向に2度目の合図は無い。しびれを切らして竿を立てると重みはある。
巻いてる間全く動物を感じない。重いだけ。またヒトデなのかと思ったが

P_20170907_220404.jpg

ダブルで付いてきた。

う〜〜〜ん、ムズイ当たりだな。

またエサ付け替えて少し方向を変えて投げる。また1度チロリンとなる。
やはり1回だけ鳴って終わり。暫く置いてから巻始めると重みがある。
1匹追加。写真は撮ってない・・・・

22:30くらいから全く音沙汰が無くなった。0:00過ぎまでやったが
ハゼはとうとう1度も当たりを感じること無くシャコもこれで終わり。
初めてだがムズイ釣りだな。仕掛けをずらしたくらいでは反応が無い。
付いてるかどうかは巻いてみなけりゃ分からないとはなあ。

でも美味しかったよ。けっこう甘みが有るんだな。嬉しい。

p.s.
写真は無いけどここネコが寄ってくるんだよね。
気を付けないとバケツの中の獲物狙ってるからねえ。とんでもない猫。
水張ったバケツの中に両前足と顔突っ込んで取ろうとするのね。
釣ってる横3mも離れてないのに勇気あるはあ。

気を付けてね。

posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

2017 Vol.48 0906 胆振RunGun

盛り沢山な釣りをしても得てして釣れないのは分かってますが、
いろいろやって見たい。

先日来、ぶっ込み仕掛けを少し作ってみていた。
まぁ、結果としては駄作だったけどね。

あっはっはっはっは  ヒントはもらった。

少し東側に行ってみるとサーフがあったので予定通りぶっ込み。

P_20170906_171605.jpg

霧でなんにも見えない。竿を2本セットしたころから雨交じり。
波は1mくらい有りそうで干潮に向かっているのにどんどん足下を攻めて
くるようになり1時間もやった18:00ころ撤退。
近くに有る漁港も見てみたが全く気配は無いとのことでした。

またまた釣れないサケ修行が続きます。

苫小牧東にアナゴ狙いで寄ります。
P_20170906_194122.jpg

19:40 ここもセットするころには小雨。風も強い。仕掛けは飛ぶよ。
根本側の人たちはカレイとアナゴが釣れていた。

次の人はドンコ祭だと行っていた。

少し離れて構えたが1時間半全く何事も無かった。雨もけっこう降って
ダメかなあ〜〜〜なんて思っていたらココココンっと竿が揺れる。

けっこうな重量感だったが20cm程のクロガシラだった。
P_20170906_210130.jpg

針が口とお腹辺りに刺さり、抵抗を感じる向きに巻き上げた形だったのね。

時たま僅かに竿が揺れる。なんとなく時合いなんだろうか?
隣の人がスカリを上げてバケツから魚を移しているようだ。少し遠いので
よく分からないが3匹はスカリに移した。腕の差かポイントの差か・・・・

そんなころ自分の竿も鈴が鳴る。おおおっと、巻いてみるとずっしり重い。

重い。

だけ?!







P_20170906_215225.jpg

1度に4枚・・・・(笑)22時頃だ。

上にくっついている小さいのなんて撮影中元気よくパックパック動いていたな(笑)
けっこう鈴が鳴るわけだ。泥の中にいたようなのでリリース。

先端方向から歓声が聞こえる。かなり大きなアナゴが釣れたようだ。

いいなあ。

その後当たりも遠のきエサも無くなり1時も回って 終漁。

アナゴは遠い。ここも仕掛けを考え直しだ。



続きを読む
posted by EzoTanuki at 13:15| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

2017 Vol.47 0827 苫小牧東忘れ物多数

写真はFBにうpした物と同じなのはあきらめて下さい。

夕まずめサケの様子を見ながらどこかいいところないかなーって
走って行く。
千歳のアングルさん寄ってサンマとイソメを買う。

イソメ?(笑)

一応アナゴの釣れる情報も聞いてみた。

西港も東港も釣れてますよ。って返事をいただいた。
イソメとサンマの情報ではそんなもんだ(笑)

海岸線出てみると予想を超える波。そして濁り。
P_20170827_171457.jpg

P_20170827_171943.jpg

港の防波堤先端にいた人から情報収集。

全然釣れないらしい。先週は小群れが入ったようだがこの濁りは
やはり相当魚にとって良くないようだ。登別からこっちはどこも
釣りに成ってないらしい。

一応明るめのスプーンでもぶん投げてみるかっと車に戻ると無い!
サケ用のケースを積むのを忘れたようだ。早々に退散。忘れ物1。

イソメがあるさ・・・・

東港。以前から何度もアナゴが釣れたのを見てきたところ。
港内だから波風問題なし。濁りも特になし。

若者先行して2人サバやらアジやらウグイもサビキなどで釣っている。
それなりの場所が空いていたので店開きだ。

あれ?道具沢山入っているベストが無い。忘れ物2。

P_20170827_201805.jpg

まあ、基本作業車だからハサミだの小道具はいろいろ積んである。

始めて間もなく若者2人は帰ってしまう。
近辺貸切だ。よぎるのは釣れないから・・・・

間もなくウグイ。
P_20170827_221757.jpg

ウグイウグイホタテウグイウグイ

いい加減22時くらいだと寒い。

あれ?ジャンパー・・・・忘れ物3。

まあ、作業車なのでカッパくらいは積んであった。

途中、別の釣り人やってきて投光器投入。
沢山プランクトンが集まりそれに小魚(2~3cm)、ヨウジウオ、エビ、ヨコエビ
少し大きめの小魚(5cm)。これらがグルグル渦を巻き、ボールが出来ては散る。

下の方に小鯖が走っているのが見え始め、黒いのはアジだろうか?

さらに下の方には40cm弱の青物が数匹。これまたとんでもない速さで泳ぐ。

やんや、面白い。ワームで探ったりメタルジグ入れてみたりしたが結局
何も得られず。

日も変わりイソメが無くなった2時まで粘るもド干潮潮止まりで反応無し。

初めてのアナゴ狙い。相変わらず初物は何時も釣れない。

また行ってみよう。
続きを読む
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

釣り行きたいぞ!!

なんだか釣りに行けてない。
行く時間が無いわけでは無いのだが腰が重くなっている。

目標を見失っているというか夏枯れではないかと勝手に
思い込んでるというか・・・・

そこでだ!

やったことの無い釣りをやって見ようともくろんでいる。

シャコとハモ。意識して専門に狙うハゼ。
仕掛けに思いをはせて過ごしておりました。
今日行けば良かったとかなり後悔しているところ。

で、行こうと思うと明日雨?
明後日諸用?
土曜日は仕事で留萌(釣りは不可)。

日曜日までおあずけである。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

2017 Vol.46 0819 石狩湾う〜〜〜む、釣れぬ

Aキャプテンからお誘いいただきました。
最近好調だったようですよ。
朝5時集合で出発。
少しなに波って言うのかな?凪では無い模様。
P_20170819_053558_1_BF_p.jpg

Aキャプテンはバケ振ってます。
潮が速く難しい。Aキャプテンはヒラメゲット。
P_20170819_065233.jpg

この後徐々に波もうねりも無くなっていく。
まったりするのは釣り人だけでは無い。
P_20170819_090031.jpg

そんなころフグがいるような感じ。
P_20170819_072735.jpg

6インチパルスワームでこの歯形だと相当大きなフグだぞ?!

タイラバに可能性を見いだすべく投入。
P_20170819_062823.jpg

それっぽく見えるかな?(笑)

どうにも反応が無い。
P_20170819_083935.jpg

獲物を鋭く狙うAキャプテン。そっちですか?

P_20170819_083951.jpg

日も高くなってきていよいよ穏やかな海。
日を背にすると海に投影されて
P_20170819_090009.jpg

バケにも反応無く
P_20170819_090101.jpg

自分の釣りについては全く通用しない日であった。
乗せていただきありがとうございました。
泳がせ釣りに興味がわきます。

Aキャプテンの釣ったヒラメは我が家に来てP_20170819_135052.jpg

卵巣成熟度 15%
産卵時期ばらばらなんだろうか?・・・・
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

2017 Vol.45 0807 南防波堤 ゴミだらけを

朝マズメに間に合わない生活リズム。
ギリギリ時間を寝られる時間を稼いで南防波堤にした。
P_20170807_053709.jpg

5:30もう日が昇っている。駐車帯について見渡すとゴミだらけ。
ゴミを拾う余裕が自分にないだけにもの悲しい。
8/7 月曜日の朝だからほぼ土日に捨てられたゴミだろう。
防波堤を進んでいってもゴミだらけなのだ。おびただしい数の吸い殻。
ワームの袋のビニール片。形の悪くなったワーム。コーヒー缶・・・・

ところが駐車帯で一人の方が車の影から現れてゴミを集めている。
P_20170807_053623.jpg

自分も出来ていないので、本当に頭が下がります。

この方 大きな袋に大量のゴミを持ってます。まだまだ大量にゴミは
有ります。
これ僅かな量だと思って捨てている 一人一人が持って帰れば小さい
コンビニ袋程度のゴミなんだけどな。

この2017/0805~07南防波堤でゴミ捨ててる人・・・・

もう来るな!恥を知れ!!

立ち入り出来なくなる日が来てしまう。

ゴミやマナー問題で入れなくなった港が

いくつもあるのだよ!

僅かな量を持ち帰れ!!!



さて、釣りの方ですが先端でワームに反応は有りません。ボウズです。
ガラ場付近で小さい当たりは数回ありましたが、フッキングまでいたりません。

posted by EzoTanuki at 00:05| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

2017 Vol.44 0730 (D訂正)R 朝マズメ珍しく2枚

いやああああああ 何を間違えたんだかDとR間違えてたは。
申し訳ない。
-----------------------------------------------------
波風と行けるタイミングと・・・・夏だし!

5時頃駐車帯に・・・・あっ!、奥まで行けない通行止めの柵が。
最近の大雨の影響だな。鹿の足跡もあったぞ!居るんだねぇ。

少し手前に置いて歩く。少し眺めると4人程見える。
海岸に出て情報収集では、朝一ブリ1ヒラメ1との事。

ここは満員。奧を目指す。

途中の険しい所にも2人くらいずつ居る。聞くとダメらしい。
夜中からやってるとか根魚が居ないと。撮影5:20
P_20170730_052026.jpg

P_20170730_052039.jpg
朝日です。右の崖で2人やってます。

更に奥のいつもの辺り。
夜通しやってたらしい若者達 6人程いてここももうすでにあきらめモード。
5:20 いつもの立ち位置辺りが空いている。あきらめてちょうど空いた所
だったらしい。先ずは・・・・タイラバ(笑)なんでだろうこのチョイス。

いつものこと、巻乱れ防止に軽いキャスト沈めないで巻き取る。
2投目 着底から軽いリフト。底を意識して低速巻。2度程繰り返し
ラインが寝てきたので大きめのリフト。フォールして違和感。

合わせると魚の感触。軽めだが海が深い。時々暴れるので楽しい。
今年初めて長い時間魚とやりとり出来ている(笑)

しかも注目されて困るのよね(笑)

軽かったので抜く。撮影5:29
P_20170730_052925.jpg

タイラバ。46cmだと身が薄い、夏だし優しくリリース。

この辺に居た若者達にここでさんざんやってたのにと言われる(笑)
様子を見てると少し手前側に居た4人程含めての大パーティなんだ。
ほんとにたまたま空いた所に入ったようだ。

ここでちょっとトラブル。
なぜかタイラバにメインラインがぐるぐる巻きに。
仕方なく切ってリーダーを組む。大幅ロスタイム。
再びタイラバ付けて3投程。今度は岸際根掛かり。
珍しくPEが軽く切れた。

2度目のリーダー組。
んで、メタルジグ。自分的夏定番のぎんぎらぎん。
弱冠右向きからせめる。

ここでジジイなりの考えを一発。
深い海でのメタルジグが最初のリフトとフォール。
その後のスイミングがイマイチどんな動きなのか想像のみだ。
想像だと最初のころのリフトはほぼ真上に上がるはず。
次にフリーで落とすと長いラインの抵抗で縦に落ちていくだろう。
テンション掛けたフォールが・・・・ん〜〜〜〜
ラインの抵抗で縦のまんま手前に沈んでくるのだろうな。
相当ゆっくりなジグ立ち状態のひらひらを想像しながらの釣り。

の2回目のテンションフォールにゴン!慎重に煽ってフッキング。
さっきより重い。ドラグは思った程出ていかない。締めすぎてるかな?

手前には2段の深い張り出しがあるのでとりあえずは少しゴリ巻気味。
けっこう重みは感じていたので60cmくらいかと思ってタモで取る。

56cm 撮影6:28
P_20170730_062903.jpg

1時間で6投しかしてないのよね。時合いだったのだろう。
ここからは反応は全く無くなる。
遠くに鳥山が出来る。目の前で小魚が跳ねる。一時ナブラも目の前で。
若者達も1時テンションが上がるが すぐにダウン。

いずれも何事も起こらない。
10:20 誰も居なくなったし終漁とした。
帰りの岩陰
P_20170730_103955.jpg

土なんぞほとんど無いのにな。

若者達に前の83cmの写真を見せつけてやった。
ほんとに嫌なジジイだと思ったベな。


あっはっはっはっは

またあったらよろしくね。

胃袋の中は6cm程のキビナゴ(だと思う)10数匹。
抱卵具合は80%程度と思われる。卵巣に弱冠張りがあったな。
もう少しで産卵期なのかと思う。

この深い海だと・・・・考えよう。
posted by EzoTanuki at 11:04| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

なかなか釣りに行けない

まぁ1週間に1回 行けてりゃいいのだが物足りない。
強いていえば納得のいく釣り、ボウズでもいいのだがなんだか
『良い釣り』が出来ていない。
自分の精神的なことなんだろうけどね。

答えが出て来ないからもっと行きたいのだが仕事が中途半端!

微妙に夕まずめに行けない。

明日は仕事が早く終わるうわさ・・・・

夕まずめ行くのか、日曜朝マズメ行くのか?

さてさて、どうなる?
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

2017 Vol.43 0722 出足平

朝方まで雨予報だったのでのんびり出ることにした。
現地着は6時少し前。雨は上がり波風も無く爽やかだ。
P_20170722_070155.jpg

まあ魚の方も爽やかにスルーしてくれたよ。

隣の岩場でも一人振っていた。残念ながら掛かった様子を見ることは
出来ず。駐車帯に戻った時やはり全く反応無かったと教えてくれた。

日が昇ってくると、暑い。

もう泳ぎたい!そんな季節なんだな。
朝方まで各地に振った雨は川を相当濁らせたんだ。ここまで来る間
塩谷も余市の浜もあちこち真っ茶色。
出足平くらいしか出来ないだろうと来てみたのだが、ここまで水が
済んでるとは思わなかったぞ。
P_20170722_075546.jpg

大きな川の有る無しはこんなに影響する。

濁りによる言い分けは全く出来ない。

またまたSPBを喰らった。
posted by EzoTanuki at 23:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2017 Vol.42 0715 北方面

最近あまり良い情報がないブリ ヒラメ。
それでも北に近付けば居るんじゃね?って夕まずめ狙い。
18:00少し前に着いて今日は最初からあとのソイ狙いも兼ねて
ロッド2本持ち。もちろん脂ガヤが欲しい。

1時間半ブリヒラメは反応無し。それでもそれらしい釣り人は5人
くらいやっていた。上がってる様子は無い。

すっかり暮れてソイ狙いも周りも入れ替わって10人くらいは居るな。
連続は俺くらいだ(笑)

先週より波が高く釣りづらい。隣の人も高い所からやって苦戦。
ポイント取られていてこちらも苦戦。
数回小ガヤの触りがあるがフッキングしない。

それでも30分程立ったころ30cmくらいのがかかったがテトラの
上から転げていった。
小ゾイ小ガヤが3匹程続いたあとまた30cmくらいのがかかる。
P_20170715_201626.jpg

手で押さえていないと計れない(笑)

先週良かった所が空いたので移動して見たが抜かれていたのか
小ガヤの触りのみ。

そのうち根掛かりロスト、時間も来たので終漁とお寒い結果。
暑いのにな。

ちょっと夏枯れ気味になってきた。
それにしても脂ガヤはこの辺居ないのか?濃昼特有なのか?
濃昼も調査対象だな。
posted by EzoTanuki at 19:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

2017 Vol.41 0709 北方面を

北方面に調査だ!
15時頃出発してちんたら向かう。

浜益に出て車が停められそうなところが有ったのでそこから見ると
1名ロッドを立ててタバコを・・・・

う〜〜〜〜む・・・・
一向にキャストしない。

波風も良さげだし元々サーフなんてほとんど経験無いからここに降り立つ。
P_20170709_162700.jpg

横移動しながら黙々と1時間くらいキャストしたが反応は得られず。
巻いててもすぐに着底してしまってなんだか思うとおりになってない(笑)


それとやはり素手は危険です。
P_20170709_174108.jpg


移動。

漁港に寄ってみる。
何年ぶりだろう・・・・20年くらい立つかなあ。
メタルジグぶん投げるぶん投げる。

これまた反応無く日没を迎えた。
P_20170709_191242.jpg

ワームに変えてぶん投げたが状況は
変わらない。

あっ!

大潮満月だっけ?いいのか悪いのか・・・・

移動。

タックル変えて脂ガヤ狙い。脂ガヤ食べたい・・・・
こんな夏枯れ始まりそうな時期に渋いんだろうな。
大潮満月だし。うねりがけっこう有る。

ガヤには必殺シュラッグミノー赤の小っこいの。
ビシュッっと弱いながら向かい風に向かって・・・・飛ばない。

あはははは。

1投目はラインも乾燥していてスムーズでは無いしね。

気を取り直してビシュッ!

向かい風も相まって沈みが悪い。時間をおいてちょっとダート気味。

微妙なバイト。

乗らない。何度かダート。

さらにもう一回ちょっとハッキリしたコンとしたバイト。
聞き合わせ気味に根掛かり・・・・

海草擦るようにずるずるしてとゴンゴンとなんか付いてたあ〜〜〜
が、次のテトラかなにかでバレた。

居るはあ・・・・なんか居るはあ・・・・

ワームのズレを直しラインの傷をチェックして再投入。
今度はさっきより弱冠浮かせ気味にダート。

コン。

瞬間の鬼合わせ!

グアっとパワーが乗る。ガヤでないは。
距離は無いが少しチリチリ言ってるし、楽しい。

33cmのパワフルなクロゾイ。足下が悪く写真は撮れない。

少ししてすぐに32cmを追加。

P_20170709_202630.jpg

P_20170709_203529.jpg
小さいのやガヤが遊んでくるのでちょっと大きくしてグラミの白いのL。

んで、またかなりのパワー感のある奴。抜いて袋に入れる前に足下で
大暴れして落ちていった(笑)

他、乗せられないバイト多数。

少し移動してもっと足下がせまい所。魚の袋は遠くに置いてきた(笑)
ここはバイトが少ない。それでも久々シマゾイ登場。嬉しい。小さいけど。
ピンクのグラミの短くした奴だったべか?

暫くやるがバイトが少なく左の張り出しも大きくてやりづらい。

また少し移動。ここも袋は安全な所に(笑)

ここの足場は少し高い。魚も上げづらそうだ。
右の方から放射状に左の方まで。バイトが無い。

左の方は水面に出そうなテトラ越えになる。バイトが無いので中層テロテr

ガッ!?

おおおおお 強い!

ドラグもチリチリなって楽しいが、そうなんだよ こうゆうテトラ越えとか
やりづらい所には居るんだよ。うねってるしパワー有るし・・・・
テトラ越えはしたようだがうねるとライトの乱反射でよく見えない。








老眼だベや。



(笑)


今度は真下の穴にうねりで吸い込まれてしまった。
ラインが擦れる感触がハッキリ伝わってくる。
2度程緩めたりしてると上がって来た。重さも今日最大級。
この穴の辺りではタモが入らない。

相変わらず足場も悪い(笑)

抜く。

抜けてラインを確保して足下降ろすが大暴れで再度ラインを持ち上げたら
ブツッとさよおなら〜〜〜

70cmはあったなあ・・・・・逃げた魚はでk・・・・





ゴメンナサイ

40cmくらいだったと思います。もっともっと小さいかもしれません。
これでリーダーボロボロ。良い時間となったので終漁。

持って帰って来れたのは2匹落ちていって
P_20170709_234458.jpg

7月だからなあ。貴重な魚だ。
posted by EzoTanuki at 11:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

2017 Vol.40 0708 小樽磯

小樽の磯です。
P_20170708_172935.jpg

釣れたことの無い磯に今年もやってきました。
17:15〜20:15 振り倒しましたがタイラバ(その後殉職)に1回だけ

コツッ

っと、有っただけ。
潮はいい感じに動いてるんだけど魚っ気が足りない。
鳥もほとんど寄ってこないしモジリもナブラも無し。
隣の岬のアングラーも主だった動きは無かった。

今年もダメだったなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 14:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

夕まずめ 頓挫

今日は日曜日でしたが銭函で仕事があり早めに終わったら小樽近辺
夕まずめ 近場でヒラメ、外道でブリなんて考えていたが仕事がオワタのは
20:30と言う暴挙であった。
さすがに行く気が起きない程疲れたし・・・・
朝8:10集合で40分昼休み取っただけ。

今、風呂上がり発泡酒呑んでいたらキーボードうちながら寝落ちするという
落ちぶれっぷり(笑)今は日本酒を・・・・
P_20170703_000357.jpg

週明けからまた隙を見つけて夕まずめ行ってこよう。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2017 Vol.39 0701 余市方面 魚居たのになあ

Zさんとぶりきんさんがリベンジなどと言う自然に対して
さらに仕返し喰らいそうなことを相談していたので便乗したな。

最初のポイントは既に5人程に先行されていたため別のポイントを
目指すことになった。
DSC00325.jpg

漁り火が相当の数出ていた。波も風も穏やかで綺麗だった。

移動後、ポイントまで歩いて行くが既に7月、暑い暑い・・・・
P_20170701_033021.jpg

ジジイはベストを脱ぎ、ジャンパーを脱ぎ帽子も取って涼んだよ。
ロッド用意し終わるころからナブラ祭。
相当な数がいるはずだ。

一度だけ『ガッ』っと伝わってきたがフッキングしなかった。
その後は暫く何事も無く過ぎていく。
タイラバに変えて暫くするとモゾモゾっと感触は有ったものの
それだけだった。

またメタルジグで遠近探っていると余り経験したことない感触も
あったがそれもそこどまり。日も昇ってマッタリ感も漂い移動と
なった。

次のポイント。駐車帯には沢山の車ともう帰る準備の人が沢山。
向かう途中若者に尋ねると周りで数本とヒラメが上がったと。
期待して・・・・いや、既にたくさん帰ってるってことは反応が無いって
ことなんだろうが、それでもキャストキャストキャストキャスト・・・・

反応無し。

朝8:00前には終了だ(笑)なかなか釣らせてくれないな。
posted by EzoTanuki at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

2017 Vpl.38 6029 石狩湾43cm

こんばんは。
数日前Aキャプテンから打診がありました。朝船で出ましょうと。
P_20170629_083148_1_BF_p.jpg

今朝4:30集合で行ってきました。
風もたいしたことはないのですが船には影響が出るんですね。
南東の風はどんどん銭函に近付いていきます。

しかも、潮の流れは真逆の小樽から石狩向き。アンカーの打ちようがない。
メタルジグ40gが役に立ちません。思うような動かし方が出来ない。

そんな時に目に付いたのは

タイラバ!

こいつならある意味ダダ巻だ。何投かしているとガシガシっと感触。
グイッと合わせて5回くらい巻いた所で軽くなった。

ヒラメだったなあ。

40gくらいのジグヘッドにシャッド系ワームをセット。
これも余りロッドアクション要らないのだがメタルジグ同様に
潮上からはかなり高速巻でも底を引きずる有様。
潮下にリグが回り込むと底が取れません。

何ヶ所か移動しますがかなり浅い所しか流れが緩くなりません。
再び13mくらいに行ったとき40gのジグヘッドに仕方なく28gシンカー追加(笑)

約70gのジグヘッドに6インチパルスワーム。なんとか底が取れる。

結果として正解だったようだが 潮下から恐ろしい程低速なリフト&フォール。
70gが沈まない沈まない・・・・(笑)

ゴソッとした感触と重みを感じ 聞き合わせをして見るとフッキングしそうだ。
グイッと煽ってしっかり乗せる。

上がって来たのは43cm なんとか1枚。
P_20170629_084030.jpg

それから暫くややったがあとは何事もなく時間が過ぎて帰り際赤灯台付近で
チョイロックやって帰ることに。
ところが赤灯台付近 なにやら作業中で終了とした。

赤灯台の先に島が出来て居ました。ウミウ専用です(笑)
P_20170629_085210.jpg


P_20170629_085212.jpg

P_20170629_085215.jpg


卵巣成熟度はこんな感じ。大きさの割合から40%ってところかな?
P_20170629_131907.jpg
posted by EzoTanuki at 23:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

2017 Vol.37 0627 出足平タイラバの可能性

夕まずめ。
何しろ試したいこと、場所 たくさん有って困っている(笑)
駐車エリアには平日だというのに10台くらい止まってる。
奥の岩場にも居るし港内も数人。

なんとかここで奴らを釣りたいと思った場所でやって見る。
テトラファイトは当たり前と思って来ているので何とも無いかと
思っていたが いい場所に2人も入って居てびっくりだ。
P_20170627_183326.jpg

潮の動きは悪く潮目もなければ沖を見渡しても鳥も居ない。
後ろで谷渡りが聞こえてくるだけだ。

メタルジグで遠投呼び込み。中層狙ってブリも意識しながら
時間が過ぎる。暗くなりかけたころワームに交換して底近くを意識
しながら探っているとグンっと感触があったがワームがずれただけだった。

暗くなってしまう前に試しにタイラバ。
まだ、ショアからの使い方なんてものも確立されてないから小さい
タコなんかを意識した動きでやって見る。
水中でどんなことになってるかは想像の域を出ないし早巻きしないようにだけは
心がけてみた。何回か試す中で遅すぎて海底引きずっていたりなんかして(笑)

訳もわかずキャストしている中でテトラ際に来た奴にガンっと来た。
速攻テトラに強烈に潜り込むが強引に引きずり出した。
自分なりのブリヒラメのタックルだからなあ(笑)
31cmこの辺では珍しい体高の有る元気者。リリース。
P_20170627_200237.jpg

ワームの時のバイトと違ってワームで言えば早めのスイミングに来るから
ガツン度合いが大きくてソイ釣りにも面白いかも。

これでね、ブリ、ヒラメが反応して来ることを願ってまた次回。

リリースしたけど最近贅沢になってきたのか31cmだと小さいと感じて
しまう。釣れない時期なら間違いなくお持ち帰りだな。


posted by EzoTanuki at 22:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
最後まで見ちゃったんですね?
お疲れ様でした。ありがとうございます。