にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
また見に来たんですか?(笑)
もっとたくさん釣れている
blogはこちらからどうぞ

2017年07月22日

2017 Vol.43 0722 出足平

朝方まで雨予報だったのでのんびり出ることにした。
現地着は6時少し前。雨は上がり波風も無く爽やかだ。
P_20170722_070155.jpg

まあ魚の方も爽やかにスルーしてくれたよ。

隣の岩場でも一人振っていた。残念ながら掛かった様子を見ることは
出来ず。駐車帯に戻った時やはり全く反応無かったと教えてくれた。

日が昇ってくると、暑い。

もう泳ぎたい!そんな季節なんだな。
朝方まで各地に振った雨は川を相当濁らせたんだ。ここまで来る間
塩谷も余市の浜もあちこち真っ茶色。
出足平くらいしか出来ないだろうと来てみたのだが、ここまで水が
済んでるとは思わなかったぞ。
P_20170722_075546.jpg

大きな川の有る無しはこんなに影響する。

濁りによる言い分けは全く出来ない。

またまたSPBを喰らった。
posted by EzoTanuki at 23:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

2017 Vol.42 0715 北方面

最近あまり良い情報がないブリ ヒラメ。
それでも北に近付けば居るんじゃね?って夕まずめ狙い。
18:00少し前に着いて今日は最初からあとのソイ狙いも兼ねて
ロッド2本持ち。もちろん脂ガヤが欲しい。

1時間半ブリヒラメは反応無し。それでもそれらしい釣り人は5人
くらいやっていた。上がってる様子は無い。

すっかり暮れてソイ狙いも周りも入れ替わって10人くらいは居るな。
連続は俺くらいだ(笑)

先週より波が高く釣りづらい。隣の人も高い所からやって苦戦。
ポイント取られていてこちらも苦戦。
数回小ガヤの触りがあるがフッキングしない。

それでも30分程立ったころ30cmくらいのがかかったがテトラの
上から転げていった。
小ゾイ小ガヤが3匹程続いたあとまた30cmくらいのがかかる。
P_20170715_201626.jpg

手で押さえていないと計れない(笑)

先週良かった所が空いたので移動して見たが抜かれていたのか
小ガヤの触りのみ。

そのうち根掛かりロスト、時間も来たので終漁とお寒い結果。
暑いのにな。

ちょっと夏枯れ気味になってきた。
それにしても脂ガヤはこの辺居ないのか?濃昼特有なのか?
濃昼も調査対象だな。
posted by EzoTanuki at 19:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

2017 Vol.41 0709 北方面を

北方面に調査だ!
15時頃出発してちんたら向かう。

浜益に出て車が停められそうなところが有ったのでそこから見ると
1名ロッドを立ててタバコを・・・・

う〜〜〜〜む・・・・
一向にキャストしない。

波風も良さげだし元々サーフなんてほとんど経験無いからここに降り立つ。
P_20170709_162700.jpg

横移動しながら黙々と1時間くらいキャストしたが反応は得られず。
巻いててもすぐに着底してしまってなんだか思うとおりになってない(笑)


それとやはり素手は危険です。
P_20170709_174108.jpg


移動。

漁港に寄ってみる。
何年ぶりだろう・・・・20年くらい立つかなあ。
メタルジグぶん投げるぶん投げる。

これまた反応無く日没を迎えた。
P_20170709_191242.jpg

ワームに変えてぶん投げたが状況は
変わらない。

あっ!

大潮満月だっけ?いいのか悪いのか・・・・

移動。

タックル変えて脂ガヤ狙い。脂ガヤ食べたい・・・・
こんな夏枯れ始まりそうな時期に渋いんだろうな。
大潮満月だし。うねりがけっこう有る。

ガヤには必殺シュラッグミノー赤の小っこいの。
ビシュッっと弱いながら向かい風に向かって・・・・飛ばない。

あはははは。

1投目はラインも乾燥していてスムーズでは無いしね。

気を取り直してビシュッ!

向かい風も相まって沈みが悪い。時間をおいてちょっとダート気味。

微妙なバイト。

乗らない。何度かダート。

さらにもう一回ちょっとハッキリしたコンとしたバイト。
聞き合わせ気味に根掛かり・・・・

海草擦るようにずるずるしてとゴンゴンとなんか付いてたあ〜〜〜
が、次のテトラかなにかでバレた。

居るはあ・・・・なんか居るはあ・・・・

ワームのズレを直しラインの傷をチェックして再投入。
今度はさっきより弱冠浮かせ気味にダート。

コン。

瞬間の鬼合わせ!

グアっとパワーが乗る。ガヤでないは。
距離は無いが少しチリチリ言ってるし、楽しい。

33cmのパワフルなクロゾイ。足下が悪く写真は撮れない。

少ししてすぐに32cmを追加。

P_20170709_202630.jpg

P_20170709_203529.jpg
小さいのやガヤが遊んでくるのでちょっと大きくしてグラミの白いのL。

んで、またかなりのパワー感のある奴。抜いて袋に入れる前に足下で
大暴れして落ちていった(笑)

他、乗せられないバイト多数。

少し移動してもっと足下がせまい所。魚の袋は遠くに置いてきた(笑)
ここはバイトが少ない。それでも久々シマゾイ登場。嬉しい。小さいけど。
ピンクのグラミの短くした奴だったべか?

暫くやるがバイトが少なく左の張り出しも大きくてやりづらい。

また少し移動。ここも袋は安全な所に(笑)

ここの足場は少し高い。魚も上げづらそうだ。
右の方から放射状に左の方まで。バイトが無い。

左の方は水面に出そうなテトラ越えになる。バイトが無いので中層テロテr

ガッ!?

おおおおお 強い!

ドラグもチリチリなって楽しいが、そうなんだよ こうゆうテトラ越えとか
やりづらい所には居るんだよ。うねってるしパワー有るし・・・・
テトラ越えはしたようだがうねるとライトの乱反射でよく見えない。








老眼だベや。



(笑)


今度は真下の穴にうねりで吸い込まれてしまった。
ラインが擦れる感触がハッキリ伝わってくる。
2度程緩めたりしてると上がって来た。重さも今日最大級。
この穴の辺りではタモが入らない。

相変わらず足場も悪い(笑)

抜く。

抜けてラインを確保して足下降ろすが大暴れで再度ラインを持ち上げたら
ブツッとさよおなら〜〜〜

70cmはあったなあ・・・・・逃げた魚はでk・・・・





ゴメンナサイ

40cmくらいだったと思います。もっともっと小さいかもしれません。
これでリーダーボロボロ。良い時間となったので終漁。

持って帰って来れたのは2匹落ちていって
P_20170709_234458.jpg

7月だからなあ。貴重な魚だ。
posted by EzoTanuki at 11:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

2017 Vol.40 0708 小樽磯

小樽の磯です。
P_20170708_172935.jpg

釣れたことの無い磯に今年もやってきました。
17:15〜20:15 振り倒しましたがタイラバ(その後殉職)に1回だけ

コツッ

っと、有っただけ。
潮はいい感じに動いてるんだけど魚っ気が足りない。
鳥もほとんど寄ってこないしモジリもナブラも無し。
隣の岬のアングラーも主だった動きは無かった。

今年もダメだったなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 14:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

夕まずめ 頓挫

今日は日曜日でしたが銭函で仕事があり早めに終わったら小樽近辺
夕まずめ 近場でヒラメ、外道でブリなんて考えていたが仕事がオワタのは
20:30と言う暴挙であった。
さすがに行く気が起きない程疲れたし・・・・
朝8:10集合で40分昼休み取っただけ。

今、風呂上がり発泡酒呑んでいたらキーボードうちながら寝落ちするという
落ちぶれっぷり(笑)今は日本酒を・・・・
P_20170703_000357.jpg

週明けからまた隙を見つけて夕まずめ行ってこよう。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2017 Vol.39 0701 余市方面 魚居たのになあ

Zさんとぶりきんさんがリベンジなどと言う自然に対して
さらに仕返し喰らいそうなことを相談していたので便乗したな。

最初のポイントは既に5人程に先行されていたため別のポイントを
目指すことになった。
DSC00325.jpg

漁り火が相当の数出ていた。波も風も穏やかで綺麗だった。

移動後、ポイントまで歩いて行くが既に7月、暑い暑い・・・・
P_20170701_033021.jpg

ジジイはベストを脱ぎ、ジャンパーを脱ぎ帽子も取って涼んだよ。
ロッド用意し終わるころからナブラ祭。
相当な数がいるはずだ。

一度だけ『ガッ』っと伝わってきたがフッキングしなかった。
その後は暫く何事も無く過ぎていく。
タイラバに変えて暫くするとモゾモゾっと感触は有ったものの
それだけだった。

またメタルジグで遠近探っていると余り経験したことない感触も
あったがそれもそこどまり。日も昇ってマッタリ感も漂い移動と
なった。

次のポイント。駐車帯には沢山の車ともう帰る準備の人が沢山。
向かう途中若者に尋ねると周りで数本とヒラメが上がったと。
期待して・・・・いや、既にたくさん帰ってるってことは反応が無いって
ことなんだろうが、それでもキャストキャストキャストキャスト・・・・

反応無し。

朝8:00前には終了だ(笑)なかなか釣らせてくれないな。
posted by EzoTanuki at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

2017 Vpl.38 6029 石狩湾43cm

こんばんは。
数日前Aキャプテンから打診がありました。朝船で出ましょうと。
P_20170629_083148_1_BF_p.jpg

今朝4:30集合で行ってきました。
風もたいしたことはないのですが船には影響が出るんですね。
南東の風はどんどん銭函に近付いていきます。

しかも、潮の流れは真逆の小樽から石狩向き。アンカーの打ちようがない。
メタルジグ40gが役に立ちません。思うような動かし方が出来ない。

そんな時に目に付いたのは

タイラバ!

こいつならある意味ダダ巻だ。何投かしているとガシガシっと感触。
グイッと合わせて5回くらい巻いた所で軽くなった。

ヒラメだったなあ。

40gくらいのジグヘッドにシャッド系ワームをセット。
これも余りロッドアクション要らないのだがメタルジグ同様に
潮上からはかなり高速巻でも底を引きずる有様。
潮下にリグが回り込むと底が取れません。

何ヶ所か移動しますがかなり浅い所しか流れが緩くなりません。
再び13mくらいに行ったとき40gのジグヘッドに仕方なく28gシンカー追加(笑)

約70gのジグヘッドに6インチパルスワーム。なんとか底が取れる。

結果として正解だったようだが 潮下から恐ろしい程低速なリフト&フォール。
70gが沈まない沈まない・・・・(笑)

ゴソッとした感触と重みを感じ 聞き合わせをして見るとフッキングしそうだ。
グイッと煽ってしっかり乗せる。

上がって来たのは43cm なんとか1枚。
P_20170629_084030.jpg

それから暫くややったがあとは何事もなく時間が過ぎて帰り際赤灯台付近で
チョイロックやって帰ることに。
ところが赤灯台付近 なにやら作業中で終了とした。

赤灯台の先に島が出来て居ました。ウミウ専用です(笑)
P_20170629_085210.jpg


P_20170629_085212.jpg

P_20170629_085215.jpg


卵巣成熟度はこんな感じ。大きさの割合から40%ってところかな?
P_20170629_131907.jpg
posted by EzoTanuki at 23:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

2017 Vol.37 0627 出足平タイラバの可能性

夕まずめ。
何しろ試したいこと、場所 たくさん有って困っている(笑)
駐車エリアには平日だというのに10台くらい止まってる。
奥の岩場にも居るし港内も数人。

なんとかここで奴らを釣りたいと思った場所でやって見る。
テトラファイトは当たり前と思って来ているので何とも無いかと
思っていたが いい場所に2人も入って居てびっくりだ。
P_20170627_183326.jpg

潮の動きは悪く潮目もなければ沖を見渡しても鳥も居ない。
後ろで谷渡りが聞こえてくるだけだ。

メタルジグで遠投呼び込み。中層狙ってブリも意識しながら
時間が過ぎる。暗くなりかけたころワームに交換して底近くを意識
しながら探っているとグンっと感触があったがワームがずれただけだった。

暗くなってしまう前に試しにタイラバ。
まだ、ショアからの使い方なんてものも確立されてないから小さい
タコなんかを意識した動きでやって見る。
水中でどんなことになってるかは想像の域を出ないし早巻きしないようにだけは
心がけてみた。何回か試す中で遅すぎて海底引きずっていたりなんかして(笑)

訳もわかずキャストしている中でテトラ際に来た奴にガンっと来た。
速攻テトラに強烈に潜り込むが強引に引きずり出した。
自分なりのブリヒラメのタックルだからなあ(笑)
31cmこの辺では珍しい体高の有る元気者。リリース。
P_20170627_200237.jpg

ワームの時のバイトと違ってワームで言えば早めのスイミングに来るから
ガツン度合いが大きくてソイ釣りにも面白いかも。

これでね、ブリ、ヒラメが反応して来ることを願ってまた次回。

リリースしたけど最近贅沢になってきたのか31cmだと小さいと感じて
しまう。釣れない時期なら間違いなくお持ち帰りだな。


posted by EzoTanuki at 22:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

2017 Vol.36 0624 寿都 惨敗

ぶりきんさんにまた連れて行ってもらった。ありがとう。

霧がけっこう出ている。風が無いのだ。
P_20170624_004558.jpg

左の磯に初めて行って見た。ぶりきんさんはバラしたりしたようだが
俺の方は全く反応を得られない。
道中波風穏やかだったが磯に出てみると予報0.5mの波はゆうに1mは
有りそうだ。だいぶしぶきが岸から上がる。
4時間くらい粘ったが何も無し。

移動して右側の磯。
P_20170624_085336.jpg

いきなりナブラが見える。
急いで用意して行く。時間帯 活性がいいのか置きにも鳥山。
自分達の近くもナブラが何回も起こる。

期待したが何事もなく時間だけは過ぎていった。
あきらめて終了。

残念。
続きを読む
posted by EzoTanuki at 15:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

2017 Vol.35 0623 喜茂別現場横の川で時間待ち

緊急作業で喜茂別までやってきた。
内容的には状況調査と安全対策。
denntyuu.jpg

緊急性が有るとは言え、今日の物にはならない。
通信障害がなかったのがせめてもの救いだ。

この奧に川がある。川幅6mくらいだろうか。
通行止めのためのカラーコーンを取ってこさせている間の
20分程  スプーンを放り込んでみた。
2投目に プルプルプルプル
DSC00321.jpg
18cmくらい ニジマス

さらに2投後 プルプルプルプル
P_20170623_153321.jpg


同じく18cmくらい  アメマスだと思っていたが写真を見るとこれ
イワナだねぇ。

その後は10分くらいあとは続かず。

posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

2017 Vol.34 0620 雄冬 38

ここ雄冬、ずいぶん古くから来たこと有ったんだけどなかなかいい思いを
した事がなくってな。最近北方ブリの話も出たりしてきたので要調査感。

先日、降ってわいてきたようなドライブついでに少し時間をもらってメタルジグを
振ってきたがその時変な具合に海草帯を通る感触が有ったのね。

おおおお、ここに絶対ソイ、脂ガヤがいる!!

大変な妄想をして見た。

ははは

来てみたわけさ。チビガヤが多いのはこちらの方角仕方がない。
その中に混じって脂ノリノリのガヤが採れたらいいと期待したさ。

が、小ガヤ。
P_20170620_212330.jpg




小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ
小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ
小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ小ガヤ

30匹も釣ったろうか。シャッド系のスイミング。
底を釣ろうが、中層から落とそうが表層流そうが


小ガヤ!


ちょっと移動。

少し、大きめのガヤが混じるようになった、テトラ際の海草がやりづらい。
それでも24cmまでしか行かない。脂ノリノリは28cmくらいでなおかつ
体高の有る淡い色のガヤ。この日は出なかった。まだ早いのかな?

余りしたくはないが岸際の海草状態を確認したく強いライトで見渡す。
小ガヤがライトで散っていく。

ん?!?!

少し大きめの白っぽいのもゆっくり沈んでいく。少し離れた所にも白いのが
ちらっと見えた。両方ゆっくりユラユラとした感じ。

一度、場を休めるのに10分程 別方向でガヤと遊ぶ。

2時間もやった22:30、その白いユラユラ方向の近い辺り、少し下を通過した時

グッ

そんな感じ。
あっ!、ちょっと違う!!合わせて見る。ググググと持っていく。
ドラグも丁度よくチリチリ・・・・(゚ロ゚;)ハッ!

ちょっと油断した。距離は近いが手前の海草帯が〜〜〜〜絡んだ!
魚も見える(笑)一人で苦笑していた。何やってんだ俺?

でも、緩めるとライン持っていくのでなんとかなるだろうと しばし格闘。
感じとしてけっこう でか目で重い。横に泳いでくれて海草から外れた。

P_20170620_223843.jpg


居たわあ。やっと雄冬で居たわあ(笑)

もう1尾、似たような展開で追加。これは抜いた。
この2匹持ち帰り。

その後は
P_20170620_231934.jpg

P_20170620_233629.jpg

他30cm以下のソイ3匹。ソイの時合いが有ったのか、ガヤより下を通ったのか
ポイントなのか?・・・・同じ場所ガヤしか釣れなかったのに・・・・
ユラユラ沈んでいったので最初は表層に居たはずだ。ん〜〜〜〜〜。

港に戻って写真。
P_20170620_235856.jpg

真っ黒な個体。体高も十分。雄冬初めて満足。

posted by EzoTanuki at 10:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

2017 Vol.33 0618 雄冬

40分時間をもらった。

この日、カミさんから『どっか車でドライブ釣れてけ!!』っと
大きな要請があり、その中には『ロッド持っていってもいいから』
と言うもの。

へ〜〜〜〜〜〜〜〜

っと 思いながらも北に向かって走らせた。

途中、毘沙別の岩場なんて初めて見に行ってみた。
P_20170618_142401.jpg

サーフィン してます。

P_20170618_143526.jpg

たまに写真など撮って。

P_20170618_143533.jpg

ふむふむ、この辺りなのね・・・・

とまあ、通過します。
ほんとは目的地有ったんだけど 行ってみたらカミさんは行けそうもない。

戻って雄冬に調査に入る。
ロッド持たずに行ってみると何ともいい感じ。戻って30-40分と時間を
もらいテトラファイト。思っていた場所はかなり浅い。少し移動して打つと
砂地と岩礁とクッキリ分かれそうな海底。
だいぶ振ってみたがそうそう獲物は

あっ!、








P_20170618_163251.jpg

かかったwwwwwwwww

すぐに時間が来て終了。

でもここ、ソイやりたい(笑)

posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017 Vol.32 0617 浜厚真 yutakaさん


今年もなんだかとんでもない日程で釣りをしたいブリが釣りたいと・・・・

(笑) まぁ、用事が用事だけに仕方がないけど正直、ブリやる時間はない。
苫小牧のソイでもとプランを混ぜていたので そちらにしてもらったような
もんだな。
駐車エリアで合流して行ってきたよ。お久しぶりです。

ポイントまで案内して簡単に状況を説明。自分もタモなどを用意して
振っていると、もういきなタモの要求が来たよ(笑)
体高の有る35cmいい引きを味わってもらった。タモ使ったのはこの1匹
だけだ。他は弱冠それよりスマートよ。リリースはもったい無い(爆

渋いながらも何本か釣れてくれた様子。2本程お持ち帰り。

自分はリリース入れて9本。けっこう渋い。乗らないバイトもけっこう有る。
30?うpは5本
P_20170617_232100.jpg

P_20170617_213456.jpg

P_20170617_214526.jpg

P_20170617_224156.jpg

P_20170617_230617.jpg

最大は35cm 

3本 持ち帰り翌日 1匹刺身となった。
P_20170618_194954.jpg

脂も乗ってきて ほんのり甘みとほどよい旨味。
捌いて見て3尾ともメス。産卵後の荒食いをしている感じ。
卵巣は小さく長さ4cm程の成熟度全く無し。ほとんどが魚を食べていて、
1匹からはさらに全長15cmくらいのたぶんマメイカが出てきた。

秋に向かっては一旦沖に出るだろうが10月が楽しみだ。

来年はブリ、ヒラメできる日程で帰って来てね。

posted by EzoTanuki at 12:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

シンク占領!抱卵状態は?

がっつり占領された。

P_20170614_001134.jpg

って言うか 口先はみ出してるから・・・・

あっち向けたり、こっち向けたり四苦八苦して捌いたよ。
3時間もかかった・・・・

胃の中身は骨の大きさでは20cm程のソイ類かカレイ類の白身魚。
原型は分からない。

気になる抱卵状態だが成熟度7〜8割って所かな。
P_20170614_005232.jpg

上手いこと抜けてきた。
まだぷよぷよしてパンパンという感じでは無い。
肝臓は手のひらくらい有った。

以上、覚え書き。

posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

2017 Vol.31 0613 ドsで83?!

自己記録更新しました。5年前に72cm釣って以来それを越える
なんてことは全く考えていなかったので計ってから相当驚いた。

17:30くらいに着いて初めはグラスミノーであちこち探るも何も反応無し。
いつもの立ち位置に着いてメタルジグキャスト。
P_20170613_175631.jpg

やや左正面から少し強めの風。
ここはドMが通うドs。釣れないのがデフォルトだ。

打てども打てども全く反応は無い。帰ってくるのはいつもの根掛かり。

相当岩礁があるのだろう。海草にかかるのと違いリグ、ジグが戻っては来ない。

メタルジグ2個 ロスト。

この3日で7個ロスト。厳しい。


19:45ころメタルジグ回収中水面から離した瞬間バシャッとなにか追ってきた。
お〜〜〜〜魚居るんだと思い同じ方向に数投。何も起きず。
20:00を前にライトが無いとラインが見えない。もうワームに変えた。
ロストして時間ロスはもうしたくない。もうすぐ真っ暗になる。
20:15 過ぎ、やや左にキャスト底からの距離を保っているだろう巻巻。
テトラ際までリグが戻って来てテトラにぶつかったか海草に引っかかった様な
また根掛かりさせたと思ったのだがちょっと違和感。
ロッドを立ててみるとテトラにリグが擦っている感触と海草がらみのような違うような?
すぐさまジッジとドラグが出る。少しリールを巻いて持ち上げてみた。
重たいゴミのようなと思った瞬間持ち上げた分


爺〜〜〜〜〜〜


あらら奴だ。目の前かい。

きっとメタルジグ振り回してる間に集ってきたんだな(笑)
ちょっとドラグ締めて持ち上げるとすぐに海面割って顔を出した。
ずいぶん簡単に来たなあ・・・・

ん?おっ?!ちょっとでかいか?

上がって来た感触で70cmくらい有るだろうとタモを構える。
なかなか入らねえ(笑)
このくらいの大きさになるとタモも小さいかなあとか思ったよ。
3回くらい誘導して無事ネットイン。タモ持ち上げようとして感じた。


重い!!


70くらいになるとやっぱり重いわあ。安全な所まで戻ってタモから出す。

おおおお?でかくね?思いっきりべったんべったんなってるし・・・・
P_20170613_202147.jpg
83cmも有った。カメラ不調でしょっちゅうピンぼけ(笑)

P_20170613_202830.jpg

うわあ〜〜〜〜11cmも更新かい?

DSC00239.jpg

なんだこの厚さ!
6.5kg
(自宅で体重計の持ったり降ろしたりして計った)


他に一人 春からソイ釣り始めたという釣り人が見に来た。
こんなのいるんですねって言ってくれてますが悪いもん見たベなあ・・・・

21gジグヘッドにこのワーム。
P_20170614_111624.jpg

頭はボロボロになっていたので2年くらい前に切り落としてある。
腹の部分も上下貫通穴が広がっていたので行く前にライターで焼いて
補修しておいた。大活躍だな。

それにしても このバイトがあるまで3時間くらいなんの音沙汰も無かったが
苦労らしい苦労をしなかったヒラメだな。

PEは1.5号 それにリーダーフロロ5号(20LB) 
それにワーム交換用にスイベル付けてフロロ3号(12LB)30cm

これで終漁とした。


p.s.
ワーム交換用に12LB付けたけど・・・・

なんだろう?考えると意味ないか?本リーダーの編み直しが少ないか?
どこで切れるかは大事だがワームではありなのか?
posted by EzoTanuki at 00:26| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

サケ釣りでは無いのだが・・・・

サケ釣りの場所取りが大嫌い。
あの混み具合も大嫌い。

いつもその外れとか人の少ない所でやるようにしている。

ブリ。

これもまたブリ釣り人口が増えて磯がふさがる程人がいる。
まだ出来る程度隙間はあるが場所は選べなくなりそうだ。

仕方ないよな、面白い釣りだもの。

このブリの人たちをかき分けて平目を狙ってるのだがこれも
時間の問題な気がしてきた。

新規開拓って大事なんだけど場所もうp出来ないぞ(笑)
posted by EzoTanuki at 00:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

2017 Vol.30 0611 裏P〜D

ずいぶん行き先に迷った親方ひらきんさん。
ヒラメキングだとばっかり思っていたら近年ホッケのひらきんさんに
なっていた。先月Gにて本来のひらきんさんに戻ったかと思ったのだが
実際には昨年からぶりきんさんに変化しつつある。
そのうち8000番とか10000番とか言い出しそうだ。ジグ以外(笑)

Zさんがもう少し南に調査行っている晩なんだが朝方海が急変と情報を
いただいた。
ここはもう先週入った裏Pしかダメだろうと向かったわけですね。
みんな考えることは一緒だな。そんなに混まなくてもと思うが同じ所に
わんさと集まる 午前2:00(笑)
着いてすぐさっさと用意してさっさとポイント目指した。
ポイントはギリギリ入釣できた。5分差くらいだ。ポイント争奪戦は
大変だな。

真っ暗な内は少しワームでいたずらしていたがすぐに空が白んできてしまった。
メタルジグに変更して探るも1投目からいきなり根掛かりロスト。
それでもなんとかなるだろうと粘るも5個ロスト。
自分の目の前は20m置き80m先まで根が有るようだ。間は砂地。
遅れてきた人は1本揚げてた様子。

朝5:00を過ぎるころからうねりで波が上がるようになってきた。
後8mくらいの少し小高い所に置いたリュックも5m程後に流された。
DSC00235.jpg

離れた岸際も
DSC00234.jpg

足下続けて波が上がったのを機にここを上がる。
根掛かり以外にロッドは曲がらない。4連敗。

帰りの方向でDに寄ってみた。ちょうどポイントも空いたので先行者に
様子を聞くと1名は1本持って戻って来た。

これはと思い急いで用意してポイントに出る。うねりは有るもののおkだ。
もう一人 今やめるというので見てみると今日は5本とのこと。

俄然張り切る(笑)

が、ここも反応を感じることは無かった。

やはりうねりが強くなってきて戻るルートに危険を感じるようになってきたので
やめることにした。1時間くらいは出来たのだがな・・・・

5連敗?

しかもSPBにロスト5個のぐだぐだ。

ただただ ヘタなんだ。

ケースごと海水に浸かったので珍しく洗ったよ。
DSC00236.jpg






続きを読む
posted by EzoTanuki at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

2017 Vol.29 0607 G ヒラメは三連敗

P_20170606_220400.jpg

しげさんとGに入った。
3時前には磯に立ってたね。
暫くワームを泳がせてみたり底叩いてみたりして。
弱冠白んできたのでメタルジグ 赤金夜光から。
っと、隣の若者二人が次々とヒラメを掛ける。

ここの時合いは短いのでひたすら投げてローテーションかまし、
やるのだが子のよく釣る若者、ここの正面を間違えている。
4回も俺のラインをまたいでくる。

時合いは短いのだよ。

あれ?


変だな?


俺のラインをまたぐと言うことはほぼ俺の正面だよな?


なぜ釣れない?

とか言ってる内に試合終了。

や〜〜〜〜三連敗だよ。
しかも今日はヒラメの当たりも感じなかった。
隣の若者2人は3枚ずつお持ち帰りだ。活性が悪いわけでも
潮回りでも無いし いないわけでも無い。
なにか自分のやってることが一切はまらない。そしてせっかく
用意していた物を忘れて出さずじまいと痴呆気味の朝だった。

ここ全体で9人かな?
奥の方でも釣れてるのを見たので全体、10枚くらいだと思う。


SPB 


当たりすら無い スーパーパーフェクトボウズ(笑)



車並びに運転 ありがとうございました。
懲りずにまた よろしくお願いします。
posted by EzoTanuki at 23:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

先月 Gのヒラメ卵巣具合

先月25-26と1枚ずつ釣れてくれたヒラメ。
2枚ともこんな感じの卵巣だった。
DSC00193.jpg

まだまだ未熟でぷよぷよな感じ。

2012 8月のドsの物は
抱卵.jpg

けっこう大きくなっていた。


あっ!、青木さんゴメンナサイ(笑)
この時の好青年はルアーズケミストの青木さんですね。

2012年11月11日 卵巣は小さい。

たいして釣れてないから統計なんぞ出ないが抱卵時期がよく分からない。
群れ見たいのが有ってその中では同じ程度の抱卵状態なのかもしれないな。

続きを読む
posted by EzoTanuki at 20:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

2017 Vol.28 0604 祈石

またまた ひらきんさんと自分達としては新規開拓。
2時頃駐車場着。即刻目的地に向かう。

まずワームで暗い内は探ります。ソイ、ハチガラなんぞ
狙ってみます。
あっさりガヤが釣れる。これっきりですが
DSC00194.jpg

空全体に白んできたのでメタルジグを準備。
ありとあらゆることわやって見たがヒラメの反応は無い。
途中、浮気してブリを誘って見るがこちらも全く反応無し。

ひらきんさんはかけましたよ。よかったですね。
少し大きめです。
DSC00197.jpg

釣り自体は8時頃終了した。
この日は沢山の知り合いが周りにいた。
Zさん マーズさん Mさん お疲れ様でした。
ナベゾウさんも居たな。ご挨拶できずにすいません。
思い出すまで暫くかかりました。ジジイですから・・・・許して。

マーズさん背中の哀愁はすっかり魚臭でかき消されていましたよ(笑)
DSC001992.jpg

ひらきんさん いつも車の提供、運転ありがとうございます。
言い笑顔でしたね。
DSC00198.jpg
続きを読む
posted by EzoTanuki at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
最後まで見ちゃったんですね?
お疲れ様でした。ありがとうございます。