にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
 また見に来たんですか?(笑)
ヒラメ釣る人はホント釣るわ・・・・
小樽イワシもらったけど旨すぎ!!
道南で81cmブリ!はblog無し?
苫小牧アナゴいいし、コマイ爆釣の人も?
たくさん釣れている blogは
こちらからどうぞ

2018年07月14日

2018 Vol.23 0713 ドS 仕事帰りサクッとSPB

仕事でヒラフ行ったんだよね。
帰りに夕まずめ向かえるので寄ったさ。新月 風無し波無し。

3時間ほど振り回したけどガヤらしき突っつき?も僅か数回。
そんな中、確かにゴンっと感触がありかなりの重量感を
味合わせてくれた海草。

もうね、ありとあらゆる自分の引きだし投げ込んだけどな。

3時間!もぅ、無理。腹も減ったし、すっかり心折れました。

久々のSPB。魚見ることもフッキングも当然バラシも無し。

写真も無し。さみしい記事でゴメン。
続きを読む
posted by EzoTanuki at 10:47| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

2018 Vol.22 0707-08 裏ポン 第2ラウンド朝

2:40目覚ましが鳴る。眠い。

30分加えて もう一度寝る(笑)

3:10なんとか起きて準備する。眠い。

あは。

昨晩と同じポイントまで突き進む。
徐々に見えるようになってくる時間帯。
波も穏やかだが無いわけでは無い。風は僅か。
気温はこの時期としては低めだが動くのでちょうど良いくらい。
期待は膨らむ一方である。

時間がもったい無いのでとにかく振り回す。この朝も貸切だ。
どんな方向に打っても問題無い。30分もすると夜明けの感じ。
ありとあらゆる手持ちのものをぶち込むが一向に当たりも無い。

ジグの殉職も2個。同じ方向のたぶん同じ根だ。
とうとう赤金も無くなったなあ。

ローテーションの中でこの前色付けたオオナゴカラー。
ゴンっと来てゴゴゴ・・・・来たか!!

『おおおおおおおおおおおパワフルだ〜〜〜〜』と思うも
ゴンゴンゴン・・・・ゴゴゴゴ・・・・ゴンゴンゴン・・・・

ああっ!、ちょっと違うなあ・・・・最後のリフトも相当な抵抗とパワー。
45cmのヒラメよりは強い引きを味わった。
P_20180708_055927_vHDR_Auto.jpg

40cm無いのだが体高も太さもパワーもいい感じ。
これでもう6時だ。7時前くらいから急に濁りだした。

このあとも8時くらいまで何事も無く終漁となった。

ずっと貸切である。
反対から回って来たとなりの磯に居た3人組。
聞いてみると3人で4枚上げたそうな。

この時合いの短い相手だからRunGunもままならない。
今年のヒラメはなんだか難しいな。

帰りに活かして置いたアブを締めようと思ったのだが
P_20180708_065429_vHDR_Auto.jpg

思いっきりあちこちポコポコなんだよねえ。
美味しそうな太さだったがお帰り願った。

せっかく時間取ってもこの体たらく。自宅の冷凍庫は



とっくに空だ!!
posted by EzoTanuki at 00:02| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

2018 Vol.22 0707-08 裏ポン 第1ラウンド夜

相当気になっていた裏ポン当たりの夜釣り。
6日の天気予報が1日で大きく変わり、大雨が一転 7日昼ころには
曇り夜中にい時雨が降るくらいになってしまったので

ので!

ソイ狙いから。

ハチガラもマゾイも近辺釣れた経験あるから期待大さ。

もう1時間早く出たかったのは内緒だ。

着いたのは19時過ぎ。まだ明るさは残る。駐車帯には車無し。
風無し。波もほぼ無し。気温動くと暑い。

そして磯は貸切。

マタ ツレ ナイ ノ ダロウ カ?

なんとかヒラメの時間に少し間に合ったのでヒラメ狙いから。


まあ釣れません。

1時間も振り回したころ着底で重くなる。ヒラメで時々あるある。

だがしかし上がって来たのはマゾイ
P_20180707_201348_vHDR_Auto.jpg

体高が有る良いマゾイだ。

このあと3時間色々やったが 15cm程のガヤ1尾。
一応未明は雨予報もあるので車に戻ることにした。
そう。
やはり誰も来ないのである。

月も無い 真っ暗な貸切海岸 とぼとぼ戻る。途中少し獣臭。

気を付けたし。

そして大宴会。
P_20180708_001400_vHDR_Auto.jpg

車は1台増えていた。違う磯に入っている。

第2ラウンドは朝、ヒラメ狙いだ!

posted by EzoTanuki at 13:32| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

20180705台風です!

温帯低気圧になるとはいえ、慣れない蝦夷梅雨ですっかり
湿っている北海道の大地に近づくわけで、これはもう十分な
警戒が必要なんだと感じています。

情報入手、避難等お気を付け下さい。

taifoo.jpg

ところでもうすでにあちこちから相当な海の濁りの情報が出始めて
いますが、このような雨続き、台風による濁りって何日くらいの
影響があるんですかね?

釣りへの影響が非常に気になる所です。

posted by EzoTanuki at 01:00| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

2018 Vol.21 0630 ドSどえ〜〜〜す

ひらきんさんと行こうと思っていた所があって出かけたんですが
自分玄関まで出していたウエーダーを積み忘れてご一緒出来ず。

ホント、申し訳ない。もったい無い時間を作ってしまったな。
すいません。

とりあえず翌日仕事なんで行きます。
こちらは出足平漁港です。静かです波も風も有りません。
P_20180630_165809_vHDR_Auto.jpg

磯は投げ釣り師が一人。
P_20180630_165614_vHDR_Auto.jpg

なにか3箇所くらいでもじったんですがその後続かずですね。
P_20180630_165558_vHDR_Auto.jpg
ブリが居たのかな。

やる場所も無いのでドSに行きます。
まあねメタルジグ投げ続けましたが全く反応無し。1個殉職。
暗くなってワームを流し続けるも僅かにバイト。
1個殉職した所でシャッド系にした所ドンッグンッグンっと来たんで
本命かと思ったが体高の有るソイだった。
いい引きしたんだよ。
P_20180630_205540_vHDR_Auto.jpg
何はともあれボウズでは無いが本命は何処・・・・

ソイ狙いならけっこういい感じなのかな?

積丹ではマッコウクジラも出現したとか。
今年はいよいよ海が変かのう。


posted by EzoTanuki at 02:47| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

2018 Vol.20 0629 久しぶりの灯台下 狙いはサバ?

一昨日ネットを見ていたら小樽でサバが釣れたとか・・・・
何でもイルカに追われて居たんじゃ無いかとのこと。
調査は必要と合間縫って行ってみた。

南防波堤に寄るも数人が先端でやってる様子。
釣れてる感じもイルカも鳥山も無い。
P_20180629_084357_vHDR_Auto.jpg

いっそヒラメの調査も兼ねて灯台下にした。
降りていくと波風穏やかで暑いくらい。
P_20180629_090616_vHDR_Auto.jpg
だがしかし!!
P_20180629_090620_vHDR_Auto.jpg
水族館側から降りると潮が高く長靴で渡れないことが判明!
引き返して漁港側から回ったよ(笑)

この先一人入っていたのよ。
アブラコ釣りに来ていた若者。彼はアブ5本とホッケ2本釣って
帰って行った。
アブなんかをバス持ちだよ素手で(笑)
P_20180629_091756_vHDR_Auto.jpg

9:30ころからメタルジグ付けて始め、全く音沙汰無く時間は過ぎる。
メタルジグで表層か底まで・・・・サバ居ないじゃん。

ならばヒラメも意識して!

タイラバで底付近ポッパー気味ので表層いろいろ試して1時間半。
6インチパルスワームのチャート頭落としサイズ。40gのジグヘッドで
ガンガン攻める。
結構手前回収寸前でドン!ホントにドンって感じのバイト。
底付近からリフトするのっしりした感じはヒラメ。
だがヒラメのような引きとはまた少し違う。張り出しの向こうを
上がって来た時シマが見えた。
P_20180629_105842_vHDR_Auto.jpg
こいつのバイトはホントにびっくりした。上の写真口は開いてるが
40gのジグヘッドと約5インチ強のワームを丸呑み状態。ジグヘッドの
先っちょだけ少し見えている。それぐらいの一気食い。

午後は仕事の予定で昼上がりだ。

なかなかヒラメを出せないポイントなのだ。居るはずなんだがなあ。

posted by EzoTanuki at 01:02| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

2018 Vol.19 0623 黄金tanaさんと

日本海は波が高く条件が悪すぎます。
tanaさんに連れて行ってもらいましたよ。

黄金手コキです。

行きと帰りのエンジンです。金欠なので大半を貢ぎ物です(笑)
去年より一月遅れ。狭間なんだな。

予想以上にギスが大漁。
P_20180623_052109_vHDR_Auto.jpg

俺はソウハチ釣れても小さいぞ。
P_20180623_053846_vHDR_Auto.jpg
12cmくらいだ。大半はリリース。

tanaさんも相当手こずってます(苦笑い)
P_20180623_065502_vHDR_Auto.jpg

P_20180623_051503_vHDR_Auto.jpg

でも楽しそうですね。

そうこうしているうちになかなか引いて
P_20180623_085727_vHDR_Auto.jpg
良いマガレイが釣れてました。
時合いかと気合を入れましたがギス、ソウハチとも
サイズダウンしていく(笑)

でも突如ゴンッと刺さる奴がいた。
なんとトウベツケムゴン。
P_20180623_181335_vHDR_Auto.jpg
出会い頭の1匹だな。
フライにしてかさ増しだ。

その頃未知の生物と格闘するtanaさん(笑)
P_20180623_080820_vHDR_Auto.jpg
ぷよぷよしてるし水は噴き出すし2回も遭遇してたぞ。

あと1時間ってころにtanaセンサーが働いた。

今年は遅い(笑)

連発で釣れているボートに密かに近付いていく。
距離を20m以内に置いたとき 来ました。
マガレイです。
P_20180623_181446_vHDR_Auto.jpg
抱卵していて煮付けは美味しかったなあ。

手のひらくらいまでのソウハチ3枚
P_20180623_181546_vHDR_Auto.jpg
針吞んでしまったミニギスも・・・・

ソウハチは干して食べたらこれまた美味でした。

お時間の少ない所車から運転からありがとうございました。
posted by EzoTanuki at 13:20| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

2018 Vol.18 0616 第二ラウンド R 誰か居た?

写真はありません。無くても良かったことでしょう。

第一ラウンドから一度帰宅して一眠りしたりしたあと時間も有ったし
やりたい所もいくつもある。
夕まずめなんかも調査対象だから18:00くらいを目的にひらきんさんと
再び海に向かう。

R。

駐車帯は1台だけ。土曜の夕まずめに1台だけ。
少し眺めると波も良さげ風も出し風気味。
いつものポイント目指して行く。到着は17:40。良い時間だ。
先行の若者は既に1枚持っている。これから良い時間だし、
期待は膨らむ。
ワーム、メタルジグ、タイラバ ローテーション・・・・
1時間ほどやっても全く反応が無い。イルカは見えないぞ(笑)

そんなころのひらきんさんポイントまで来る途中の釣り人を
見に行くという。俺、見てないんですけどね。
少し小高い所まで行って戻って来た。

若者にも尋ねているが若者も一人で来ているし見てもいないと・・・・
ひらきんさんは二度とこのポイントには来ないと誓うそんな釣場と
なってしまった。

暗くなり始めて若者は帰っていく。良い時間なのだがな。
8:30くらいまで粘ったがやはり全く反応は無かった。
ガヤすら感じない。なんだろうこの日の渋さは?

そして誰を見たんだろう(゚Д゚;)・・・・そこはR。
posted by EzoTanuki at 23:15| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殉職していた メタルジグ

この前裏Pで轟沈していたんだけどメタルジグ拾ったのね。

そこに落としたもんだか放置されたもんだかキャスト後
打ち上げられたもんだか不明だ。

捨てられたなんてことはないだろうな。
P_20180618_232601_vHDR_Auto.jpg

目だけはしっかり残っている。

なにか釣れたジグなのかな?
posted by EzoTanuki at 00:45| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

2018 Vol.18 0616 第一ラウンド 裏P 轟沈


周りの情報も悪くないし久しぶりにの波風良さげな6月16日。
ひらきんさんと撒き餌してゲットしたtanaさんと珍しい
組合せで行ってみました。0時集合出発です。
現地駐車帯 車が3台。波の音も僅かだし期待が膨らんだよ。

さっさと用意して向かうと若者2人戻って来て夜中バイト多数
袋下げて帰って来ました。まだまだバイトがあったとのことで
期待は

MAX!

ポイント着。波もいい!風も気にするほどでは無い。
左の磯に1人。右の磯にあとから1人。少ないな。

期待で少しハイテンションになりながらリグをチョイス。
まだ暗いしワームをセットして
ビシュッと

ビシュッと

ビシュッと

少し明るくなってきたのでメタルジグ。
この前作った
ikanagoM.jpg
ビシュッと
ビシュッと

この前釣れたタイラバ
P_20180514_211948.jpg
ちょっと色違うけど
ビシュッと
ビシュッと


テンション 下降気味
あれれ、反応無いんですけど・・・・どうした?



作ったジグの少し小さいバージョンで着底
ゴミ引っかけたときより軽かったが僅かに生命反応は感じた。
P_20180616_033517_vHDR_Auto.jpg

この後、なにをやっても反応が無い。

5時過ぎにひらきんさんが叫ぶ。

イルカだー

目の前 沖300mほどで乱舞していた。
3箇所くらいで群れて乱舞。

テンション 

minimum

イルカのせいにして帰ることにした。

とうとうガヤ1尾で終わりだ。
竿頭はtanaさん!!

3尾。

せっかく誘ったのにすんません。

またまた 車ありがとうございました。


第二ラウンドに続きますが・・・・

夏の夜にはまだ早いお話しが・・・・

posted by EzoTanuki at 10:38| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

メタルジグ イカナゴ適当Ver.

シリコン型の出来がいいと ここぞとばかりイカナゴにこだわってみている。
釣れたヒラメや昨年のブリなんか胃袋見るとイカナゴの確率が
相当高い気がしていた。

P_20180612_113300_vHDR_Auto.jpg
こんなのに
P_20180612_114309_vHDR_Auto.jpg
模様付けたアルミテープ貼って色を付ける。
P_20180613_2155152.jpg
相当失敗 エアーブラシ必要??(笑)


ikanago.JPG
イカナゴ(写真はちょっと拝借ゴメンナサイ)

色 似てる?
続きを読む
posted by EzoTanuki at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

2018 Vol.17 0608 Gすぽっ 渋い中まさかこいつに・・・・

土日に波高いので金曜日に休むというひらきんさんと出撃。
2箇所くらいに絞っていたがGすぽっに決定。なんとALLでやりたいとのこと。
数年前ソイもいい思いをしたのでALL。

老体にALLでメタルジグを振れと(笑)

1時過ぎには現地について磯に。波が少し高い。雨マークは付いてたものの
とりあえず星も見えている。こんな感じで高い所に店開きだ。
P_20180608_013559_vHDR_Auto.jpg

磯場にひらきんさんと二人だけだ。他に車があったのと1台入って来た
のが見えていただけだ。

真っ暗な内からソイも視野にぶん投げる。途中ワームも混ぜてみたが
全く反応は無い。気持ち的にマッタリ目になってきたころ一人やってきた。
カレイを釣りながらヒラメ狙いだという。一人で来ていた。

幾分白んできたのでヒラメを意識してジグをローテーション。

とにかく、ソイにしてもヒラメにしても渋いというか反応が無い。
いつもの爆発は始まってもいい気がするのだが・・・・

肉眼で周りの様子が分かるようになってきたころガツン ガッガと
ここ特有の感触 ソイか?ヒラメか?分からない。
遠投気味で釣れることが多いのでこの巻いている時間が長く楽しい。
波にもまれて白い側が見え、本命get。
P_20180608_054129_vHDR_Auto.jpg

45cm
選んでいたのは 先日作っていたタイラバだった。
P_20180515_204421.jpg

ダイ△ーには300円で売ってるぞ(笑)

さあ、時合いかと必死に振り回す。この磯場に3人だけだ!
波がだんだん高くなる。同じところで打ってるのも飽きてきた
少し左にキャストしに行き左半身に波しぶきを思いっきり浴びる(笑)
元も場所に戻るも何事もなく時合いもバイトもなく6時を過ぎた。
ひらきんさんも1度バイトを感じただけと。
来たーっとロッドを曲げて海草を2度程見せてくれた。

6時過ぎに終漁とした。

帰りはね、体力の限界。車で移動すると助手席で速攻寝落ち。

車から運転、クーラーボックスまでありがとございました。


去年から自分なりにいい感じの誘い方を備忘録。
色々タイラバの成り立ちで本来は船で使う縦の釣りなのだろう。
自作した奴のアイが直径方向にないのは横方向に巻くために考えた。
残念ながら頭で考えただけで特に根拠はない(笑)

船での釣り方は底に落として巻いてくるだけらしい。
自分はキャスト着底後最初にリフトして海底から距離を1〜2m、速さを
1m/sくらいに保ちつつ、3~4回巻いては小さく逆トゥイッチ1回。

速さと深さは意識の問題。遠くなら少し早く巻いているし足下なら
相当ゆっくり巻いているはず。中間は難しいぞ(笑)

この逆トゥイッチは後のラバー類を踊らせてるイメージだ。カーリーテールが
チロチロするだけならジグヘッドにパルスワームで十分だろうし。


半身を刺身に
P_20180608_213818_vHDR_Auto.jpg

海の幸に感謝だ。
posted by EzoTanuki at 11:01| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

2018 Vol.16 0606 裏p 波高し(T_T)バラしたし・・・・

予報を信じてね、次の日の朝は波が高く風も付くので遅く出ても
いいから土曜の朝狙いにしたのなあ。

予想では
日曜の朝 波1.2m 風10m
土曜の朝 波0.3-0.6 風4m

夜中に駐車帯について驚いたことが2つ。
1:他に車がいないのよ・・・・
2:窓を開けたとき、波の音がね相当・・・・

波が酷くて誰も来ない???予報の見方が違う?????

まあ仕方ないよね、ここに絞ってきたわけだからね。
0.5mくらいなら問題無いっしょってことで
P_20180602_021406_vHDR_Auto.jpg

1時間ほど仮眠して準備。ホントに誰も来ない・・・・こりゃあヤバイか?
現地目指して暗い中進みますがやはり波が時折上がってます。
帰りに撮った写真です。
P_20180602_082254_vHDR_Auto.jpg
岸際は上がって洗います。
前回やったところの波ギリギリのところでできる場所をチョイス。
それでも時々しぶきは掛かり足首まで洗ってくれますよ。
えぇえぇブーツが綺麗になります。

ワーム、メタルジグ数種類、自作タイラバ、大人のバイブ・・・・

左の離れた磯には9人ほどしゃくっている。
30分もやったころだな初めて右隣の磯に1人やってきたが波かぶりだ。

色々試して無反応を味わいつつ1時間ほど経ったころ インチク風に
改造した短いメタルジグ。後にラバースカートにワームフック付けて
何投目か、割と近くにフォール中ガツンとバイト。
合わせをくれてフッキング首振ってる感じもするがヒラメと思うも
波の泡の中で姿が見えない。波にもまれて白い側が見えた!
先週よりでかいな。
タモを使いたいが波が高くてタモの使える岸に近づけない。
波に乗せて岸際の上まで上げた。その瞬間フックアウト〜〜〜〜!!!
数穂先にあるヒラメに近付くと次の波がさらっていった・・・・

とさ。

時合いかと思い2時間振り回すだけ振り回したがなにも起こらず。
あとからの人も帰り、波もかなり上がるようになったのでこの場を離れる。

アブでも持って帰らねば家に入れてもらえぬと、そこら中Gulp!を
打ちまくりなんとか










P_20180602_073025_vHDR_Auto.jpg

ガヤ。リリース。

いやあ〜〜〜〜〜

ボウズでないぞ!!

あっはっはっはっはっはっは

はああぁ・・・・

帰りに泊まりのローソンで仮眠した。眠かったなあ。
ず〜〜〜っと走ってきて余市の海。全然波が無いぞ?!

ふと、Rを思い出す。
ここもそろそろいいんじゃないか?

でも真っ昼間の11:00だ(笑)

まあ、調査ってのは実地有るのみ。

老体にムチ打つ。大げさか。
まぁ何事もなく2時間。ここはここなりの波の無い貴重な時間帯の
テストを繰り返し次の糧となったことを信じる。

さすが、体力使い果たした感があったな。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

2018 Vol.15 0526 裏p 色々実験2枚も(゚ロ゚;)

仕事でクタクタなんだが行くかってことでひらきんさんと。
話まとまったときには既に吞んでるし・・・・(笑)

25日23時過ぎ出発。それでも1時過ぎには着いて仮眠。
3時に起こされて出発。やや涼しい。風は出し風。
波は予想の倍はありました。結構しぶきが掛かります。

ワームで攻めますが数投したところでひらきんさんのロッドが
弧を描く。メタルジグでショアジギのはずだが・・・・

上がって来たのはどでかいホッケ。なんcm有ったんだろう?

それ見てすぐにメタルジグに変えたのだが かすらず移動。
メタルジグを何投かしてコンコンとホッケの感触。
ダイソーの40gギンギラギン。30cm以下 写真無し。
小さいけど食べたかったのでビニールに入れてリュックの横に。

しばらくすると袋が無くなっている。離れた所にそれらしい袋が見え、
取りに行ってみるとホッケは持ち去られていた。

カラスめ!!!

反応無いのでワームに戻す。
コンとかドスンとか感触が伝わってくるようになり全体的に活性が
高いようだ。一度重さも乗ったがバレてワームが大いにずれていた。
少し自分より左にキャストした遠投先からゆっくりめのジャークリフト
からスイミング&フォールにガガッとフッキングしたのは
P_20180526_043103.jpg

P_20180526_102506.jpg

46cm

この引き好きだなあ。
その後も当たりっぽいのを感じながら1枚釣れたので安心してテストを。

先日作ったタイラバ。
海底の高さを意識して巻いてくるとガンッと来たがフッキングしなかった。
アブにはどうかと際を流すとこれまたドスンと来て海面でバレた。40cmくらい。
ホントほぼダダ巻で食らいついて来る。

今度はオルルドの30g バイブレーション。大人の道具。
これまた結構面白い動き。頭の形状から下へ下へ潜っていく。
巻だけで海底付近を引いて来れそうだ。浅い海では使えないぞ。

数投したところでグンと重くなる。
さっきのよりだいぶ近いところ。これのほうがパワフルだった。
P_20180526_045713.jpg

でも1cm小さい45cm

しばらく間が空いて左向きの岸際ゴンゴンとアブが来る。
バイブレーション面白い。目にフッキングしてしまったので持ち帰る。
P_20180526_102553.jpg
やや左方向着水点との中間くらいを過ぎてころかガツッと感触。
ロッドを立てるとドラグも出ていく。なかなか底から上がらない。
手前まで来てかなり大きいと確信してリフトアップを試みるが、
あえなくルアーが外れた。どんな風にフッキングが甘かったかは
分からない。5時半くらいだと思う。
またタイラバに試して殉職。メタルジグも底狙いで3個殉職。

その後は当たりも遠のき6時半で終漁となる。時合いは短い。

お昼に刺身。
P_20180526_114850.jpg

胃袋の中身はオオナゴか?
P_20180526_105413.jpg

卵巣の発達は20%程度と思われる。
オスが釣れた記憶がほぼ無いのだが・・・・

晩酌に昼の残り。甘さが増すのね。
P_20180526_235807_vHDR_Auto.jpg
posted by EzoTanuki at 14:13| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

2018 Vol.14 0522 日本海でもソイ撃沈

訳あって22日午後からヒラフで仕事をしてしまおうと思い、前日から
寿都に乗り込むという分けのわからない行動に至る。

本当は○○きんさんがこの日行く予定だったが仕事が忙しく断念。
一人で行って結果はそれはそれでね・・・・

出発から財布を忘れて30分タイムロス。
1:30ころからようやくスタート。波風はほぼ無し。

いやこれが渋い渋い・・・・イカを意識したり小魚意識したり、
もぉサイズ落としてシンカー落として3gにシュラッグミノーでも

無反応。

仕方なくGulp!

Gulp!

1時間もやってようやく
P_20180522_022634.jpg

さすがGulp!

30分経ってもその後当たりすら無く移動。
帰りがけイケスの辺りで

具lp!にコン。
P_20180522_030330.jpg

ちょっとスポーニングっぽいのでリリース。
ここをあきらめ弁慶の駐車場で仮眠。

4時頃 軍艦岩なぞ上から覗く。
3人〜4人くらい乗っている。大半が投げ釣りのようだ。

2人ほどホッケの浮き釣りをしている手前の磯に行って見ることにした。
この二人はすぐに釣れないと帰ってしまった。

波は徐々に高くなっていく。軍艦では厳しい。風は少しだけだ。

これがまた浅いんですな。着水着底がすぐな気がする。5m有るかなあ。
途中奴っぽい当たりは2回。期待したが続かない反応。

途中ホッケは釣れた。小さめの当たりだったが引くのよねえ。
抵抗も結構でかいしドラグもジリっといって少し大きいのを
期待したが残念。ホッケのややスレ掛かりだった。
P_20180522_052503.jpg
しかもだ、30cm満たない青ボッケ。

時間的にここはもう見切りを付けた。
弁慶岬。車は10台ほど。上から眺めると釣り人は7人くらいだ。
マッタリしている。

中に2人ほど投げ釣り師が居るのだが釣れtる感じも無い。
ここも降りる気が起きず移動。

通称(○○きんさんとそう呼んでいる)シゲ磯。教えてくれた人のね。

ここでもメタルジグなど・・・・

3度程アメマスのチェイスが有った。一度だけ咥えたような感触はあった。
相当振り回したが風が強くなってきたので終漁だ。仕事に向かう。

それにしても今年は渋い。ま、狙いを外してるってことね。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

2018 Vol.13 0519 太平洋 ソイ撃沈

tanaさんに連れて行っていただきました。
ありがとうございました。

連れて行ってもらったにもかかわらず苫小牧東港に行きたいと
ごねるジジイにあきれて走ってくれたことでしょう。

20:30過ぎ、準備して向かいますが戻ってくる若者に尋ねると

全く釣れない!

っと、ごねて連れてきてもらった身を一刀両断。

やべえ、相当やべえ。

気を取り直してポイント手前に行くと真っ茶色!
あとで気がついたがうねりで海底の泥を巻き上げてるようだ。
一度反応を感じただけ。方向変えても同じく2時間ほどやるも
反応が有っただけ。活性を感じない。

tanaさんが行きたかった方面に行くことに。

本当にすみませんでしたあ!!(_|_)

そちらに着くとすぐに釣れた。
P_20180519_235601.jpg

魚の反応が有るっていうのはいいですね。
テトラ際 意外と重さがあったのは
P_20180520_001434.jpg

小マゾイ。
P_20180520_000258.jpg

ダウン
P_20180520_002511.jpg

これもリリース
P_20180520_002949.jpg

あとはガヤコガヤガヤコガヤコガヤコガヤガヤコガヤコガヤコガヤ
どんどん小さくなる感じで(笑)

tanaさんはクロゾイを釣っている。

2:30過ぎ終漁となりました。
懲りずにまたよろしくです。

難しい日だったのかなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 13:20| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

2018 Vol.12 0515 北方面色々

15日になってから出かける。
眠いけどな。寝てしまうと起きられそうもないのでってことだ。

北方面ね、増毛とか雄冬でホッケがあがているそうな。
サクラも石狩湾を渡り出始めている。

サクラは釣れたことも無いので夜ソイやって朝方ホッケ見て
どこか気に入ったサーフがあったら色々ぶん投げようという計画。
最悪アブポイントもあるので何かしら獲物は・・・・ウハウハだよ。

雄冬に2時頃着いて先ずはソイ狙い。結構寒く防寒服だ。

ガヤガヤガヤガソヤガヤガヤガ
ヤガヤガヤガヤイガヤガヤガやぁ
P_20180515_023349.jpg
ついつい粘って4:30になってしまった。寝る時間無くなった・・・・

ホッケ見に行ってみる。
投げ釣り含めて20人くらい居るんだが6:15ころまで見た魚は
ホッケ5本。

崖沿い、雲がダイナミクだ。
P_20180515_063813.jpg

やる気にもなれないので南下。

郡別の河口って初めて見たなあ。見た感じ深い感じはしないなあ。
凄いゴロタの海岸だ沈み気味の石の上は緑色のコケだらけ。
スパイク履いてるんだが役に立たない。
足場は乾いたゴロタ石の上だけだ。誰も居ないさね。
掛かったって足下滑って何も出来ん!!掛かったらどうすべ?(笑)

ここはジグミノーキャストお〜〜〜
糸ふけ取って着底しないようにテンション・・・・テンション・・・・
テン・・・・いや、これもうなんか喰ってるから・・・・

走る走る走る・・・・俺は動けない(笑)

なぜかラインがどこ向いてるかよく見えない。ロッドの方向だと
既に自分から見て左側の海岸の岩でない障害物の向こう側の方向らしい。
なんとかいなしながら障害物の右に誘導、ゴロタの間の水の有るところに
強引に引っ張ると茶色か銀色かアカハラかとも思ったがアメのようだ。
結構な暴れっぷりだ。足下の岩の間で大暴れしてジグミノーも砕けると
同時にフックも外れた。手が届く。
片足をコケの上に置きなんとかフックを挿し直してギャフ代わりにした。

P_20180515_073105.jpg

51cm程。アメマスとしては1cm更新(笑)かなり太めだ。
P_20180515_073133.jpg

殉職したジグミノーと。
かみさんが好きだというのでお持ち帰りにした。

あと1時間くらい格闘したが音沙汰無くゴロタはやりづらいと

学習した。

さらに南下。送毛も初めてだったが見に行ってみた。ここは見たのみ。
いい時期もありそうだ。

浜益のサーフ。ルアーの動きの確認中心。
そりゃあなにか掛かってくれたらさらに嬉しいが甘くないな。
フローティングやシンキングの確認が出来たが釣れるわけでは無い。

10:00くらいに車に戻ると少々力尽きた。1時間ほどうとうとした。

見ていると濁りとゴミが凄くなってきたようだ。
あきらめて南下。

濃昼の漁港の河口側で少し振ることに。
相当濁っている。アブを狙いに来たというおねえちゃんがいた。
一人で来るというなかなかの強者だ。俺よりでかいタモ持ってたぞ(笑)
釣れたかな?

30分ほどやるもここもなにも起きず。

いよいよ、アブポイントで少し稼ぐときが来た。何年ぶりか?
通り道
P_20180515_142958.jpg

P_20180515_142853.jpg

自然の営み。2頭ほどの骸があった。

海はというと1mくらいしか透明度がない激濁り。
1時間半ほどやったがこの海岸で初めてなにも当たらなかった。

新しい道の駅を眺めて終漁とした。
アメマスの胃袋はキビナゴと思われる10cm程の魚が3匹だった。
殉職したジグミノーはピッタリだったかもしれない。
それと、この太さくらいになると脂が乗ってかなり美味しいんだね。
P_20180515_233559.jpg

ちょっと感激した。

ちと疲れた釣行だったな。ジジイには堪えるわい。
posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

知ってますか?4月が終わるんですよ!!1年の3分の1が・・・・

ウダウダしている間に4月が終わります。
今年は釣りの回数も激減ちう。行けても全然釣れないし。

たった1回、まともに釣れたのスケソ情報の次の日に行けたときだけだ。
それだって波風条件悪化していてあきらめてガヤ狙いに元の場所に
戻ったら寄っていたっていう・・・・
3月4月の食糧調達任務はほぼ失敗。
従兄弟のところの手伝いも今はきつい段階。
収入も少なく貧乏街道ど真ん中だ(笑)

今日はね、畑山さんのお通夜。
仕事の都合で全然間に合わず。みんなと話して弔うつもりも
挟まる余地など無いほど人が沢山。人望だよね。ご冥福を。

五月に入ったらいつ釣りに行けるんだ?
3日の朝?
6日の夜〜?

サクラ釣りたいなあ。おっきいの食べたいなあ。
ホッケも食べたいなあ。ヤリも食べたいなあ・・・・

釣れる釣り行きたいなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 23:17| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

2018 Vol.11 0429 白岩 狙いはサクラ

写真は帰り際。
DSC007852.jpg

狙いはサクラ!

とは書いてるもののホントは前日の夜から西海岸でハチガラ、ホッケも
釣れたらいいなあと28日22時過ぎに出ていたのだ。

ひらきんさんから波うねり凄そうだと聞かされていたのね。
そりゃあもう 千畳敷なんて真ん中辺まで洗っていたよ。
弁天島なんかも車無し!眺めながら北上し、当丸峠越えたさね。

古平側に降りると出し風の分波は死んでた。だが、山から下る風は
凄い強かった。
白岩まで走ったよ。駐車帯に停めて寝る。風で車が揺れる。
それに寒くて目が覚める。防寒着着たよ。
朝4時過ぎに目が覚めた。もう明るいんだな。

4:30ころ様子を見に上がった。寒い。風が強く冷たい。
少し眺めているとヌッと海面に何か出る。

イルカだ。ワッカケを回り込んだ辺りから余市方面にかけて
おびただしい数の群れが移動して行く。

だがだんだん近付いてくる。
移動して行くのだと思ったが反対向きの奴もいる。


これ相当下にベイト居るよねえ。ホッケだろうとは思うけどな。
映っている投げ釣り師も一時呆然。
こんなありさまのこの岩場はパスして先端から打つことにした。
先行者の邪魔にならない様に入れてもらって打ち込むがさあっパリ。
隣の上の投げ釣り師はギスカジカを連発。内心笑っていると
P_20180429_060938.jpg
相当な数がいそうだ。

こりゃもうダメだと眺めると岩場が一人減って行けそうだ。
投げ師に聞いてみるとこちらもギスカジカの超猛攻。

2時間ほど振り倒すも何も起きない。

イルカ恐るべし。
posted by EzoTanuki at 23:17| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

2018 Vol.10 0425 岩内-弁天島 サクラ狙い当然惨敗

無理繰り行ったさ。
朝目が覚めた時間で考えようとした朝、5:30目覚めた。
6:00出発う〜〜〜。
情報を持っていないので 気の向くままに走るのね。
後で聞いたらもうそこら辺にはいなかったらしい(笑)

これ以上進むと釣る時間が無くなりそうな岩内の防波堤でキャスト!!
1投目最初の着底速攻根掛かり、リールから1mくらいで高切れ。
軽いキャストとは言え70mは失ったな。

一瞬、帰ろうかとも思ったよ!(笑)

気を取り直してリーダー巻いて10回くらいキャストしたかな?
萎えて移動。

千畳敷を眺めると大きめのカレイがあがっているのが見えた。
北側の面でホッケが揚がっていた。少しマッタリ目だな。

メタルジグで入ると迷惑そうな感じなのでそのまま北上。
各磯場をただただ眺めながら弁天島まで来た。

車はたったの1台。

空いてるとこ好き!

迷わず準備して向かう。年配の2人ほどホッケ浮き釣り。
聞いてみたところ今は止まったとのこと。周りには結構オキアミが
巻かれたあとがある。良い時間帯もあったのかもしれない。
隣でサクラ狙いで一応サクラ狙いで初めて見た。
何回かキャストすると魚が付いてきていた。それと同じくして
浮き釣りにホッケが掛かり始める。

これありだよな。
メタルジグにホッケも付いてきて寄り始める。
浮き釣りもまた釣れ始める感じだ。あとで2袋くらい持っていった。

なんの魚か確認出来ないチェイスを3回程。しかも全部ギラギラしない。
既にあきらめモード。ホッケくらいは釣れるかと思ったが甘かったな。

戻りしな浅いところでも少し振ってみた。回収寸前に40cm行かない
くらいのアメマスがアタック。フッキングせずに反転した。

やる気も失せて終漁。
posted by EzoTanuki at 22:36| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
あらあら最後まで見たんですか? 
お疲れ様です(笑)
そろそろサケの準備も聞こえてきましたよ。
懲りずによろしくお願いします。
たくさん釣れているblogはこちらに有ります!