2017年02月09日

穴が空いているはずのノックアウト

今日立会で作業を見ていて面白いものを見た。
機材を扱っていると事前に穴を加工しやすいように事前に
穴を開け穴を次から開けやすいようにしておく技術?に
ノックアウトと言われているものがある。

こんな感じだ。
P_20170209_110130.jpg

穴っぽい感じが4個見て取れるだろう。
我々工事しているものが考える常識では『ノックアウト』、たたけば
その形で抜けてくれるはずである。

ところがだ。
この空調機のノックアウトは何ら1枚板(鉄板)とほぼ変わらない。
職人に聞くと穴の部分をたたくと鉄板全体が歪むだけなんだそうだ。

ドリルで穴を開けハサミで切りペンチでめくり上げる。
P_20170209_110140.jpg

DSC03653.jpg

見ていてかわいそうになった。以前たたいてえらい目に遭ったのだ
そうだ。

メーカーの人が見たら分かるだろう。
あまりに酷いので改善してな。
posted by EzoTanuki at 23:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446850794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック