にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
また見に来たんですか?(笑)
もっとたくさん釣れている
blogはこちらからどうぞ

2013年06月05日

2013 Vol.16 0601-2 小谷石-涌元

所用で知内に行ったので2カ所の漁港を。事前に何も調べることが出来ずソイは釣れるべぇと・・・・

20時過ぎに小谷石から。
到着すると地元の人がいたので声をかけて見るもとなりの漁港に
イワシが入ったのでこちらにも来てみたが、釣れても小さいソイだな。
とのこと。テンションが・・・・

外はけっこう波が有り外海側は無理。
先端部やら内側にある突堤やテトラ周りを探る。

まったくはんのうがない!........orz

1時間半ノーバイト。
戻ってきて船だまりの真ん中辺でようやくバイト。のみ(笑)

車の近くに戻ると別の釣り師がいる。
外灯近くの魚を捕っているようだ。たぶん数匹釣って帰った様子。

外灯の光の範囲に30cmくらいまでのソイが群れていたが釣れない。
遠目に投げてようやく出てきた。
DSC00089.jpg

遅くなったが涌元に移動してみる。滅多に来ることはないだろうし。
ここも地元の人がいて聞いてみるとヤリイカゲットしていた。
話ではやはり外側テトラでソイは出るそうだ。
迷わずテトラ側に入る。ここはググってみると外側に沖テトラがある。
条件的にはいいはずだ。

小さいのが釣れた。
DSC00090.jpg

少し移動してもう1匹追加。
DSC00091.jpg

すぐに反応はなくなる。
先端部に移動してみる。沈みテトラにけっこう擦ってしまう。
障害物のないところはまったくはんのうがない。

ここでも小さいのが1匹。
DSC00092.jpg

海草から回収するときにテトラ角で
ラインに傷も入っているのだろう。この日唯一の30ぅpは
水面から出ずにラインがPEで切れた。

なんだか力尽きた。若干寝不足で知内まで来て既に翌日午前2時だ(笑)

帰りがてら車近くの水面にそれは居た。
DSC00093.jpg

60cm はある オニイソメだ。道南では蛇虫と言うらしい。
数年前に別blogで見てから何時か見てみたいと思っていた。

なんだか念願叶って終漁だ。
数時間寝て札幌に帰る。

posted by EzoTanuki at 11:40| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

2013年 土いぢりの季節です。

5月26日
とうとう畑を起こした。

before
DSC00059.jpg

after
DSC00060.jpg

出てきたプランターはイチゴだ。
今年初めて『春に植え替えをしない』イチゴ作り。

昨年の内にランナーをプランターに定着させておいた。
上手く行きますように。

5月27日
買っておいた苗を植えた。植えたときの写真は紛失した。
DSC00141.jpg  DSC00145.jpg

6月4日
根付きもいいようでとりあえずこんな感じのスタートになりました。
ジャガイモ
DSC00143.jpg

枝豆
DSC00142.jpg

キュウリ、茄子
DSC00144.jpg

イチゴ
DSC00147.jpg  DSC00146.jpg
予想以上にイチゴの花が付いている。
期待してます。

ミニトマト
DSC00149.jpg

ピーマン
DSC00150.jpg

トマト
DSC00151.jpg

あちこちはびこる 娘のラズベリー
DSC00148.jpg  DSC00152.jpg

DSC00153.jpg  DSC00154.jpg
posted by EzoTanuki at 18:08| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 土いぢり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

2013 Vol.17 0606-7 増毛雄冬


以前から気になっていた増毛漁港21:30頃到着。

ヤリ狙いの浮きがたくさん浮いてますが・・・・
聞いてみると時合いは終わったと・・・・

群がいるような気配は有りません。

目標のポイントに行ってみますが高いんですねぇ。
テトラ側は 乗れるような所はちょっと見では見つからず(汗;

1時間ほどバイト無し。

Gulp!で1時間 1バイト?!

まったく期待外れ・・・・

戻りながら途中のテトラ帯。根本でようやく小ゾイ1匹。
DSC00156.jpg

その後も異常なし。

0:30あきらめた。
帰りにふと雄冬のテトラも気になり思わず下車(笑)

意外と早くゴンと喰っていい引きで上がってきたガヤ。
20cm位なんだけどな(笑)
DSC00157.jpg

北方面もこんなに悪いの?
潮回り?
もちろん腕?
ヤリイカいるとダメ?
感?




あっ!、運?

溜まってますかね?
posted by EzoTanuki at 12:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

2013 Vol.18 0609 ドS

DSC00162.jpg
パパのサイトに積丹サーフにてヒラメが出たとの情報。ムズムズして仕方がない(笑)

試したい考え(持論)も有ったしね。
17:30ころ到着。もっと早く出るつもりが仕事の電話で・・・・

仕事は大事です。

予報では波 0.2m-0.3m 現地はかなりのうねりです。
いつもの立ち位置が波上がります。何度か長靴に水が(汗;
大きめのうねりが見えると安全な場所まで退避しながらの釣りです。

昨年暮れに痛めた左肘。痛くて左腕でロッドを支え続けられない。
今年から右持ち左巻き。

巻き方 ひっどいぎこちなくて笑っちゃいます。
巻くたびにロッドも大きく揺れる・・・・Σ(゚ロ゚;)ハッ!

それがいいのか?

まだまだ明るいので アブ狙いつつ(笑)
12gくらいのジグヘッドにHRFソニックアーム 茶色いの

まったく反応ないまま1時間経過。でも効果有ったかも(笑)
少しうねりが大きい時間帯なので待避。
ついでにロッドをロングロッドに変え、リグも今年バージョンに
変更する。少し試し打ち。
見やすいところにキャスト、巻き巻きを繰り返すが
チョット難しい。逆手だし・・・・

19時を回ってから陽が落ちる。長くなった。
左にリグを遠投したまま写真(笑) あああ、いい夕日だ。
IMG00164.jpg

試しのリグを速度変えながら巻き巻き。

もうすぐ着底するかなーって時に静かに重く

どっ!

リグが止まる。確かに止まるという感じ。
根掛かりに近い止まり方。でも強制的な止まり方。

ロッドをあおる。
反応無し。

2回目あおる。

いる。

左の根の向こう側。左の隙間に誘導を試みる。根掛かりに匹敵する
重さ、時々ドラグを出して潜っていく。左隙間の水面下、姿を見たが
かなりでかい。寄せようとするが一気に潜る。ドラグが出っぱなし。
ちょっとゆるいのか。だがしかし

逆手!(笑)

左手でのドラグの操作に慣れてない(爆
心身共にアタフタした。

で、とうとう正面の根の向こうに回られてしまった。
少しドラグを締めて格闘。やつは右を向いて沖に移動している。
逆らわずに右の隙間方向に来るのをいなしながら待った。

回り込んだのを見計らってリフト。何度も潜る。
ようやく右隙間に現れたが重くて顔すら出さない。
頭が出ない=何度でも潜る。
しかも逆手。タモのぶら下がってるのは右手側。

ロッドを左手に持ち替えてタモを扱うことになる。
ロッドを持ち替える→その瞬間走られる事2回。

さらに心身共にアタフタした。

なんとか入れましたよ。
IMG00165.jpg

両手が震えていた。後からしびれたし。

養殖?放流物ですね。昨年の物よりもの凄く歯が鋭い。
DSC00161.jpg  DSC00160.jpg

70cm とんでもないヒラメシーズン開幕。

カラフト釣れない。鮭も釣れない。ヤリイカもマメイカもダメ。
アメマスも無し。桜も当然釣れない。そしてビッグママも・・・・



ビッグママヒラメでした。
DSC00163.jpg


本当はママは釣りたくないのですが捌くまでわかりません。

最初に目標の大きさ(60cm)を超えてしまった。

どうすべ。

もう一つの目標は40up 年3枚。

後2枚だ。

posted by EzoTanuki at 11:50| 北海道 ☔| Comment(24) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

2013 Vol.19 0612 石狩

マメイカ調査です。何時も釣れないマメイカ。
南東の風がけっこう有り肌寒い。
有名どころは混んでるだろうなあと空いてるところへ。

21時頃到着しましたが 周りにマメやっていそうな人はいません。
LED 0.5W1個で集魚(爆

外したかなあと思いましたが居ましたよ。
DSC00165.jpg

その後も1ハイ追加

ここで続けざまに2パーティーが少し離れたところで大光量の
ライトを投入。

まったくイカが来なくなりました(笑)



posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

2013 Vol.20 0613 濃昼

毎年いっていた濃昼。調査だけはしないと・・・・
20:20 スタート
南東の強風 気温は高いようだ。

ロック1名 イカ浮き2個 確認
釣れている様子はない。

3.5gのジグヘッドにいろいろ付けてみますが
全く何事もありません。

重いリグやいろいろ試し移動もしますが

1バイトのみ フッキングもせず23時を過ぎて終了。
ひどいもんです。

根掛かり一度もありません。
あの濃昼が根掛かりしないんです。これでは・・・・
posted by EzoTanuki at 11:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

2013 Vol.21 0615 小樽調査

ひ〜〜〜〜様狙って6年釣れていない灯台下。今年も何度か行くのかなあ。
行ってみないことには確率の数字にもなりません(笑)

天気も良いしあったかい。海側から回り込むと
西風ビュウビュウ。しかも霧。

まずは新リグ 21g 赤パルス 6インチ。
1時間ほどで根掛かりロスト。バイト?1。
21gでも風に流されて着底があやふやだ。

40gのメタルジグにしてみる。
2度ほど小さいバイト。

風が少し収まってきたので21gパワーシャッドで振り倒し、
19:00 磯から撤退。

りっぴ〜さんも来るというので漁港に移動。
ここも1バイトのみ。

りっぴ〜さんお久しぶりです。何時も呑み会の席、乙です(笑)

なぜか話が弾んで1名その場で釣り仲間が増えていきます。
もう早22:00 高島漁港に行ってみましょうとなり駐車帯に
戻ると増えた釣り仲間は原チャリ(スクーター)だった。

忍路まで行った帰りだという。とりあえず許可を得てないので Y青年。

どこから来たの?の問い掛けに

『南区』




はっ??

26歳の若者だ。老眼まっただ中の俺は驚いた。
とりあえず高島に移動してみると人人車車・・・・
こんな混んでる高島防波堤は初めてだ。

とてもロングロッドをブンブン振る気にはなれず話し込んでしまった。
有意義だったかどうか分からないがジジイの持論に





心身共に うんざりしたことだろう。

わはははははははは

0:00を過ぎて解散。無事帰れたらしいので安心。
なんだか『車に乗せて釣りに連れて行ったやる』という男気に
Y青年と盛り上がっていたので来週とかも行くんでしょうなあ(笑)


posted by EzoTanuki at 22:29| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

2013 Vol.22 0616 石狩昼マメ調査


午後から昼間のマメ調査

この前とは雨を挟んでなのか かなりの濁り。
周りで上がっているおはグイウー様のみ。

少し離れている、ここでは外側になるところで
数ハイ釣れているようだがもたもたしている間に
場所がなくなった。
かなり粘るも全く反応無し。
反対側に移動してみた。一人バケツにマメが。

期待するも全く反応無し。

ちょっと外側に行くと先ほどバケツの人が
立て続けに3バイ。上手いですね。この方その後も
十数匹追加して行く。明るい色のエギだ。

同じようなパターンを真似てものりません。
沈めても浮かしても中間もダメだ。明るい小さいエギがない。

後はエギの種類の問題か?












腕です。はいはい、分かっています。





回収間際まで追ってきたマメを見逃さなかった。
ゆっくり沈めて2度ほど重さを確認すると
のりました。1.5mも沈むと濁りで見えません。

近くに居るのかと思い探ると居ない。
中間の距離に投げて沈めると1パイのった。

追ってきて見える深さで抱いたがばれた。

ようやく中間から巻いてきたやつに1パイ。

4時間半で3バイ


調査結果でした。
posted by EzoTanuki at 09:29| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

2013 Vol.23 0618 石狩意地マメ

hojoさんが行っているのでみなさんの釣り方を参考にすべく出撃です。
hojoさん発電機でライト担当です。

いえ、


ライト ありがとうございます。

みなさんポツポツ上がります。
自分は釣れません。

時々群がやって来ます。が、
自分には釣れません。

真似をしてもやはり釣れないもんだな。

そのうち発電機の燃料が切れました。
いよいよ自分には釣れません。

レッドさんが帰り他の人も帰り
hojoさんも引き上げていきました。



はぁ~~~~~~~~釣れません。



何をしたのか1匹乗ってました。

22:00をまわり大きく移動。
本当は近いんだけど道に迷って大回りさ(笑)

前回、3バイ釣れたところに行ってみる。
ちょうどスペースが空いていた。
1時間以上かかって3ハイ追加。

ワームリグにも乗ったぞ。
ちょっと見るとヤリの群がやって来た。
自分に釣れるわけ無いだろお(怒

が、意地のスイッチが入ったような・・・・
あまりに釣れないふがいなさにマメイカがそこにいるのに
少し腹が立っていた。

エギ4種類試してきたが やはり腕の問題だ。

そんなころかみさんから電話。その返事に

『もうちょっとで止めるかなあ〜〜』

嘘です。続行しました。

とにかくここで釣れたパターンを繰り返す。
我慢して沈めていくと乗るようだ。
これは厳しい釣りだ。糸のテンションがある内は
乗らないようだ。テンションをかけたときに
乗ったかどうかを1回1回確認するような感じで
徐々に群が寄ったときは乗るようになってきた。

ヤリの群は何回かやって来た。
釣れることは無い。奴らアクションの無いエギにだけ
興味を示す。少しでも動かすとバックしていく。

釣れなくなって、疲れてきたころ時計を見ると2時になるところだ。

数えると15ハイ 上出来だ。
DSC00171.jpg


ひとつの引出は出来たと思う。
昼に刺身。夜はあっさりと湯がいた。
両方とも旨かったぞ。



posted by EzoTanuki at 21:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

2013 Vol.24 0622 小幌

IMG00175.jpg

小幌第一弾。第一弾????

7月入ったら行きましょうとメールを打つと
今週行きましょうと返事が・・・・
調べると水温的にもシーズンインのようだ。

小躍りしてたよ(笑)

昨年に続きZさんに連れて行っていただきました。
ありがとうございます。助かってます。
DSC00176.jpg

今年もtaniさん一緒です。
DSC00177.jpg


6時頃から釣りスタート。
先行して2人が釣ってます。聞くとワームでカレイが
釣れたそうだ。taniさん 早々カジカ釣ってます。

今回も新リグ試していきます。1オンスバージョンです。
リグの名前を・・・・ジジイのリグ

ジジリグにしておこうか(笑)

ちょこっと打ち込んでは移動して行きます。

アブの反応もない・・・・ 

降りて右の最初のジャンプポイント。
ヒラリと加齢に飛んだ瞬間

『ブチブチ』

えっ?何?


タモの網か何かが岩に引っかかりショルダーベルトが
2カ所とも外れて落下、溝に沈んでいきました。

また、タモ殉職です。しばらくジグヘッドで探りましたが
引っかかっては来ませんでしたまた出費だなあ。
タモに関しては痛い落とし方ばっかりだ。

8時頃、いつもの大移動。

先に来ていた2人もとっくに移動して行っていた。

移動して少し左に投げた赤パルス6インチにグンッゴンッ!
グイ!っとあわせ!!!ワーム。半分になって戻ってきました。

テンション上がります。

遠くに居た先行者にヒラメが釣れたのが見えた。

テンション上がります。

ド干潮時間帯の9時頃正面に打っていたやつに元気なゴンゴン!
さっきテールだけ喰われているのでちょと待ってからグイ!!

ゴンゴンゴンゴンと首振る感じ。『魚居た〜〜〜』っと、叫んでいた(笑)
大きめのアブ・・・・アブ・・・アブが上がってきません・・・・
ドラグがキリキリ言う程度ですがアブじゃ無さそうだ。
ゆっくり上がってきた。真下にひ〜〜〜様が見える。
でっかい声と態度で『60cmくらいかな〜〜〜』
タモを失っているのでお願いしました。

目測誤りました。60全然有りませんでした(恥)
DSC00174.jpg  IMG00177.jpg
55
別に60にこだわったわけではありません。モエビオレンジテールでした。
心底嬉しいんですよ目測を5cmも見誤ったことに恥ずかしさを・・・・

老眼かなあ・・・・

後はまた沈黙の時間。右の方に打ったやつにちょっと反応。
モエビオレンジテールがジグヘッドから消えました。
あたりは有ったし大合わせしたわけでも無いのにワームが
無くなってました。どうやって取ってったベ???

11時を過ぎてまた大移動。少しやてる間にタモサルベージに挑戦。
1オンスシンカーに3.0 オフセット付けワームを付けずにタモ探し。
ノーワームでタモを探しているだけなのに邪魔をされる。
DSC00178.jpg  DSC00179.jpg

ワームは無くてもいいらしい(爆

タモを掬えず!・・・・上手いこと言っても出費には変わらず。

55cmだってもちろん嬉しいんです。こんなニヤケ顔ですから。















DSC00175.jpg
posted by EzoTanuki at 10:34| 北海道 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

一昨日 半身を

食べ頃なサイズというヒラメ。半身を刺身にしました。

DSC00180.jpg

写真を撮るときもう隙間が出来てた。

甘みが有って止められない。
昨年夏まで高価でちっとも食べられなかった。
高価なのは変わらないのだろうが嬉しいことに
食べられる。

自然からの恵みに感謝だ。

翌朝少し残ったのを茶漬けに入れた。

自然からの恵みに感謝だ!
posted by EzoTanuki at 23:03| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

2013 Vol.25 0629 白岩スタート

かみさんからの指令でアブラコ狙いです。
昔よく投げ釣りに行った漁港に行ってみた。
ここよくカレイ釣りに来てたんですよ!
DSC00182.jpg  DSC00184.jpg

綺麗な海なんです。透明度もすばらしく
DSC00188.jpg

ところが数年前カレイが全然釣れなくなりました。
それよりも点在していた根が全く無くなり砂の堆積が
著しく浅くなったようです。
アブのポイントは知っていたので行こうと思いましたが
長靴を忘れました・・・・凄いショックだった・・・・

ま、テトラ周りにもアブはいるはず。・・・・でした。
のんびりした物でお昼の到着です。
凄い良い天気で暑い。汗が出るほどだ。・・・・ったのに。

昨日手に入れたタモ枠。とりあえず古い4mの柄に付けてきた。
IMG00188.jpg
それにして60cmくらいのアメマスのチェイスはワクワクする。
一度は巨体3匹のチェイス。ワームまで数cmなんだが飛びつかない。

夕方まで全く異常なし。18時を過ぎると寒くなってきた。
一番よさげな時間に寒くて車に戻るというていたらく。

暖を取って移動しました。19:50
走って行くと忍路が見えました。ここも浮き釣りの
ホームだった。寄ってみましたが1時間とモチベーションが
持ちません。

ドS漁港に着いたのは21:30 とっくに自分的時合いは過ぎている。

反応が少ない。ただ何かは居る。振り向くな!(((゚違゚;))))
22:00も過ぎたころ得体の知れないバイトすぐあと根掛かり。
海を背にしてリグの組み直し中、暗闇の海の方から聞こえる。





フゴ〜〜〜〜ブシュ〜〜〜〜




たぶんトド!
それから30分ほど全く魚の気配が無くなった。
少し気配が回復して間もなく
DSC00190.jpg

それにしてもちぎれた海草がかなり漂っている。
しょっちゅうリグに絡んで来る。藻が絡んだ重さだったので
高速回収している最期目の前で何かが水面まで出てきた。
水面で反転したが何かまで確認出来なかった。
かなりの大きさだったが・・・・なんだろうな。

パワーシャッド5インチを付けているとき興味深いバイトも感じた。
同じような場所を何度かいろいろせめたが同じバイトは無かった。

代わりにゴゴゴっとけっこうなバイトと引き心地。
DSC00191.jpg
けっこうパワフルな色の濃いクロゾイ。29.5cm

0:00を回る。
体力が尽きた。移動時間とちょっと休憩入れても
11時間ぐらいロッドを振っていた。帰りの眠いこと・・・

アブ狙い不発。


posted by EzoTanuki at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
最後まで見ちゃったんですね?
お疲れ様でした。ありがとうございます。