にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
また見に来たんですか?(笑)
もっとたくさん釣れている
blogはこちらからどうぞ

2013年04月02日

2013 Vol.4 0401 小樽南防波堤

釣れたことのない早春小樽南のクロガシラ(笑)

今年もいい話は聞きませんねぇ。それでも行かなければ
釣れることはないのでやはり行ってみるわけです。
仕事先から来なくていいって言われ 時間が出来た午後、
15:00近くに出発し、小樽方向へ向かいます。
何せ風が強く車があおられる。
別の港も考えたが風向きも悪いし強風だ。
風を背に出来る南防波堤にふらふらと・・・・

2時間強やってましたがガヤ2、カジカ1で終了。
IMG00017.jpg

途中、戻ってくる釣り人の一人がぶら下げた獲物が入った
ビニール袋。いないわけではないんだな。

釣り始めて間もなく背中にバラバラ当たる感じがすると思ったら
あられに始まり吹雪!みぞれ吹雪に後半は雨だ・・・・過酷だ。
全然春の釣りじゃねえぞ(笑)
posted by EzoTanuki at 19:00| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

パケホ(実際は違うが)節約その情報の伝播・・・・か?

自分のスマホとパケ代節約術が仕事のお付き合いの中で
年配の方々に支持されている。

お二人とも60代。

Oさん。
以前からPC接続用パケ代ですから基本料金2500円。
そしてちょっとでもネットにアクセスするとすぐに上限の
5000円に達するらしい。使わない月でも基本料金が
かかるんですね。
そんな時に自分のパケ代節約の話を聞いて驚いてくれていた(笑)

数日前、元の契約を止めたので詳しく聞きたいと電話が来た。
説明はしてきたのでどの方法を選ぶか判断待ちです。

Iさん。
元々、パソコンは詳しい人です。
最近、息子さんが余したアイポンをもらったので自宅Wi-Fiで
使用中でしたが、外で使う話になったとき これまた自分の
節約方法が気になったようです。
Wi-Fiルータの持ち歩きによるPCとアイポン併用。

お二人とも電話はガラケーだ(笑)

あっ!、ガラケーって「ただの旧タイプ携帯電話」って意味では
ないですからね!
日本という島の中で進化(世界では理解できないほど)してしまった
日本固有の携帯電話のことですよ。日本のスマホ化が遅れた理由ね。

Oさんはショップで
「スマホにするとパケ代が5000円以上発生します」
と言われて二の足を踏みました。

Iさんは奥さんのiPadとのパケ代に少々おののき気味です。

今回、節約情報を得てWi-Fiルータに踏み切ります。
Oさんもスマホとガラケーの2台持ちになりそうだ。

この辺、2台持ちがキモなんだよねえ。
2台持つことに抵抗がない?
節約することに抵抗がない?
まぁ年間数万円から家族含めると十数万円違うとなると
抵抗なんて出来ませんなぁ。
posted by EzoTanuki at 23:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱそこんとか?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

仕事が落ち着いてきた。いいことではないのだが・・・・

今年はまだ4回しか釣り行ってないし、スキーも2回だけだ。忙しい思いはしているのに稼ぎはのびない。
仕事で余計な手間がかかって実稼働以上に日数だけは積み上がる。
そして仕事が同じ日に重なる。稼げないのだ。
ようやく、大潮前の8日あたりに何かしら行って見よと思っていたのに

雨である。

台風並みに発達する低気圧が有るのだが熱帯性ではないために
台風とは呼ばない。この日曜月曜はいわゆる『嵐』になるんだそうだ。

嵐にもなると濁りも残り木曜日以降でないと厳しいな。

そろそろまともな釣りに行きたいぞ。
posted by EzoTanuki at 23:35| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

最大ドラグ力/実用ドラグ力 疑問解決か?

以前リール入手を考えた頃、やはり調べたな。ネットでだいぶググったものです。
ダイワのサイトとシマノのサイト。穴が空くほど探した気がする。
でも探すことは出来なかった。

ネット上に質問回答サイトがたくさんあっていろんな回答がある。
どれが本当さ?

最大ドラグ力
1※リールが壊れる力
2※ドラグが壊れる力
3※ドラグを人の力で最大に締めて糸を最小で巻いたときに
糸が出だす時の力

実用ドラグ力
これまた曖昧で・・・・
一番多かったのは3※に対応したかのように
ドラグを人の力で最大に締めて糸を最大で巻いたときに
糸が出だす時の力

さらにスピニングでS(浅溝スプール)型番では小さいドラグ力に
なっている。同じ番手なのに・・・・

何年も腑に落ちないまま過ごしておりましたが本日ついに
メーカーの見解の一部を初めて見た。

シマノさんありがとう。メーカーが答えたんなら間違いなかろう。

http://fishing.shimano.co.jp/faq/517

faq.jpg

メーカーの基準まで細かく書いてはいないが、考え方がよく解った。

どこかに正式に表記したらいいのにな。



posted by EzoTanuki at 00:37| 北海道 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

2013 Vol.5 0409 室蘭

嵐の合間を縫って行ってきました。シマゾイなんて食べたいなあ・・・・

札幌はかなりの強風。
予報では室蘭は大丈夫。

出発がまた遅れ気味。高速上がって輪厚まで来た頃雨が・・・・
恵庭のあたりから豪雨。強風。苫小牧を回り込んでも
白老過ぎても豪雨。強風。

予報では室蘭は大丈夫。

大丈夫かホントに・・・・

登別を過ぎてようやく小降りになってきた。大橋の風速は 8m。
現地に着くと3mくらいだろうか。いい感じだ。
用意をして実釣は8時少し前だ。

数投で
P1100615.jpg

ガヤ連発。30分ほどやって少し移動した。この頃はもうまったく
風がない。工場の煙もほぼ真上だ。星まで見える。
20:34 
P1100618.jpg

また移動して先端部でリグが「ガッ」っと止まる。根掛かりか?
じわーっとロッドが立ってくる。









重い!でかい!!






って、お前だよな。
IMG00045.jpg

ジグヘッドでスイミング中にどうやったらそこにフッキングするんだ?

22:00くらいから風が吹き出しいつもの室蘭。南西の風が強い。
仕方がないので内側。
ほとんど反応無し???????

少し風が収まったのでテトラ側だがガヤガヤガヤガヤ。
P1100621.jpg

魚を12匹も釣ったのは久しぶりだったな。
持って帰るほどのサイズはなくて残念。またガンバロウ。





posted by EzoTanuki at 22:54| 北海道 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

2013 Vol.6 0413 東積丹


サクラって釣ってみたくてさ。

ひらきんさんが2週連続で釣れてます。今回3週目は天気風ともダメダメ。
西積丹あきらめ東積丹に出るとのことで ノコノコ着いていくことにしました。

でも、前の晩見積、報告書などの仕事で遅くなりそうなので 迷惑かけないように
自分で走ります。
余市を過ぎて現地着きますとひじょ〜〜〜〜〜〜に天気が良くない。

雨に雪とあられとみぞれが混じる おぞましい天気。
用意を始めるといつの間にかZさんの車が止まっていて既に海岸に・・・・

海岸に出てみると少し波がある程度。
自分でもぢぐみのう?をぶん投げてみます。
投げるたびに海草が絡んできます。けっこう手間がかかります。

他にもミノーやらスプーンやらを試しますが何事も置きません。

ひらきんさんには魚が追ってきたらしいです。

そんな頃相変わらず海草で重たい中・・・・
P1100626.jpg


ボウズ回避!






(笑)




さっぱりなので余市に移動です。

みなさん良く場所やら地名やら知ってますなぁ。
P1100627.jpg  P1100628.jpg
1時間ほどでしょうかやはり何事もありません。

さらに移動しますが自分は気になっていた所に行きました。
天気もさっぱり回復しないので10:30撤収です。

ミノーが面白い動きをしてひ〜〜〜〜様にもよさげです。

お金かかりますなぁ(笑)

西積丹はしばらく波が高いようです。でも高くてもいるんだよな。

posted by EzoTanuki at 18:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

新ストッキングウエーダーを履く

あっ!、そういえば サクラ釣行の時
昨年夏に買って置いたウエーダーを投入した。

古い方のウエーダーと言えば
昨年、1月に道南でサクラ狙ったときに少々浸みていた。

『なんだかしゃっこくなってきたあ』

7月 小幌行ったときになぜか穴だらけになったようだ。
小幌では深いところに立ち込むわけではないのでほとんど濡れず、
次にhojoさんのハチガラツアーに行ったときにはもう

『ジャボジャボ』言っていた(笑)

全部で何回履いただろう?
記憶で5回?多くても7回位のような・・・・

そして昨年夏、もっと履く回数増えるかな〜〜〜と思って
買ったんだが8ヶ月も寝かせてしまった(笑)
今回はストッキングウエーダーにしましたよ。
しげさんに履いた感じをリサーチしてね。

NorthCastの店長がモデルになってた奴。
http://ameblo.jp/north-cast/entry-11259967814.html

自分にとってのコストパフォーマンスは高かった。
先日13日は春の海。海面水温は6度程度。

ストッキングウエーダー履きずれ〜〜〜〜(爆

日頃履き慣れたスパイクのハイカットを履こうとしたが
入らない。中敷きを取ってヒモをだいぶ緩めて入れた。
履き始めはかなりきついのはリサーチ済み。
20mも歩くと違和感はなくなった。

むしろブーツタイプとはこの時点で既に別次元。

足の負担が全然ない。ガフガフ感がないわけだ。
新しいので当然、水の侵入もない(当たり前だ)。

今年は少し履く回数が増えるのかな?

いやいやそんな釣行パターンが増えるなんてあまり
考えられませんなあ(^^

まだ、サクラ狙いに行きたいものです。
その後は・・・・


小幌ですね!(笑)
posted by EzoTanuki at 20:08| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

PE

前におまけでもらったPEを使っている。

pe-castaway.jpg


http://www.sunline.co.jp/catalog/salt/pe-castaway.html
ひー様は全てこいつの30lbだ。

今回のリールも当然使う。
号数の割に強いような気がします。自分のラインシステム(なんだかかっこいい)にも
合っているんですね。リーダーと組んだところが切れた抜けたの記憶がない。

すべてのラインをこれに変えていこうとしています。
理由は




















老眼です(キリッ!



白っぽいので夜、見やすいのです(笑)
何となく自分となじみがいいんだな。良く分からなかったけど。

おまけでもらった物だったのでこのPEの特質を調べたことがありません。
この際なんでメーカーのサイトをのぞいてみました。

良い素材なんです。と書かれています(あっしにはよく解りません)。
素材自体の物理的な構造なんて解りません。

ただ・・・・

『ミディアムサスペンド設計により風や潮に流されにくく、
ディープに潜むスレた獲物の攻略にも的確に対応します』

この一文の・・・・『ミディアムサスペンド』の意味が分かりません。

いろいろググってみたのですが未だに不明です(笑)

メーカーサイトで面白い性能は見つけました。








比重 1.05 

PEなのにね。ここをさして『ミディアムサスペンド』としているのでしょう。

自分の釣りになじむわけです。他のPEより扱いやすいと感じるわけです。
大事な性能だ。

そう夜見やすい 白っぽいのも大事な性能だ。



posted by EzoTanuki at 14:48| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

2013 Vol.7 0420 サクラ放浪そして試投会

blogを今日、日曜の朝に書いている。昨日のこの釣りの予定を週半ばから天気を見、風を読み、気温を読み、
波を予想して さらにダイワの試投会も視野に入れて練った。

が、











今日の方が天気良かった・・・・(笑)


まぁ、仕方がない。サクラに関して持っている五感、六感が無いのだな。

体力が足りない。日曜日にゆっくりしたいなどというぬるい考えもいけない。
でも、歳なんだな。疲れているのに5時に目が覚めた。
なんと、5:40には出発できた。

が、ガソリンを入れていない。どうせ遅れ気味の出発なんでスタンド探し。
札幌はshellがどんどん減って困った(笑)
いつも行くところのひとつに向かうもまだやっていない。
珍しく5号線に出てみた。一件モダセルフが空いていたので補給。
8:00頃 野塚海岸に出た。

風強え〜〜〜〜!!車揺れます。

今日は天気、風向きを読んでしかも水温が上がりやすい積丹先端部などという
たがが外れた読みを展開してまず余別でやるべ!と、決めていた。
P1100629.jpg

確かに風はフォロー。波は死んで暖かくすばらしい条件。
アングラーも3人ほど振っている。釣れているかどうかは不明だ。

いざ!!
IMG00057.jpg

他の3人の内、一人抜け、また一人抜け3人目も海岸で寝始めた・・・・

移動じゃ!!9:30。寿都湾なら風かわせるべ!

途中、珊内漁港に寄ってみた。
ちぎれた海草だらけ!回収するルアーは海草の養殖かと・・・・
40分ほどで移動。

途中波の様子を聞かれたのでかなりうねって良くないという証拠の
写真を撮ってupした。11:00頃
IMG00058.jpg

現実とかけ離れた良い状態の写真がぅpされていた(笑)

すいませんm(_|_)m

樽岸あたりは思った通り波もなく風もなくいい感じ!
ここまで来たらっと試投会の島牧まで行ってみるかと考え、
弁慶岬を回った。

途端にこれだ!12:15頃
IMG00060.jpg

これに雨あられまじり・・・・
どちらにしろ釣れる予感もあまりしないので走る。
寿都から向こうはawayだ。ちなみにラインはCAST AWAYだ。
この道 通過した経験4回。釣りに連れて行ってもらったのが2往復。
やはり遠い。

なんとかダイワ試投会のテントを見つけて行ってみました。
IMG00061.jpg

知っているのは畑山さんのみ。
他の方は分かりません。(見たことがある人も・・・・自信ない)

すいません。

着いて間もなくまあくんに声をかけられました。
なにやらサクラ釣るまで帰らないんだとか。大変だ。

モアザン 振ってみました。
最初は柔らかいロッド。かっ・・・・軽い。ミノーは20数グラム。
柔らかいなりの降り方(自分なりのね)で・・・・・・・・

批評をするような言葉は知りません。

柔らかくても振った後の先の方の重さをあまり感じない。
糸の出もスムーズでした。

後で説明を聞くとガイドの軽量化に重点を置いたとのこと。
竿先に重量が少なく暴れないと説明でした。
自分で感じたのと合ってるってことなのかな?(笑)

中間ぐらいの堅さの物を振らせてもらった。これも軽い。
jigでもミノーでもって人が使うんじゃないかなーってことでした。

固い竿を振る感じの振り方で振ってみた(笑)
説明を聞いた後なのでそうなのかーと、思いながら振ってみた。
自分のよりだいぶ固い。これも竿先が暴れない。固いせいもあると思う。

もう少し波風のいいときにやりたかったな。
感じたものを分かる言葉に出来るほどの単語の蓄積がない。

伊藤さんが言ってたかな?先重り?竿先に重さを感じるんだっけ?

これに関してはかなり軽減されていると持った瞬間感じます。

すいません。これくらいしか分かりません。

途中、Zさんが来ました。
腹が減っていたので「かりんぱ」に連れて行ってもらいました。
レッドさんと社長が居ました。飲み会メンバーばっかり(笑)

豚丼セット
IMG00062.jpg

だったんですよ。

Zさんは夜のソイ狙いに。
レッドさんはホッケと明日のサクラ狙いに。
俺も夕方までサクラも追ってみたいと寿都方面に。
IMG00063.jpg

寿都に回り込むと風も弱く波も静か。
樽岸海岸を見に行くと網が入ってる。これはダメだ。
樽技師であまりいい話を聞かないのはこれだな。
寿都の港に戻ってみた。しばらく振ってると港内に入ってくる
たぶんアメマス。群れは小さい。型も小さい。50cmくらいかな。

だいぶやったがまったく音沙汰はない。
別の竿を出してワームも試すがこれもまったく何事もない。

17:00サクラがらみはあきらめた。
帰り際 樽岸の溝が気になった。1時間半ほどワームを流して見た。
一度だけ15cmくらいのアブラコかな?ワームをなめに来た。

18:50撤収。完敗。

長編だったな。

posted by EzoTanuki at 12:29| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

2013 Vol.8 0423 魔境

23日 大潮 風ほぼ無し 気温ヨシ!

魔境に行って参りました。17時の舟です。
今回はT氏さんに声をかけてみました。昨日の羊蹄山昨日の羊蹄山
二人とも仕事が押して時間ギリギリ(笑)
7人くらいで向かいます。

和田船長がエンジンが危ないから近づくな!っと。
IMG00066.jpg









原子力エンジン



時代の向かい風に逆行してます(笑)

沖防に近づいてから説明を聞くと潮が速くあまりよくないとのこと。
それでも見た目に濁りもほとんど無く期待を感じます。

渡ってから自分1時間半釣れません。明るい時間帯に期待していた
アブはまったく感じられませんでした。
今回は内側で打ちました。潮の流れは石狩から小樽方面へ

川ですね!ってくらいに流れます。

7gでは打てません。底が取れません。10gでギリギリ。
前にもこんな時があったな。やっぱりあまり良くなかったな。

それでも暗くなってきて小マゾイ4連発で始まりました。
P1100639.jpg

渋い!端だけくわえる。喰っても抜ける。フッキングしないぞ。
T氏さんは順調に数を伸ばしていく。30upも含めてました。

自分の最大はこんな感じ
P1100634.jpg

最期の方にワームをT氏さんからもらい打ってみると
これが釣れるんですね。使ったことのないタイプのチューブワーム。
引出の違いでしたね。マッチザベイトってやつですな。

ラスト30分 外でも打ってみました。
同じくらいのサイズがすぐに釣れました。
自分は14匹。T氏さんは40匹以上釣ってるのではないかな。

お土産にワームと果物をいただきましたありがとうございました。
もらったワームは
IMG00070.jpg

10インチ????
どのロッド使う?










ワームだけで79gも有ったぞ?!(笑)





ヒラメに使うか。柔らかくて思いっきりテールを振ってくれる。

5月になったらまた行こう。

posted by EzoTanuki at 21:50| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

おにゅう うえぽん

IMG00056.jpg

11 BIOMASTER 4000HG + CASTAWAY 30LB

対 ひ〜〜〜様うえぽんです。

いろんな方の意見が聞けました。特にIさんからいろんな知識を
聞けて勉強になりました。ありがとうございます。

そんなに裕福ではありません。
今までダイワのレブロス 3000でした。逆転現象に懲りて今回シマノです。
RARENIUM にするつもりでした。とてつもなく軽いんです。
でもあまりの軽さに不安がありました。Iさんからあまりにリールが軽いと
ロッドのトップが重く感じる。と言うのです。なるほどです。
その原理はよく分かります。まして、年末からロッドをもつ腕の肘を
痛めているのでそのデメリットはとてつもないマイナスだ。

ダイワの3000とシマノの4000で全体像としての大きさが同じくらい。
重さとかスプールの直径とかが近い。ドラグは4000番が幅広い。

対ひ〜〜〜様を考えると3000クラスでも良かったのだがちょっと
流用も考えた。マス類の早巻きだ。
3000HGも視野に入れたのだがシマノの3000クラスはC3000で
2500クラスと同じドラグ力となってしまう・・・・ムズイ。

そんな選択肢で 4000HGとしてみました。
巻くときのトルクでゴリ巻きすることを考えてHGだとどうかなあと
考えていたが昨シーズンのひ〜〜〜様は結局ポンピングだった。
フッキング後のゴリ巻きはあり得ないことに気がついたので
早巻きも出来る4000HGで決着。

CASTAWAY 30LBの記事 これは昨年、ひ〜〜〜様全て引き上げた
ラインです。

これはもう信頼関係ですね(笑)

今年の目標は 3枚です。

IMG00070.jpg

これも使おう(爆
posted by EzoTanuki at 22:46| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
最後まで見ちゃったんですね?
お疲れ様でした。ありがとうございます。