2011年03月09日

20110306 ジジイをスキーに釣れてって kiroro

2月下旬
コブ斜面が楽しそうなので若い人たちに「じじいも連れて行けと」
脅しをかけてみた。なるべく邪魔はしないからと・・・・

結果は邪魔したけど・・・・あははははははは

3月2日ころ、実は腰を軽〜〜〜〜く「コキッ」っと痛めていた。
わりとすぐに動けるようになったのでまぁ・・・・
仕事がけっこうあったのでなかなか準備も出来ず適当なスプレーワックスで
準備をしたが結果はあまりあっていなかった。これは仕方ない。

3月6日 
天気に恵まれ色んなハンドルを持つ(違
P1070976.jpg

osaさんとnariさんに連れて行ってもらいました。

途中つぶやいていたらyukkiki様から『kiroroで曲がらないよね!』っと、
鋭く突っ込みが入っておりました(笑)

osaさんはコブ(いや、ミゾだな)を難なくこなしていきます。
osaさん

若いっていいねぇ。

nariさんは昨年からコブを滑るべく挑戦し始めたようです。
nariさん

レンズのシャッターが・・・・・・・・

俺はというと
1本目軽く流しながらコブまできて久々にコブを滑る。
まぁまぁいいじゃん・・・・自己満足はははは

2本目中間くらいで久々強烈な


























『グキッ』


痛めていた腰である。コブをすぐに出るが下半身の力が
入らない。立っているのがやっとに感じる。

5~6分たっただろうか、戦線離脱のため休むことを伝え
途中のロッジに降りた。ロッジのベンチに仰向けになりしばらく
腰を伸ばしていた。
これで今日は終わりかとも思ったが1時間ほどで動かせるように
なってきたのでとりあえず、流す滑りで後は楽しんだ。
危ないところだったな(笑)

元もと腰の悪いジジイにはこんなもんだろう。
posted by EzoTanuki at 11:34| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

大震災お見舞い申し上げます。

未曾有の震災でしたね。
自然の力を思い知りました。
津波の被害は恐ろしいものです。
今朝のニュースの中で10mの防潮堤を遥かに越えて
来た津波にのみ込まれた地域もありました。
この町の端には崖があり白いペンキで線があります。
過去に襲った津波の高さを記した線です。

明治に襲った時の高さは15mの線です。

この番組の中で防潮堤の高さを見直す様なことを
チラッと耳にしたように思った。
いったい何mなら防げるというのだ???

15mの明治の教訓は生きていなかった。今回の津波は
18mだったと聞く。
住んでいた老人は言う。訓練はしていた。しかし油断もあった。

ただ被災しなかった一人間の戯言として書きます。
自然に対して構造物で対抗するのではなく避難路の整備と
避難方法の確率の方が良いのではないかと。『逃げる 』だ。

その方が税金の節約にもなるだろう。原発も自然界から
余計にエネルギーを取り出しすぎなのではないか?
人間の力で押さえきれるのであろうか?
posted by EzoTanuki at 10:38| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする