にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
また見に来たんですか?(笑)
もっとたくさん釣れている
blogはこちらからどうぞ

2010年11月04日

2010 Vol.67 1031 濃昼

いくら何でもそろそろ・・・・

18:00ころ着きました。
内側にて始めるが東風が少し強くやりづらい。

しかも最初から勝負のサンドワーム(爆
20分ほどで
P1070743.jpg  P1070744.jpg

こりゃあ期待と外海テトラを降りると波もほとんど無く
過去の釣果を思い出す。

他に誰もいない港。少しテトラに当たる波以外

し〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

そうだよなあ。トンネル出来て国道も横にないし。

スイミング、表層中層ボトムまで

し〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

あれえ?

3時間掛かって1バイト目?1ふっきんぐぅ。
P1070745.jpg

さらに40分 し〜〜〜〜〜〜〜ん。


内側に移動しますた。
先ほど釣れたあたりも 30分し〜〜〜〜〜〜ん。

港内RunGun・・・・小さい港!!!

それでも浅いところでカジゴン。
P1070746.jpg

さらに20分
P1070747.jpg

日本海に魚は来ないのか?
0:00頃力尽きて終了。

ソイとか食べたひ。
posted by EzoTanuki at 22:30| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

2010 Vol.68 1105 古平-白岩RunGun

いくら何でもそろそろ・・・・2(笑)

仕事が少しだけ早く終わったこの日。
出発は20:30。
ちっとも早く家を出ていない。PCの作業も仕掛けしたし。

まぁ、家族が居ますからね・・・・決して釣りのみを優先している訳では

有りません!!!

何となく古平くらいまで行けば・・・・
22:00頃つきました。2時間くらいやれますね。
翌日は馬鹿犬の面倒を見ながら留守番 & PC作業だ。

少し疲れが残る今日はあまりハードなところは避けます。
一番小樽寄りからスタート。
港内の明るいところ底のコンクリートかガヤか解らない感触だけ。
中間くらいではマメイカ釣れてるんですね。人だかりのところがありました。
場所がありません。

そういえばロックの人がほとんど居ません???

外防まで来ちゃいました。内側ずう〜〜〜〜〜〜っとRunGun。
突堤回り込んで先端。ロックマン居ないわけです。

し〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

こりゃあ疲れがなんて言ってられないなぁ。
外防に はい上がり適当に降ります。捜す時間はありません。
あちこちキャスト底の底でココココ・・・・
2回ほど感じたところで古平に心折れました。

車に戻って25:00(驚)ひえ〜〜〜〜

帰りがけ白岩が気になり先端に・・・・
振って早々コンッってソイ風の感触・・・・だけ。
期待だけで20分ほどやって港内船だまりに来て振ると
コンコンコン・・・・軽く合わせ・・・・スカッ・・・・軽くジャーク・・・・ステイ
再びコンコン・・・・引きずるように合わせフッキング!






ボ〜〜〜〜〜〜〜回避〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

首振って楽しいアブでした。36cm。
P1070749.jpg

後、2キャストしましたがとりあえず満足感で終了。

26:00でした。帰りの眠いこと。疲れてますなぁ。
posted by EzoTanuki at 16:26| 北海道 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

2010 Vol.69-70-71 1109-10-11 苫小牧本編

仕事が苫小牧なんで9日か10日仕事帰りにそのまま・・・・(爆
では、本編。

9日。仕事が少し早く終了した。
気が付いた時には一本防に立っていた。

仕事の現場から5分くらいしかかかってない(笑)

北風がかなりある。RunGunして行くと暗くなったころ
20cmほどのソイ。平らなところに到達してドンちゃん。
P1070752.jpg P1070754.jpg 
ドンちゃんなまら旨いです。また釣って食べます(嬉
なんたって肝が肝です(笑)

後は先端まで1ショートバイト。先端には浮き釣り師。
ドンちゃんたくさん釣っていました。
それにしても反応がない。
少し風が強くなってきたころ着底を待っている間に
食っていた様ですがあまり暴れない。
巻いて来てから突っ込みだした。31cm。
P1070755.jpg

この後酷い風となり20時ころ退散しました。

10日
短時間勝負。団地に挑むも反応ゼロ!
釣り吉よちさんに捕獲されました(笑)
よちさんがここなら釣れるよと教えてくれたところに落とすと
一発で26cm。
P1070756.jpg


でもこのソイ変ですね。

ヒレの一部が青いクロゾイ(笑)

まもなく小さめのを追加。(写真無し)
少しして終了しました。

11日仕事が遅くなりました。
よちさん近くいないか打診しましたが
行ったこと無いところなんで一本防眺めてました。
けあらしが立ち、流れていました。
この日は昼間に腰がグキってなったのでこれで撤収です。
帰り道かみさんの実家で揉んでもらい帰って来ました(笑)


来週は月火水とまた苫小牧で仕事です。ふふふふふふふ

posted by EzoTanuki at 06:34| 北海道 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

2010 Vol.72-73-74 1115-16-17 苫小牧

16日17:30到着。10月に少し良い思いをした厚真です。
18頃からテトラ周りに行ってみますが激濁りです。
北風だと思っていたら歩いている内に西風に変わってきました。
しかも冷たい風・・・・しかもしかもけっこう強いので

寒い〜〜〜〜

テトラの切れたあたりで根掛かりの酷いところがあり
底をしつこく狙うとコンッで合わせると久々にいい感じで突っ込んでくれた。
18:36
P1070777.jpg

31cm これは帰りにかみさんの実家に置いてきました。

30mほど移動して数投後、根掛かりのような感触でリグが止まり
竿をあおった瞬間から激しい突っ込み!!!

根掛かりするとラインが出る程度のドラグが時々ジリリッジリリッっと鳴る。

えええ〜〜〜〜でかいのお?まずいなぁ。

ドラグを少し締めて潜るのをいなしながら海面に出たのは
自分の記録今年最大級の姿だった。

 









 

 
 


タ   モ   が   な   い  ・  ・  ・  ・

 




 

 

持ってきてねぇよ・・・・仕方ないだろ〜〜
日頃でかいの釣れないんだからぁ〜(笑)


そうですよ!!クレーン巻きして抜きましたよ!!!

18:46
 P1070778.jpg

38か39cm いい加減な計り方だ(爆
体高のあるかっこいいクロゾイです。

少ししてまた10m位移動してやってるとひったくられると言うか
少し早巻き状態でガシっとテトラにぶつかったような感触。

直後にグングンっと潜る。

合わせをくれるとさっきと同様かなりの感触。底の方からの引き離しに
かかったところですっぽ抜け・・・・

ぐやぢ〜〜〜〜

その数投後根掛かり帯を過ぎた頃急にグンと重くなり生命反応。
さっきまでのソイとは違うが重たい奴。
19:05
P1070780.jpg

カジゴン。41cm

よく切れないもんだ。
しばらくバイトも無く、いよいよ寒くなってきた。

そんな折れかかった心の隙間に奴はやって来た。
ガクンと重いまま水面に出てからバシャバシャバシャと
大暴れしたのはコイツだ。











19:34

P1070782.jpg
でけぇ!40cmくらい

エゾクサウオ!!
過去の記憶に釣ったことが有ったかなぁ。
きれいな縞模様の魚体でした。
さすがに寒くて計ることもせずリリース。
本当は食べると美味しいそうですが、久々とはいえ
ソイとカジカが有るのでこれ以上の食材は不必要。

人に贈るったってエゾクサウオを持って行くわけにも(爆

前日は東港でドンちゃん祭り。
クロゾイの小さいのが 4匹
ドンちゃんが大中で 7匹
マゾイの小さいのが 4匹

翌日は釣り吉よちさんからお誘いもありましたのでチョイ釣りに
マリーナからスタート。ソイ25cmくらい
P1070785.jpg
この 1匹で東港へ

先に着いてやってましたが渋い。釣り吉よちさんもやってきて
合流してすぐにドンちゃん。
P1070786.jpg

その後、別れ際に31cmがスイミングからのフォールで来ました。
P1070787.jpg
よちさんのblogで30.5cmと指摘がありました・・・・

(爆)



水面下に20cmくらいの魚の群れがありました。断続的に
横切っていきます。チカやカタクチより体高があります。
光が当たると目はオレンジ色に光ります。なんだろう。
強い光を水面で近づけると散ってしまいます。
光が好きな魚では無いようです。

釣り吉よちさんお付き合いありがとうございました。
また、そちらに行くとき連絡します。

苫小牧の現場は楽しみいっぱいですね。
来年も同じ頃有るようです。

posted by EzoTanuki at 18:27| 北海道 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

2010 Vol.75 1121 小樽マメイカ

以前から一度はやってみようと思っていて周りが爆釣なので
居ても立ってもいられず19:00出発。
Fランド寄って小さめのエギ1個買って小樽へ・・・・1個かい!!
やったこと無いし、ポイント知らないし・・・・
小樽港内で唯一知っているマイカポイント、厩(笑)

まま、周りはポツポツ上がっているようなので でわでわ早速。
いるときはすぐ釣れるって聞いてましたし・・・・

20:10 1投目で
P1070788.jpg

2投目、Twitterに写真を送っている間にもなんだか重みがかかりもすっぽ抜け。

次の3投目で2ハイ目。まもなく3バイ目も程なくして
短時間でこんな。しかもほとんど表層だったし。



あらら簡単だ事。

いやあ〜〜〜〜マメイカ釣りって

わかった気がする!!!


















気がしただけだった・・・・

大潮干潮を境に全然釣れない。
23:00位までやってたったの5ハイ。


でも美味しい刺身がいただけました。
P1070789.jpg

少なかったけど(T_T)

また、海の幸を分けてもらいに行きますね。
でも、もうちょっと多くしてください(爆
posted by EzoTanuki at 22:18| 北海道 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

2010 Vol.76 1123 小樽余市マメイカ

休みではあるがたくさんすることが溜まっていた。
さらに娘のPCの調子まで見ることとなろうとは・・・・

Zさんがマメイカ出撃予定を聞き俺も行きたいなあ〜〜と
思っているといろんな人も行くことが解った。
まぁくんにも教わりたいと思っていたらいくらしい情報も・・・・

なんとかPCやら買い物やら終わらせて出られたのが
18:30過ぎていた。

Zさんにメール・・・・「入れ違いです」との返事。残念。
小樽で昼前からmasa×2コンビでやっているらしい。
まぁくんも余市に出撃済み。

久々にmasa×2コンビの顔を見に小樽による。
だが誘われるまま、1時間エギを振る。

2ハイゲット。

余市に移動しようとするとかえるちゃん現る。
かえるちゃんは渋い余市から避難してきた(笑)

余市の漁港を目の前にしてまぁくんからメール

「寒いのでかえります」

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

でも優しいまぁくんは待っていてさらに冷たい体に
むち打って一緒に釣ってくれました。K太さんもお初です。
しかも自分が行ってからまぁくんが釣ったイカは
全部くれました。おかげでいっぱい食べることが出来ます。

地球外生物まで釣る まぁくん  ありがとうございました。

一緒に釣っていただいた K太さんもマメイカエキスパート!
お二人のエギングは凄い参考になりました。

風が強くなり寒さもきついので23:00過ぎに余市を後にしました。
風向きを考えるとよく通った漁港が気になりました。
行ってみると風もほとんど気にならず数投調査しました。

やっぱりマメイカいました。ここも期待です。

いるのを確認したので撤収。
家で数えたら25ハイありました。自分で釣った数は
ハッキリしませんが10パイくらいだと思います。

あの短時間に自分の3倍は釣るまぁくんやK太さんの技術は
凄いもんです。

今回のマメイカ釣りで感じたのはもう少し柔らかい

竿を入手すべし!!って事です。

腕がないからモノで・・・・

家に着いて10パイほど刺身にして発泡酒!旨い!!!
残りは今鍋の中に大根と煮物になって今夜の 発泡酒!!!
今度はいつになるかな?

(゚ロ゚;)ハッ!写真1枚も撮ってないや。
posted by EzoTanuki at 23:49| 北海道 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

2010 Vol.77 1127 道南古部漁港

なんと恵山で仕事があった。業務命令?で竿持参です。
仕事は予定どおり15:00頃終わり遅めの昼食後、北上。
最初に椴法華に向かうか話が出ましたがそのまま北上。
見えてきた漁港でやってみることになった。

16時を回った頃スタート。
始めに15cm程のガヤが港内で釣れた。写真撮らず。
バイトは多数有るがかなり小さいようだ。
少し移動して船の舳先に落としてみるとズンって感じのバイト。
途中けっこうな暴れっぷり


だが、37cmカジゴン
P1070807.jpg

その後から小さいが3連発でシマゾイが釣れた。
P1070808.jpg
最初あまり小さいのでガヤかと思ったし(笑)

ここで30cmに満たないカジゴン。写真が・・・・

次はやっぱり小さいガヤ3連発
P1070811.jpg


ここから先端辺りを探るも全く釣れない。
いい加減寒くもなってきたので戻って最初のところに戻ると。
ガヤ。
P1070814.jpg
この時点で悟ったのは茶色系のワームが良かったのだと。
先端にいた頃は緑や青を使っていた。

持って帰ったのは37cmのカジゴン。唐揚げにしてみました。
P1070817.jpg
旨い。魚とは思えないほどの弾力。食感抜群。
甘みを感じる食べ方なんですね。

この左下を拡大したのは肝臓の唐揚げ。
P1070818.jpg
これまた肝臓の味が充分堪能できます。

なかなか行くことの出来ない地域です。
わからないなりに探るのも面白いですね。
たぶん地元の釣り師達なんでしょうがウキでソイを
狙うとのことでした。イカはすでに終わったらしいです。
漁り火もかなり沖合に見える程度です。

もう少し風波が無ければあずましい釣りになったのかな?
椴法華に行った方が風を避けられたかもしれません。
初めてやる海ですからいろいろですね。
他のblogからですがこの漁港の外側テトラ際狙うと
この時期ババガレイが釣れるようです。

仕事の後ですが楽しい思いをさせていただきました。
仲間の2人もブラーで数は釣ったようでした。
食べられるもう少し大きいのが欲しかったですね。
posted by EzoTanuki at 21:13| 北海道 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
最後まで見ちゃったんですね?
お疲れ様でした。ありがとうございます。