にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2009年06月03日

2009 Vol.23 0602 濃昼 磯

hojoさんからメールが来たのは・・・・

エロメールに埋まってしまって・・・・ええっとお・・・・有った!!

2日 12:32
所用で出ていて気がついて返信したのが 15:30。
その後 18:30出発となりましたが用事が終わる時間は微妙。
後で連絡し直しますと とりあえず濁した。申し訳ない。
結局、用事自体は17:35終了。この時点まで行けるかどうか
判断しきれなかった。行けると言うことで再度連絡して
行ったわけです。・・・・そんなの関係無いですね。。

それにしても最近ぎりぎりだな時間も心身もともに。
あっ!、仕事も足りないのでお足もか。

またも連れて行ってもらい、磯場に着きます。
hojoさん、ロックさんとの釣行です。ロックさん初めまして。
驚きですが昔泳いでいたところでした。無謀にもベイト1本。
風もなく波もなく自分としては良い感じ。

足下から6m-7mほど水深。あちこち大岩が沈んでいるのか
起伏も激しい。
そんなこと思っていると hojoさんにもうガヤが釣れたらしい。
ロックさんもすぐにかかる。ガヤ入れ食いか?まだ明るい。

それでもそのうち来たのが ガヤ。パルス モエビ?
P1030711.jpg

このセットで初めて釣れた。
この頃ロックさんに34cmマゾイ。でかかったぞ!!

ガヤ グラスミノー117で追加。
P1030712.jpg

始めて2時間位して足下で出たのがマゾイ 28cm イカジャコ
P6020604.jpg

風が南方向に変わり強く吹き始める。思うように底を取れない。
こいつを追加して終わり。
P1030714.jpg

まだまだなじまない『道具』に翻弄される爺でした。
早速、刺身に・・・・美味しくいただきました。
P1030715.jpg

あらためて連れて行ってくださり感謝です。

posted by EzoTanuki at 10:13| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ちょっと安全に

テトラに対する危険度から人に習ってスパイクブーツを
この冬から使っている。
写真は無いがダイワのスパイクブーツ。凍った堤防でも有効だろうと
購入した。
氷の上での性能は間違いなく「滑らない」ものだ。

春になって雪、氷が無くなってからテトラに何度か乗ってみた。

思った以上に滑らない


テトラにもかなり有効なことは理解した。油断は出来ない。
それと平らな固いところを歩くと何とも歩きづらい。スパイクも傷むだろう。

5月半ば こんなのをはけーん。フェルトにスパイク。
FeltSpikeShose2.jpg

¥3900 安全に変えられないが 夏場の釣りに良さそうだ。
使った感じは フェルトってそれ自体でも滑らない。それにスパイクも
引っかかる感じだ。ただし26.0-26.5でも小さく感じた(日頃は25.5です)

さらに夏場の長靴も腐っていたので買い換え。スパイクにした。
SpikeBootsAK.jpg

ジョイフルAKにて ¥1980 安!!!
まぁ濃昼の磯を歩いたら ピンが数本曲がりました(笑)
神崎のテトラも濃昼の磯も安心して足場を確保できました。

テトラはやっぱり危険だと認識して上がりましょう。
posted by EzoTanuki at 10:56| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

2009 Vol.24 0606 神崎

波見て、風見て、雨雲予想見て・・・・またまた 神崎へ。
クロガシラ情報もあったし。
スーさん誘って行きました。先週、なかなかよかったし。

道中 途中小雨のところあり。神崎はポツ・・・・ポツ・・・・

ポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツくらいです。

16:00くらいにはスタート。

遠近投げ分けて見ました。先週は遠投にすぐさまカレイの当たりなどが
あったのに今週はぜんぜんです。
それでもローソクボッケが遠投で1本。っが、堤防上で外れてお帰りに・・・・
近場に投げた竿が珍しい当たり。5秒ごとくらいに一定の当たり。
そろそろ合わせてみようかと考えていた瞬間、最近見たこと無い
ほどの竿先のツッコミ。
さっと合わせるとバレていた?回収すると針が1本無かった。

その後、小さい当たりがあるもののしばらく乗らず。

ベイト練習。バックラの嵐。磯場に降りてやってると数回のショートバイト。

根掛かり・・・・練習終了。

また戻って餌を付け替え投げ直し。何度かやってるととある現象が。
ペースを落として巻いてくると投げの仕掛けにホッケが食らいつく。
スーさんもペースを落として巻くとやっぱり(笑)
足場がよければ絶対ジグが面白そうだ。先端部なら良いかも。

20:40頃終了。結果はホッケ9本釣ったんだな。
2本リリース。1本自主的に帰ったし。6本持ち帰り。

あれ??クロガシラはどうした???

posted by EzoTanuki at 10:06| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ちょっと安全に 続編

プロックス(PROX) フェルトスパイクシューズについて
返品することとなってしまいました。

商品の考え方等は非常に気に入っていたんです。

小雨が降る防波堤上で釣りをしておりましたら靴の底から
しみてくるんです。フェルト側からです。
汗でもかいてきたかなと思っていたんですが違いました。
堤防上ですが・・・・ホッケ釣りのあとなんですね。
オキアミが撒かれているわけです。小雨といえども
乾いている状態ではありません。
オキアミの溶け込んだその湿りは徐々にフェルトが吸い込み

なぜか靴の中にしみ出してくる。

釣りの帰り道 それはオキアミの水で底が濡れた靴でした。

次の日、乾燥し始めたオキアミの湿った靴となり、慌ててフェルトの
汚れを取ろうと5mmほどの水に浸けておいた。

今日に至っては

どうしたのこれは!

って言う感じのオキアミの濡れた靴になっていました。

靴底も中も

のけぞりましたがな

靴底に水を通す構造があるんですな。

販売店では着払いでって言ってくれましたがメーカーに
届く頃には・・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

穴が空いているのは論外ですがフェルト底は使う場所と状況を
考えないといけません。
posted by EzoTanuki at 20:24| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

2009 Vol.25 0609 濃昼

チョイ釣りの予定で出たのに・・・・渋い。

用事が終わって夕飯食べてまだ何とかなるかと出発が19:10。
20:00ころ着いて見るとけっこう波高ーい。
中間の高い方の釣り場で波しぶきがバシバシ。
まだ明るさが残っている時間、アブ狙いでワーム遠投。
時々、アブではない小さいショートバイトも全く乗る気配無し。
フォールで着底すぐにピコピコだけ。スイミングは全く無視される。

ああぁ横文字は疲れる。

真っ暗になり波も高くなってきて港内に・・・・練習・・・・バックラ嵐・・・・。
ショートバイトすら無い。

先端部なら沖防で波が死んでると思い行ってみた。
少し良いようだ。沖防方向はとにかく何も反応がない。
実際距離も出ないせいもあるのだがここは練習練習........orz

テトラまわりで何度かショートバイト。一度ソイっぽいのが食ったが
海面ですっぽ抜け。
ビーストにしてから俄然反応が出てきたが、0:00をすでに
回ってしまった。0:15頃ようやくベタ底で食った。けっこう引く。

上がってきたのはガヤ。28cm。
P1030722.jpg

0:30練習終了。
どーもこの
『マグフォースZ・ロングディスタンスチューン』
とやらの納得出来んなぁ。回り続ける感じが・・・・
まぁくんにでも解説してもらおうか?(笑)見てくれるかなぁ。
posted by EzoTanuki at 11:29| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

2009 Vol.26 0613 濃昼

アブを釣ってみたくて夕まずめ。
南風と谷から降りる東風が交互に強風。少し寒い。
17:30頃から中間付近で遠投また遠投。
全くバイトありません。
それにしても根掛かりがほとんどない。30mと45mくらいに
わずかにすとらくちゃあ。以前となにかが違う。
ほとんど砂地になってしまったんでは無かろうか?

暗くなったのでソイも狙って遠投。テトラ際まできて
ようやくショートバイト。
あまりに食わないので浮き餌。1匹目は23cmほどの
ソイでした。これはかなり沖で釣れました。
自主的にテトラからお帰りになりました。

ここからいくらやってもガヤばかり。少し先端よりの若者達。
ロック風でホッケを釣っていた。

21:30を過ぎて先端へ。ここでもガヤばかり。
ここも根掛かりはしない。なんとしたことか?
餌もなくなりワームを取っ替え引っ替え打ち込むも
ショートバイ力が尽きかけてきたとき左側足下で
ようやく違うアタックが・・・
20090613濃昼ソイ.jpg

24cmくらいのソイでした。
0:00を回ったところで撤収。
調査としては浅くなった感じはそうでもないが、根掛かりと
障害物をほとんど感じない海になっているのは驚きだ。

残念でもある。

ガヤの大きいのを4匹持ち帰り。全部でガヤは10匹くらいかな。
posted by EzoTanuki at 22:26| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

バッグを新調

先日、フェルトスパイクシューズといっしょにバッグも
買っていた。
こんなヤツ。明邦 バーサス VS-B6061
VersusB6061.jpg

ワームが増えてしまって前のでは入らなくなってしまった(笑)
安いと言えば安いです。 2,394円
これにエギ用のでっかいケースが2億個も入っていた。
P1030736.jpg

前のよりは入ります。だからといってもねぇ。入るからってねぇ。
アメ漁寄ったらですねぇ。これまた値段が・・・・ついつい・・・・
P1030741.jpg
posted by EzoTanuki at 00:27| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ベイトの極意を

昨日、あら・・・・・もう・・・・一昨日の午後でした。
ななさんにベイトの極意を色々授けていただきました。
あまりに難儀している書き込みにとうとう教えていただける
事となったしだいです。

ベイトの特性などを細かくたくさん教えていただきました。

特に『ラインがなじんでから使うもんだあ』とか・・(知らなかったぁ)
リリースポイントのコツ、特にメカニカルブレーキとマグとの調整。
そのほか沢山の事を教えていただきました。

次回、ベイトを使うときにどのくらい実践できるかが自分の
力量と言うことになりますね。

マグフォースZ の何が自分の間違いかが解ったことがすごく
大きいですね。手を出してはいけない物だったかもしれません。

年齢は重ねても挑戦していく気持ちは良いもんです。

ななさん ありがとうございました。ななさん・・・・

あれ?・・・・はてさて、本名も聞いてません(笑)
posted by EzoTanuki at 00:36| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

2009 Vol.27 0620 日方磯歩き

情報が有ったので連れて行ってもらいました。
hojoさんとまぁくんとのコラボに強引に割り込みを入れました。
快く(たぶん)応じていただいたわけです。
準備中のお二人
20090620日方準備中.jpg

下り降りている間から昔のアニメ「サスケ」の曲が頭の中を
ずうーーーーーっと、流れていました。

置いて行かれまいと必至です。よろけて蹴飛ばすゴロタは
スパイクが当たり火花を散らす。遅れ気味になってくる。
あれだけ強かった風はこの辺一帯風裏なんだ。暑い・・・・

出っ張りが見えたときこの辺で釣るようです。歩いて1時間弱
でしょうか?息は上がり心臓バクバクです。歳です。

hojoさんがシュポッとあっさり釣ります。さすがです。
浮きとイソメでまずは・・・・浅いぞ。

棚を浅くして釣れてきたのは予想通りガヤ。20cmくらい
20090620日方日方ガヤ.jpg

しばらくしてワームに変えて見るもガヤガヤガヤガヤの
ショートバイト。ときおりへたくそな俺にもフッキングウ。

後半パラマックスの3インチ白夜光が連発でガヤ。
そう言えば祝津でもこのワームでガヤ連発だった。
それにしてもhojoさんきっちり出します。嬉しそう。
20090620日方hojo8-2.jpg


時間となりましたので帰路につきます。帰りも当然

歩きです


すでに膝はカクカクしたりして(笑)

最後の登りなんて途中で太ももつりそうだったし・・・・歳

でも、次の日に筋肉痛になったの久しぶり。最近は2日は
たってからの筋肉痛が当たり前だったからね。

えっ?痛めすぎでの痛み? これ筋肉痛でないの?
posted by EzoTanuki at 23:27| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

2009 Vol.28 0621 苫小牧

恵庭の親戚に用事があり家族で出かけるも、自分は時間が
空くのでそりゃぁもぅ・・・・ね。釣れるうわさの苫小牧。

何処へ行けばいいのか解らず(笑)まぁ団地から。
2人先行者がいましたがあまり釣れている気配がない。
相変わらず際で小さくショートバイト。いや、昆布に触っただけかも。
釣れないので見渡すと投げ釣りの人が荷揚げの船と船の間に
4人ほど。その間に餌落としてみようと神戸さんの落とし込みの真似。
似て非なる物。スピニングでガン玉2個付けただけ(笑)
当たりがあってからしばらく放っておくのもそのまま神戸さんの真似。
あっ!、タバコは吸いません(笑)そおっと重さを確認しながら
合わせて釣れました。クロガシラ22cm。なんだか嬉しい。
今度はベイトリールで試してみよう。神戸さんありがとう。

霧雨の強風。寒いので温まりながら西港へ。前に行った場所。
ベイトの練習とクロ狙い。2魚追う者は1魚をも得ず・・・・(違

サイドスローをマスター?しました。おかげでバックラ激減。
しゅうちゃんやってきました。沢山の情報ありがとうございます。
アブラコもいただきました。ありがとうございました。

なかなかなショートバイトを感じましたが釣れません。
キャスティングっぽくなったので 少し嬉しいオヤジです。

獲物?釣れるうわさの苫小牧。ほらぁちゃんとクロガシラ1枚・・・・ね。
証拠写真?・・・・無い!!!!
posted by EzoTanuki at 09:52| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

2009 Vol.29 0623 祝津磯

ここの磯調査も必要なのでいろんな人を誘いましたが誰も行きません(笑)
少し明るい内から入ってアブやヒラメなど試すも反応ありません。
暗くなってからワームで試すも技術がありません。
さっぱり釣れないんですね。
そのうちイカがワームに抱きついて来ましたが、岸の際で逃げていきました。
21時を過ぎてからやっとのことでガヤ。
20090623祝津ガヤ.jpg

しばらくしてモサ〜〜〜とまた独特の重量。
イカだと思いゆっくり巻いてきて岸に落ちるようなタイミングで
なんとか確保。ヤリイカでした。
20090623祝津イカ.jpg

思うようには釣れませんねぇ。
posted by EzoTanuki at 23:00| | Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

2009 Vol.30 0625 苫小牧南?

仕事が千歳で、少し早めに終わったのでmasaさんに連絡して
またポイントなど聞き出したりして・・・・へっへっへっへ。

南東の強風。ここなら追い風。

またまた慣れないベイト持ち出し見せびらかそうと へへ 大バックラ(笑)

ほどいているときに コンコンっとPEに伝わるバイトちっ(怒った顔)
こんな時に・・・・しかもけっこうしつこい。
一応手で合わせてみる。乗らないさね。なんとかほどいて巻いてみた。

ワーム 食われてます。腹壊さないように祈ります。
写真の上が本来の大きさ。下が上がってきたワーム。
20090625苫小牧ワーム切断.jpg

すごい丈夫なワームなんだけどね。すごいね。

masaさんはでかいの釣るね。
20090625苫小牧南masaヒトデ.jpg

その後しばらくやるも時間がなくなり撤収。
masaさんありがとう。
posted by EzoTanuki at 23:00| | Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

2009 Vol.31 0627 濃昼チョイ釣りが

21時過ぎにチョイ釣りで濃昼漁港に・・・・
相変わらず波が結構ある時々しぶきが飛んでくるぞ。

中間部 浮き餌から・・・・ええっとぉワームも付けて・・・・あの〜〜〜
イカ仕掛けもちょっと・・・・あれえ?

なんにも反応ないぞ????

先端部。しばらくやる。日が変わってしまった!!!
やっとガヤが釣れた。本当にようやくだ。
20090627濃昼ガヤ.jpg

さらにしばらくやって 足下でソイ。
20090627濃昼ソイ.jpg

2時を回っていた。チョイ釣り?????

とうとう明るくなってしまった(笑)きれいな空だぁ
20090627濃昼朝虹.jpg
疲れ果てたので終了。

朝まずめにやめて帰る俺って・・・・
posted by EzoTanuki at 23:00| | Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村