にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
__今年のブリはどうだ?__
__たくさん釣れている blogは__
__こちらからどうぞ__
__菜園はこちらからどうぞ__
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

2019年05月24日

20190523 土いぢりいよいよ

なかなか畑起こしにかかれなかった。
2週間くらい前に昨年出来なかったイチゴの移動を
ようやく終わらせた。腰が重くてねえ・・・・(笑)

いよいよと思い昨日畑を起こしたよ。
昨年の台風の時屋根飛びそうで畑踏み込んでハシゴ立てて
ロープかけたりしたし秋畑仕舞いのころ忙しくて時間足りず。
土の硬いこと硬いことすげえ締まってたわ。
P_20190523_100044_vHDR_Auto.jpg

何分狭い畑。どこに何植えるかローテーションも考えいつも大迷い。

種からの苗もひょろひょろなんで根付くかどうか・・・・
P_20190523_201557_vHDR_Auto.jpg

今日は暖かくなりそうなので一気に植えます。
キューリは苗を追加します。種蒔いても1個しか目を出さなかった。
去年もそうだった。シシトウは1個も芽が出ない。

なんだろうなあ〜
posted by EzoTanuki at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 土いぢり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

2019 Vol.27+ 0517 爺そば ホッケ狙いに・・・・

渋い上に時合いは過ぎたと判断して爺を離れる。

前回、離れた磯にホッケが寄っていた。ホッケの準備も
積んできたので予定通りウキでウハウハしていこうと思ったのだが
この日やってる人がいない・・・・
その上、南風が相当強くなってきた。予報通りを越えて強いのだ。
DSC00790.JPG
DSC00792.JPG
DSC00791.JPG

それでも岩陰に降りて出来るので始めて見た。
撒き餌準備して少し広範囲に撒いておく。近くに群れがいたら
寄ってくるだろう。風で潮も沖に出て行って誘ってくれそうだ。

角地の所は風の影響が多少あるし風波も起きて釣りづらい。
用意が出来てウキを放り込むと間もなく沈んだ。
お〜〜〜〜〜よくは見えないが1発かあと束の間の喜び。
DSC00788.JPG

むむむむ。たくさん居るのか?撒き餌の度に魚の影は見え始める。
風の影響が強いので少し角から離して撒いてみたら釣れ始めた。
あれ?写真が無い。
合わせと同時に糸がキューンとなって良い引きを味わえる
ウミタナゴ。25cmくらい有る良型。終了までに小さめの含めて
16枚ほど釣れた。
ウミアメの魚影も見え始める。撒き餌に寄るんだな。70cmはありそうだ。
こいつらの下に別の魚影がある。そのうちこのウミタナゴ、ホッケ、ウグイ、
ウミアメと入り乱れて楽しませてもらった。
DSC00789.JPG
正しどうしてもホッケを止めておくことが出来なかったな。
群れが小さいし撒き餌が切れるとすぐに散ってしまう。

ここでの持ち帰りは
ホッケ4
ウミタナゴ10
ウミアメ2

朝のヒラメとアブを入れて6目釣れたな。1番餌取りが上手いのは
グイウー様だ。ウミタナゴより口先だけでつまみやがる。

10:00過ぎて終了とした。面白い釣りだった。

風強くて写真どころで無いしな。帰って撮ったよ。
P_20190517_143104_vHDR_Auto.jpg
40cm程のアブ。

P_20190517_143051_vHDR_Auto.jpg
メインのヒラメ

P_20190517_143132_vHDR_Auto.jpg
ウミアメ かみさんが好きなんだよね。

P_20190517_143142_vHDR_Auto.jpg
大量だったのがこいつ。ウミタナゴ
抱卵ものではないのだ。子っこ産むから抱卵とも言わないか・・・・

P_20190517_143117_vHDR_Auto.jpg
ホッケ 結構でかい。
実はこのホッケ、身が白く脂でとろとろの感じ。切れない包丁が当たると
崩れてしまう。食べると甘みも強く脂の旨味も相当だった。
FBにも書いたが別の皿に一部を遷そうとして持ち上げた身の下には
ウネウネと2匹のアニサキスがいた。危なかったねえ(゚ロ゚;)
気がつく前の3切くらいしか食べられなかったよ(笑)
posted by EzoTanuki at 17:09| 北海道 ☔| Comment(1) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

2019 Vol.27 0517 爺 今度こそ

12日は自分の周りだけ釣れないジレンマ。
19日は黄金ボートだし16日朝行こうと思っていたら諸用が入る。
しかもいきなり別件仕事が舞い込む。
17日の夕方から数時間と18日日中だ。

ん!?

16の夜から17日の午前中なら・・・・

16日20:00出発しましたね。こうなるとホントバカだよね(笑)
23:00ころ現着。高速が楽だ。
そよ風程度。防寒着を着てきたが着替えに戻るほど寒くない。
右側に陣取る。気になっている夜のソイ狙い(ちょっと早いが)も
今回も空振りだった。時間をもう少し早くだな。
P_20190517_005840_vHDR_Auto.jpg
ほぼ満月・・・・ライト無くても歩ける。

駐車帯には6台ほど。磯には1番乗りだったが1:30には4人。
左端は1:30から振っている。少し早めの2:00前くらいからだらだらと
始める。2:30ころには9人くらいになってた。1番左は投げ釣り師だった。
でかカレイ爆釣していたぞ!!

渋いのか少し明るくなって真ん中辺で1枚上がったようだ。
続かない。今回もメタルジグ、ワーム、メタルバイブ、タイラバ風を
ローテーション。遠投から手前まで意識して狙う。
今回は手持ちの少ないテールの大きなワームを入手。
P_20190520_125351_vHDR_Auto.jpg

こちらはなんとなく名前で・・・・
P_20190520_125405_vHDR_Auto.jpg

(笑)

渋いのか自分の腕のみの問題か とにかくバイトが無い。
すっかり明るい3:30くらいにリグ忘れたが遠投着底で重くなった
ことがあった。少し生命反応も有った気がするが分からない。
左の方でまた一枚。上がる。投げ師はカレイバンバン。

メタルバイブを使っていてフロント側のフックが3回に1回くらい
ラインに絡んで泳がない。困った末、フロントフックを外す。

フロントホックでは無いからな!!!

絡まなくなったししっかりバイブレーションがかかる。
すぐにハッキリしたガガッガガってえバイトはフッキングしなかった。
残念これはホントに残念だった。

ローテーションで先のフラットジャンキー。着底から3分の一ほど
巻いてきたころズ〜〜〜〜ンと重くなる。半信半疑で合わせを入れると
生命反応。間違いないと確信して慎重に、大胆に寄せる。
P_20190517_035539_vHDR_Auto.jpg
3:55撮影 45cm程か

もう一度バイトっぽいのが有った気がするがこれも定かでなし。
右の人が時間切れ?で抜ける。遠慮なく右も探ってみる。

この頃か南系の風がかなり吹き始める。

もう一つのたぬきを付けてわりと手前に来たスイミング中にドゴン!!
キターと思ったらアブだった。写真も撮らず。
家で撮った写真は
P_20190517_143104_vHDR_Auto.jpg

5:30帰り支度をほぼ終えたころ中間くらいで1枚上がる。

この朝は全体で4〜6枚かな?活性は悪いね。
この後ホッケを狙いに行くのであった・・・・続く


20190517寿都1.JPG
20190517寿都2.JPG
posted by EzoTanuki at 13:33| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

2019 Vol.26 0512 爺 ヒラメどや?

P_20190512_064717_vHDR_Auto.jpg

チラホラヒラメの音沙汰が届くようになってきた。
やたらと早い気がする。
今週はひらきんさんとヒラメ調査と決めていた。
11日21時集合で珍しく自分の車で走ることに・・・・
現地駐車帯は3台ほど。
着いてさっさと準備して向かう。波は結構有る。満天の星。
波に落ち着かないのでひらきんさんと離れて高い位置に陣取った。
以前釣れた立ち位置だ。以前のように(時期は違うが)ソイが出ないか
試し打ち。1時間もやったか体力温存にやめた。元よりソイ場ではない。
そのうちどんどんどんどんアングラーがやって来る(笑)
12人くらい磯に居たんでないかなあ。気が早くないか?

奧に行っていいですかって礼儀正しく通っていった2人。その後この2人が
夜明けと共に6枚くらい上げていったな。FBにも上がっている。
まだ真っ暗な2時過ぎからロッド振り回す強者たちだ。釣れるさね。

3時目前かな?相当冷えてきた。でも陸側の木の方で小鳥が鳴き始めた。
なんとなくこれを合図に振り始めてみた。15分ほどしたころから
周りで上がり始める。圧巻は先の一人4枚立て続けに上げていく。

そのうちあちこちで釣れ始める。ただ一度着底からの巻き始めに
ゴミか魚か分からない感触が数秒間有っただけだ。青銀で遠投。

いやあ、メタルジグもワームもタイラバも他に全く反応が無い。
遠投も近くも全くダメで有る。

完敗だ。

自分の周りの4人だけ釣れていない。この立ち位置がこの日一番悪い
のだと思い知る。6時過ぎには終漁だ。
12人中最後まで振り抜いたがしつこいだけだったな。ぐったりだ。

ひらきんさんはサクラまじり。きっちりヒラメも上げていた。
全体では15枚ほどかと思う。小潮の一般的には非常に悪いはずの
潮回り。なのにここは時合いのみで釣れるのか?まあ、疑問が増えて
いくだけだ4人の前10mの幅の前だけ釣れ無いと言う不思議。

帰りに向かいの岸のホッケを見てみた。なんだかでかい。
弁慶の平磯も眺める。時合いは終わった感じでマッタリしていた。
戻ってくる人たちは結構ホッケを持って上がってくる。

晴れ
北北東 3mくらい
気温5℃くらい 
日出4:20
日没18:51
月齢7.2
月出10:55
月没0:47
小潮
潮時
3:19
11:54
14:42
20:01
潮位
6.7cm
20.4cm
19.9cm
22.5cm

ほぼド干潮から始まってるなあ・・・・
posted by EzoTanuki at 21:17| 北海道 ☔| Comment(2) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

シューター作成

作成は少し前だけどupしておく。
衝撃的なほど釣果の違いが出てびっくりしたな。

売ってるのと違うのは黄色い線のところがステンレス線と赤の
ハリスの位置。
P_20190501_223847_vHDR_Auto2.jpg

結果は一番悪い所に枝ハリスを付けた感じだ。
次行く機会が有れば赤矢印のどちらかに改良した物で臨む。

家でガサガサすると1mmのアルミ板が出てきた。
金物バサミで切る。
P_20190430_121803_vHDR_Auto.jpg
軽くヤスリかけて叩いて平らにしておく。

100均で買ったテープもjig用の奴流用。
P_20190430_123357_vHDR_Auto.jpg

折り返して表裏に貼り、分ける。
P_20190430_123942_vHDR_Auto.jpg

ハサミで大まかに切る。
P_20190430_124123_vHDR_Auto.jpg

カッターで余分なシールを取る。
P_20190430_125402_vHDR_Auto.jpg

軽くカーブをかけて2液のエポキシで仕上げる。
硬化待ち。
P_20190430_165445_vHDR_Auto.jpg

ヒューム管やらなんやら有る物で できあがりは
P_20190501_223847_vHDR_Auto.jpg

何も買わないで出来てしまった・・・・

十分手応えは有ったな。
posted by EzoTanuki at 18:22| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

2019 Vol.25 0505 積丹 調査〜ホッケ

まだ早いとは思うのだがホッケも寄るだろう裏ポンから調査。
ひらきんさんとどこ行くか相当迷いました。
ヒラメとかブリとかいないかなあってことです。

海快晴の予報は大ハズレ。波は1m程度どころでは無く2mにも
達しようかといった感じ。風は崖が背負った感じ。

1投目からバイトあり。乗らないが何投目かにようやくフッキング。
P_20190505_055321_vHDR_Auto.jpg

次のフック設定にヒントをもらったな。少し小さいが楽しい!!
通過中の群れが有るとバイトがある感じなんだな。
遠くも近くもバイトがあるが乗らないことが多い。

ひらきんさんはサビキも投げて釣り上げていく。
ストリンガーで活かしておく。小さいのは入れ替えてリリースする。
P_20190505_063249_vHDR_Auto.jpg

どうも手前の泡の下に違うバイトが時々来る。
多分こいつなんだな。小さいのが結構な数いる感じ。
P_20190505_065600_vHDR_Auto.jpg

ここの海は根掛かりがすごい。底まで落とすとヤバいな。
本来ヒラメも視野の調査なんで底付近まで落とす。幸い回収
出来てはいたがヒヤヒヤもの。ヒラメもブリも居ないな。

8:00ころここは上がる。
神恵内の入江に面白いワンドがあった。出入り口があまり
広くないがホッケが入ってしまったワンドの感じ。
ここは入れ食い。浮き釣りひっきりなし。眺めていただけで移動。

いつもの神恵内は朝イチ ジギング爆釣。
2時間入れ食いだったそうな・・・・例の警官が来て7:00終漁だそうだ。
出来ないのでそのまま通過。波が高いので限られた所でやっている。

神岬まで来たが、神恵内過ぎてから爆風状態。やる隙間も無かった。

入舸漁港 ここも風が強いが防波堤を背に出来る様で沢山人が
来ていた。ポツポツでもホッケが入っている様子。

幌武意 風を遮るのでたくさん人がいた。ここも群は薄い感じ。
サクラ部隊は僅かしか居ない。もう陽も高いしな。

出足平も見てみる。南の沢から風が走る。いつもの岩場に釣り人なし。
ここを最終に少しロッドを振ることにした。が、俺はバイトも無し。
ひらきんさん バイトを感じたとか感じないとか・・・・
ワッカケ岬に鳥山ができる。何か居るんだな。

これにて調査は終了。ちょっと行き先を間違えたなあ。
いやいやいやいや調査だ!!行き先合ってたらホッケ釣りに・・・・(笑)

持ち帰りは4本。大きくはない。釣れたのは8本くらい。
P_20190505_201039_vHDR_Auto.jpg

一番太い奴は
P_20190505_210756_vHDR_Auto.jpg

釣り人の特権は刺身。自己責任(笑)


晴れ
南西-南南西 強い-爆風
気温10-15℃
posted by EzoTanuki at 09:17| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

2019 Vol.24 0504 石狩沖カレイ2 シューターテスト

カレイの釣れる内にテストしないとならないし船に乗せて
いただく都合も合って急遽夕方参戦。
Aキャプテン有り難うございます。
林さんお初でお付き合い有り難うございました。

自作シューター慌てて作っておきました。
P_20190501_223847_vHDR_Auto.jpg

改良点がありましたのでそれはまた今度。

少し波が高いようです。突き進む石狩の赤い狼。
P_20190504_150328_vHDR_Auto.jpg
今日は赤です。前回は確か白だった・・・・

小さい。
P_20190504_161142_vHDR_Auto.jpg

スタートが満潮ド干潮で渋かったなあ。
それでも移動して少しすると潮が動いている。
P_20190504_154608_vHDR_Auto.jpg
西に向かって潮目が移動して行く。
早々に大きめのが
P_20190504_163652_vHDR_Auto.jpg

自分の写真撮るほどの物は無かったがシューター効果なのか
大きく誘って落として少しすると当たりがある感じ。
短い方のハリスが天秤自体に付けたのだがこれはちと失敗。
絡む原因となったと思う。

割と釣れた方なのかもしれない。
P_20190504_213531_vHDR_Auto.jpg

有り難うございました。またお願いします。

晴れ
南東
気温10-15℃くらい 
日出4:26
日没18:40
月齢28.8
月出4:22
月没17:46
大潮
潮時
3:03
9:05
14:50
21:31
潮位
9.3cm
1.1cm
12.5cm
-3.7cm
posted by EzoTanuki at 13:33| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

1.2号 キャストテスト ベイトもフルキャスト

P_20190503_184323.jpg

先日巻いた1.2号のスピニング。
スプールの巻き具合と糸の出を確認しに
石狩モニュメント付近までやってきた。

実はライン号数を変更したことで今回は
少し逆テーパーが強くなったのだ。
修正に薄いワッシャーを1枚追加していた
こともありそんな意味合いの手ストね。
キャスト繰り返すと逆テーパーが少しずつ
直って行くのは面白いのう。

この巻替えに伴ってベイトリールも巻替え
していたのでこちらもテスト。
ベイトのjig 40gフルキャスト 。
何しろこのベイトタックル。船でしか使っ
たことがない組合せ(笑)
40gと25gでキャストする。60mくらい
飛んでいるかなあ。これ以上メカブレーキ
緩めると自信がないな。
それにしてもマシンガンショット楽だな。

キャスト繰り返しているとあちこち魚の
ライズが見える。まあウグイなんだろうけど
なんとなく気になるね。ついついそっちに
キャストするよな(笑)
posted by EzoTanuki at 10:17| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

迷惑SMS 注意喚起です。

最後まで引っかかった訳では無いはずですので・・・・

ご存じの方もいると思います。かみさんはTV、ニュース等で
知っていました。自分に来たのであらためて注意喚起です。
カミさんによると アプリまで入れてしまった段階で同じSMSを
電話帳から拾ってあちこち送りつけるらしい。迷惑な話だ。

今日の昼に届いたSMSメッセージ
P_20190505_181523.jpg

犠牲になった人の電話番号なんでしょうね。自分の電話帳には該当番号は
有りませんでした。

荷物についてなので一応SMSを開きます。
次の表示はプレビューを開きますか?となっていたので開いたあとの
画面で、このような画面になります。
P_20190505_182246.jpg

この時点で、怪しいのです。

jppost-sa.com ちょっと見落としました。

本来は次にタップするべきでは有りませんが釣りの道中だったため
タップしてしまいました。

次の画面です。
P_20190505_182308.jpg

下に出てくる  jppost.apk  保存しますか?
これはあまりに怪しい。android側から警告が出ています。
ふと上部のURLでjppost-sa.com:81 に気がついてここでキャンセル。

さすがに日本郵政とは違うアドレスです。

皆さんもお気を付け下さい。


posted by EzoTanuki at 18:57| 北海道 ☔| Comment(0) | ぱそこんとか?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

リールの下糸の量は?

4月の前半に高切れしたスプールがあったんだな。
11バイオ4000HGのなんだけどPE1号を巻いていた。
用途はアメサクラホッケなどのライトジギングって言う分野なのかな?
巻乱れが起きても意外と気づかずにキャストしちゃうんだなあ。
これがまとまって糸が出てしまうと塊になってしまうんだね。
今回この塊の端がスプールの前方で遊んでいてキャスト2回そこを
擦って糸が放出されていく。根掛かりが酷いので覚悟で直す。
60m位のところかな。なんとか直したがやはり根掛かり........orz

せっかく直したのにな。さらにキャスト後根掛かりした時軽く煽ったら
いともあっさり高切れしたんだ。多分遊んでいた塊の端の糸をキャストして
放出された糸で擦って相当弱くなっていたんだろうな。

切れたあとキャストすると下糸も引っ張って行っちゃうのね。
少しの高切れでもいいように 200mにした。PE1号は弱すぎる
気がするので1.2号にした。

今まではエコノマイザー使って1号150mでピッタリだったのさ。
さて1.2号、下糸はどれだけ巻けばいい?

PC派なんで ググっていたらシマノ関連にこんなサイトを見つけた。


そのスプールの巻糸量から巻きたい号数に合わせて下糸が自動計算される。
号数を変えるとそれに合わせて自動計算もされるので余った下糸を使うのに
大変便利だ。

さらに、スマホ派の人たちにはこんなアプリもあるぞ。

Wind PE  (Google Playサイト)もちろんiOS用も有るよ。

Keita Kudou氏作
Keitaさんは釣り友で・・・・釣り友・・・・あれ?酒は呑んだことはあるが・・・・
いや、有る。一緒に釣りしたこと有る・・・・はず(笑)

このアプリはスプールにどれだけ巻けるのか瞬時に計算してくれる。
さらにリールの糸のデーターを保存しておける優れもの。

使ってみてね。

いろいろ駆使して下糸量が分かりそれに合わせて巻いていく。
P_20190503_212056_vHDR_Auto.jpg

さあさあさあさあ 釣り行くベ!!
posted by EzoTanuki at 21:42| 北海道 ☔| Comment(0) | Fishing Tackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
期待した記事でしたか? 
お疲れ様です(笑)
たくさん釣れているblogはこちらに有ります!


__菜園はこちらからどうぞ__
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村